屋久島空港外観

国内旅行

屋久島最終日。屋久島旅行でかかった費用まとめ

投稿日:

2018年10月24日 鹿児島県・屋久島

屋久島最終日の朝。屋久島を離れるのが、名残惜しいです。

屋久杉の家の玄関

 

「ぷかり堂」さんで、お土産を物色

旅の最後に、オリックスレンタカーのすぐ隣にある「ぷかり堂」さんに立ち寄りました。屋久島の雑貨やアクセサリー、お菓子、お酒に至るまでセンスよくアイテムを取り揃えているお店です。スタッフの方も気さくで、良い雰囲気なんですよ。
ぷかり堂初日から気になっていたガジュマルの苔玉を購入しました。今も元気に育てています!
苔玉

場所

レンタカーを返却した後、係員さんの運転で空港まで送ってもらいました。

屋久島空港外観

コンパクトなつくりの屋久島空港

屋久島空港は、建物の端から端まで歩いても3分もかからないぐらいの小さな空港です。JACの受託荷物預かりも出発の1時間前からでした。空港内にはお土産物屋さんもあり、品揃えは意外と充実しています。

お土産物屋

お土産屋さんの奥には、観光案内所とエアポートレストランも。

エアポートレストラン

このフリードリンクチケット(60分飲み放題)がすごく気になります・・・。

券売機

空港に早くついた場合は、ここでフリードリンク飲み放題を試してみてもいいかもしれません。レストランは滑走路が見渡せるため、ラウンジ感覚で利用できそうですね。

エアポートレストラン

11:30発 屋久島→福岡へ

搭乗時間のアナウンスを聞き、保安検査を通り待合室へ。

屋久島空港の待合室

また来ます、屋久島。

will be back 屋久島

プロペラ機が到着しました。

プロペラ機到着

機体までは歩いて行き、このような形で搭乗します。

沖止め方式

今回の屋久島旅行は、最初から最後まで天気に恵まれました。10月は台風が来なければ天候的にも安定しており、暑すぎることもないのでトレッキングにも適しています。私たちが縄文杉へトレッキングした日は、99人しか入山していないと聞きました。ゴールデンウィークや夏休み期間だと1日500人ぐらいが入山して、大渋滞になる場合もあるそうです笑

さよなら屋久島

福岡空港でトランジット

12:35 福岡空港に到着です。札幌行きのフライトは14:30発のため、ここでランチタイムです。因幡うどんで福岡空港限定メニューの「鶏白湯うどん」をいただきました。それにしても、福岡は多くの飲食店で楽天Payが使えるのがありがたいですね。北海道ももっと導入してほしいです。

因幡うどん鶏白湯

福岡のお土産も、魅力的なものが多くて・・・屋久島であれだけお土産を買ったのにも関わらず、追加で小袋の博多ラーメンを買ってしまいました。

めんべえ

とおりもんもめんべえも、最後まで悩んで買わず仕舞いです

福岡空港

帰りはJALで、札幌まで快適な空の旅を楽しんだのでした。wifiもサクサクです^^

JAL FUK-CTS

 

屋久島でかかった費用まとめ

参考までに、5日間の屋久島個人旅行でかかった費用をまとめてみました。

費用 金額
飛行機代(新千歳ー福岡ー屋久島往復) 43,530円
レンタカー・ガソリン代(合計15,770円をふたりでシェア) 7,885円
宿泊費(博多1泊、屋久島3泊) 14,100円
食費 15,595円
縄文杉トレッキング費用(入山寄付金・登山バス片道・登山口までの車送迎代) 3,690円
お土産代 13,171円
雑費(携帯トイレ、温泉入浴料など) 800円
その他移動費(空港〜市内のバス・地下鉄) 3,060円
合計 101,831円

ゲストハウスを利用したので、宿泊費はかなり押さえることができました。あと登山初心者の方は、ツアーガイドをつけたほうが安心だと思いますので、現地ツアー料金はプラスで見ておいたほうがいいと思います。

最後に、屋久島のお土産ってインパクトがあるものが多くて、ついつい買いすぎてしまうんですよね。お土産買いすぎにご注意ください!以上、屋久島旅行レポートでした^^

屋久島旅行のお土産

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-国内旅行
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.