バンコクsilom

タイ

バンコクぶらぶら2020

更新日:

2020年1月26日 タイ
パタヤからバスで2時間半かけて、バンコクのエカマイバスターミナルまで戻ってきました。

エカマイバスターミナルバスは欧米人のバックパッカー比率高めで、私の座席の隣も欧米人の男性でした。
余談ですけど、タイのバスって、座席番号が自分の椅子の裏側にあるんですよね。わかりにくいwww
タイのバス
BTSとMRTを乗り継いで、本日のお宿まで一度荷物を置きにいきます〜

BTSでお宿まで

バンコクのホテル情報 アスピラ ワン スーティーサン (Aspira One Sutthisan)

Agodaで予約しました。MRTのSutthisan駅の出口横です。

アスピラ ワン スーティーサン (Aspira One Sutthisan)

場所

スタンダードシングルで予約しましたが、満室だったので無料でアップグレードしてくれたみたいです。イェイ。
Aspira One Sutthisanこんなにゆったりしたお部屋なのに、翌朝早いせいで長居できないのが残念!

廊下

バックパックも置いたので、早速外に出かけましょうか。

ICON SIAMをぶらぶら

MRTからBTSへ乗り換え、チャオプラヤ川の対岸にできた新しいショッピングモールへ行ってみました。BTSサパーンタクシン駅から、無料のシャトルボートでアクセスできます。中国の春節の時期だったせいもあり、結構混んでましたね〜

ICON SIAMシャトルボート

場所

ボートを降りてすぐの入口から入ると、レストランゾーン。めっちゃおしゃれ!
ICON SIAMお次はブランドモール。いかにも中国人富裕層が好みそうな印象ですね。
ICON SIAM2上層階にいくと、オープンテラスで食事ができるおしゃれなレストランがあったりします。いいね、ここ。
ICON SIAM3高島屋のテナントが入っていることでも有名なこのICON SIAM。あのお店がこんなことに・・・↓
ココイチ@ICON SIAMココイチも高級路線?!メニューもどことなく高級感漂う感じ(*200B=約680円)
ココイチメニュー下の階に移動すると、ICON CRAFTというゾーンがあり、タイ各地の雑貨やお菓子、コーヒー豆などがありました。
チェンマイのAKHA AMA COFFEEの豆も買えます!
チェンマイのコーヒー豆過去記事:チェンマイ旧市街でカフェ巡りとSIMカード購入

sooksiam最後に気になっていたSOOKICONへ。こちらはタイ77県から特産品や雑貨などを集めてローカル市場を再現しているそうです。売り場のコンセプトやデザインはおもしろいと思いましたが、ひととおり眺めただけで退散。

さすが東南アジア最大級のショッピングモールだけありますね。急ぎ足でしたが、約2時間も滞在していたようです。
ICON SIAM外観

メモ

ICON SIAMには両替屋「Super Rich」があります。日本円からの両替レートも良いのでオススメ。(※2020年1月時点)
<レート比較>
・ドンムアン空港のレート2670
・カオサンRainbow 2760
・Icon Siamのsuperrich 2765

はじめてのラチャダー鉄道市場へ

暗くなるのを待って、MRTタイ文化センター駅にあるエスプラナードへやってきました。

エスプラナードラチャダー鉄道市場はこのショッピングモールの裏手にあるのですが、バンコクのインスタ撮影スポットとして有名な場所はこのビルの4階・5階の駐車場にあるそうなんです。

エスプラナードの駐車場

駐車場には、三脚を構えるカメラマンが何人か居ました。夕暮れ時が綺麗らしいので、また来たいなあと思います。

ラチャダー鉄道市場

バンコクのインスタ映えスポットといえば、こちらも要チェック

過去記事:バンコクにあるインスタ寺・ワットパクナムへ

マーケットもぶらぶらしてみました〜。てか、人が多すぎてやばい。
ラチャダー鉄道市場

2020年1月末といえば、すでに中国ではコロナが蔓延し始めている頃で、中国人観光客は軒並みマスクしてましたね。今思えば超危険スポットだったんじゃないかと・・・。
パッタイお腹がすいたので夜ごはんはチキンパッタイを頂きました(100B)。こんな観光地で食べても美味しいパッタイって素晴らしい。

マーケットは、私が好きなクラフト系の露店は少なくて、既製品を売っている雑貨屋や電子機器関連のお店が多く、1/3は飲食とかバーだったような気がしますね。最後にルーフトップバーのお店に行って、チャンビール飲みながらマーケットの様子を眺めてました。
チャンビールチャンビールは大瓶で100Bのものしかなくて、ひとりで飲みきることができず、持て余しました。ラチャダー鉄道市場ビアバーから
場所

※コロナウィルスの影響により営業事情が変わっている可能性があります。予めご了承ください。(2020年5月時点)

旅の締め括りはタイ式マッサージ

バンコク最後の夜は、ホテルのすぐ近くにある「Hattaburi Thai Massage」でフットマッサージを受けました。

Hattaburi Thai Massage

同じ部屋で受けてた東ヨーロッパ系の方たち(スロベニアとか言ってたかな?)が、マッサージのおばさんたちのセクハラ攻撃を受けて爆笑してました。タイ人のおばちゃんってそういうところお茶目ですよね・・・

場所

ホテルの近くにテスコとかセブンとかコンビニが何軒もあったので、バラマキ用のお菓子などを購入してからホテルに戻りました。タマリンドジャムのバナナサンド、めちゃウマなんですよね。ここ数年リピートしてます。
タイのお土産

翌朝Grab Taxiでドンムアン空港へ

帰国便が8:35発なので、余裕を持って5時半にGrab Taxiを呼びました。眠い・・・

プチトラブルもありつつ、6時にはドンムアン 空港のTerminal1へ到着。朝なのでめっちゃ道が空いてて、高速代込みで255B(約860円)で行けました。

重量オーバーするんじゃないかと毎回ハラハラするAirasiaのチェックインカウンター(預け荷物にすれば良いのですが)
Airasiaチェックインカウンター結局重量はノーチェックww

セキュリティゲート通過後、制限エリアの免税店で職場用と家族用の箱菓子を購入。余ったバーツが奇跡的に使い切れました。
ドンムアン空港お土産コレクション買い物を終えたら、Priority Passで利用できるミラクルラウンジで朝ごはん〜

ミラクルラウンジ朝からモリモリ食べます笑 食後にスパークリングワイン(ロゼ)までキメちゃいます。もう駄目人間確定。

新千歳までは約7時間のロングフライトです。もっと短ければいいのにな・・・

airasia

行きの教訓をいかして、機内食を事前に購入しておきました。

airasiaの機内食

ごはんはもち米です。確か600円ぐらいでした。Airasiaの機内食美味しい😋

tasty chicken with sticky rice

夕方17時 新千歳空港に到着

定刻通りに無事帰還。空港の預かり所で冬用のブーツを回収し、サンダルからブーツへ履き替えます。
おお、現実が戻ってきた・・・ 明日から仕事かー。

3泊4日新千歳〜バンコク弾丸旅行 旅の予算まとめ

航空券代 往復28,000円
機内食(往復)1,500円
宿泊代  6,100円
-BBHouse Phra Athit(バンコク) 1,500円
-ニュースター(パタヤ)2,100円
-Aspira One Sutthisan 2,500円
現地両替 25,000円
日本国内 交通費等 2,400円
新千歳空港荷物預かり 1,240円
新千歳空港ソフトクリーム(2個) 860円

合計 65,100円

N
バックパッカー時代よりは遥かにいいホテルに泊まってますが、予算は想定内でした。航空券が安かったので、もっと贅沢しても良かったかも?

最後に今回の旅のダイジェスト動画をご覧ください。

コロナが落ち着いたら、またタイに行きたいですね😆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-タイ
-

Copyright© photowise , 2020 All Rights Reserved.