マレーシア

コタキナバルのおすすめ宿情報 Sensi Backpackers Hostel

更新日:

2017年1月22日 マレーシア・コタキナバル

空港からコタキナバル市内への移動はUberが便利

SIMカードも無事入手でき、南アフリカのケープタウンインドのチェンナイに続きUberを使ってコタキナバル市内へ移動することにしました。到着した時間が遅く公共のバスも営業を終了しており、高いパブリックタクシーしかなかったのです。

あらかじめ日本でUberのアプリをダウンロードし、クレジットカードも登録済みだったので、アプリで空港のゲートを選び、目的地を入れるだけでした。


道が混んでいたようですが、15分ほどでドライバーがやってきました。 Uberのドライバーを始めてまだ1週間という新人さんでした!そしてAKBファンだと言っていました笑

約20分でコタキナバル市内の宿に到着です。通常の1.2倍の深夜料金が適用されていましたが、料金は11.90リンギット(約300円)と、かなり良心的でした。public taxiだと深夜料金で40リンギット以上するようだったので、コタキナバル市内への移動はUberがオススメです。

追記 (2018年6月)

Uberは東南アジアから撤退したため、現在はGrabが代わりに利用できるはずです。

Grab - Ride Hailing App

Grab - Ride Hailing App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

コタキナバルの宿情報 Sensi Backpackers Hostel

コタキナバルの中心地のJalan Gayaにあり、経済的で清潔な宿でした。


4ベットドミトリー 1泊25.20リンギット(約650円)


共用スペース(無料のウォーターサーバーあり)


シャワー&トイレスペースには、簡易的な洗濯場もあります(干す場所はほとんどありません)ぬるめのホットシャワーでしたが、コタキナバルは蒸し暑いので十分です。


Wifiに関しては、ドミの中でも使うことができました。プチ沈没の方が多くなかには1週間ぐらいドミに住んでた中国人もいました。コタキナバルでは中国の旧正月のシーズンのためか、中国人を多く見かけました。マレーシアは手頃な旅行先なのかもしれません。

宿の場所

*以上、2017年1月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1リンギット=約25.5円で計算)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-マレーシア
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.