photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

インド

インドでSIMカードを購入する

2016年2月24日 インド・チェンナイ

 

Broadlands Lodgeの近くには携帯ショップが軒を連ねているが、Vodafoneで比較的簡単にSIMカードを購入することができたので紹介したいと思う。

IMG 20160225 142324th

 

 

契約時に持参するもの
  • パスポート
  • パスポートサイズの顔写真1枚

*パスポートは顔写真のページと、インド入国時のビザのスタンプのページをコピーに取られた。

 

 

Prepaid SIMの料金プランについて

VodafoneのPrepaid SIMには、データのみプラン、通話のみのプラン、通話+データ付きの3種類のプランがある。(2016年2月時点)

私が選んだのは通話275ルピ分ー+データ1GBのプランで、手続き費用も含め329ルピー(約550円)だった。通信は3Gで有効期間は28日間。有効期限があるため、インドに1ヶ月だけ滞在する人などは到着してすぐに買うのがいいだろう。

 

 

自分で携帯番号が選べる?!

VodafoneのPrepaid SIMは電話番号が選べるらしい。ショップで「何番にする?」と不意に聞かれた時には驚いた。私の場合は、結局お任せの番号にしてしまったけれど・・・。

IMG 20160305 055651th

 

 

SIMが使えるようになるまで約24時間待つ

SIMが有効化されるまで、24時間の待機時間がある。辛抱強く待とう。

SIMが有効化されると、SMSで手続き完了の旨のメッセージが送られてくる。通話は問題なくすぐにできたが、インターネットについては、自分でアカウントサービスにアクセスしてデータプランを有効にする必要があるようだった。私はVodafoneに行ってショップの人に手続きしてもらった。

 

 

インドでSIMカードを入手すれば、こんな使い方ができる

外出先でモバイルアプリからタクシーを呼ぶことができる。

インドにはUberやOlaというサービスがあり、これを使えば、地元の人と同じ料金で市内移動ができる。旅先でのタクシーやリキシャー(三輪バイク)のドライバーと値段交渉をするストレスもなくなる。しかも通常の料金よりも安い。

 

実際にインドのチェンナイで使ってみたら、市内の8kmほど先の目的地までの料金が約100ルピーだった。(約168円)通常のリキシャーで行った場合は、倍以上かかるところだ。Uberは事前におおまかな見積もりを出すことも可能だし、世界の各地で使うこともできるのでスマホにインストールしておいて損はないだろう。

 

世界の各地で使えるUberのインストールはこちらから

 

 

ちなみに、チェンナイで一番移動のコスパがいいのは、路線バス。

次回はチェンナイを路線バスで巡ってみた話でも紹介しようと思います。お楽しみに。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-インド
-, ,

N