コロンビア

中南米を旅して感じた、ひとり旅のいいところ悪いところ

更新日:

こんにちは。リアルタイムはコロンビアのカルタヘナです。

JppttIMG 9279

JppttIMG 9286

ここは城壁に囲まれている南米でも最も古い街のひとつらしいのですが、街自体に活気があります。黒人も多く、人もフレンドリーな人が多い気がします。

JppttIMG 6346

今回泊まっている地域は、城壁の外側にあるGetsemaníという下町エリアです。ローカルの人がたくさん入っている食堂があったので、オススメの魚の煮込みを(14,000ペソ=約700円ぐらい)。後で調べたら、地元の人がオーダーしてたスープセットのComida Corrientesが人気だったようです。オーダー前にそれ何って隣の人に聞いたんですが・・・もっと語学力があればなあ。

JppttIMG 6337

コロンビアではプラタノという種類のバナナがよく食事に出てきます。お店でもずいぶん大きいバナナだなあと思って買ったら、調理しないと食べられないそうです。生で食べるとお腹を壊してしまうらしい。ごはんはココナツが混ぜてあり、とても甘く魚と一緒に食べると不思議な味がします。

 

ひとり旅のいいところ悪いところ

さて、エクアドルとコロンビアに入ってからひとり旅が続き、2週間ほど経ちます。世界一周の旅に出て5ヶ月になりますが、中米でも南米でもカウチのホストやら旅先で友人と合流したりで、これまでほとんどひとりで行動したことがありませんでした。これから南米をひとり旅しようとしている人が居たら、参考になるかもしれないので聞いてください。

N
南米はスペイン語が話せないとキツイです。

昨晩、同じ宿のドイツ人(短期旅行者)に「スペイン語が全然わかんなくてさ、かなりそれが旅に支障をきたしてるんだよね」と愚痴をこぼされました。ちなみに南米ではスペイン語が基本なので、欧米系の旅行者もスペイン語を結構話します。フランス、イタリア系の人は同じラテン語なのでスペイン語の習得はかなりラクみたいですけどね。

宿でも英語を話せる人だけにターゲットを絞って話しかけてしまうのですが、これがかなり出会いの幅を狭めているなあと感じます。もっと適当に会話していけばいいのかなぁ〜。この後はキューバが控えているので、良い出会いに期待しましょう。

ひとり旅の良いところ

  • 自分の好きなペースで旅ができる。小さな町に行き、ふと見つけた素敵なカフェでゆっくりと時間を過ごしたりetc…
  • 宿でもブログを書いたり、旅資金の管理をしたりと自分の時間が持ちやすい(そういう時に限ってよく欧米人から声をかけられます。たぶん隙ができるんでしょうね)

悪いところ

  • 自分で出会いのチャンスを見つけていかないと、ひとりぼっちになりがち
  • セキュリティ上、ひとりで居る時のほうが強盗に狙われやすそう(特に大都市)
  • 宿での自炊、外食時にちょっと淋しい(シェア飯最高。)

ひとりになってみて、今までずーっと誰かに助けられてきたのだなあと実感しています。最後に、カルタヘナから日帰りで行ってきたロサリオ諸島の画像でお別れしましょう。

JppttIMG 9246

Playa Blancoというビーチです。1日ツアーでここに来たのですが、さすがにひとりビーチに2時間はまずいなと思い、アメリカ人とドイツ人のグループに混ぜてもらって楽しい時間を過ごしました。

シュノーケリングは今回パスしましたが、来月友達とカンクンやキューバで合流する予定があるので、そこでやってみようかなあ。まぁ泳げませんが(笑)。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-コロンビア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.