photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

無料レンタサイクル

コロンビア

ポパヤンで自転車さんぽ

2015年3月19日 コロンビア・ポパヤン

イピアレスのラス・ラハス教会を見終えた後、弾丸でポパヤンまで移動してきました。

ポパヤンの宿情報

Hotel Trail

8ベットドミトリー20,000ペソ(約900円)※2015年3月時点
ポパヤンのバスターミナルまで徒歩10分ぐらい。タクシーで4,800ペソでした。(約216円)

hosteltrail

共用スペース

共用スペースも使いやすく、キッチンも完備。宿泊者は欧米人がほとんどで、だいたい皆自炊していました。

ポパヤンの宿のキッチン

チャージができるロッカー

中で電子機器のチャージができる貴重品ロッカーも

ロビーにはバス情報も掲示してあり、とても親切な宿でした。移動続きで洗濯物が溜まっていたので、カゴいっぱいに入れてランドリーに出すと、当時10,000ペソで洗濯してくれたのは嬉しかったです。

バス情報

さらに宿の人からEco Cicloという自転車レンタルサービスについて教えてもらい、早速自転車を借りポパヤンの街を探検してみることにしました。

無料レンタサイクル

※Eco CicloはHostel Caracolの前にスタンドがあり、Hostel Trailに宿泊していると言えば無料でレンタルできました。

 

自転車で廻るポパヤンの街

ポパヤンは16世紀半ばに建設された美しい街。スペイン入植後は大地主の保養地として使われ、またコロンビアの大統領を多く輩出してきた街としても知られているそうです。

ポパヤン中心部

ポパヤンの中心部はだいたい白塗りの壁で統一されていますが、落書きされたり、汚れてくるとこうやってペンキで定期的に塗り直しているようでした。

白塗りの壁

 

ポパヤンの街を一望できるCerro El Morroへ

中心部から自転車で約10分。小高い丘にやってきました。

Cerro El Morro

丘の上から眺めるポパヤンの街。小さいわりには結構都会!

Cerro El Morro2

 

ポパヤンのミニチュア版EL PUEBLO PATOJOを見にいこう

丘のすぐ下にあるEL PUEBLO PATOJOは、ミニチュアで再現されたポパヤンの街を楽しめる観光名所。ハンドクラフトマーケットや飲食店も入っています。

EL PUEBLO PATOJO

EL PUEBLO PATOJO2
popayan goods

コロンビア土産

コロンビア土産2

南米のクラフトマーケットを色々と見てきましたが、その国の特徴があって本当におもしろい。

ポパヤンで買ったブレスレット

ブレスレットを2種類購入(10,000ペソ=約450円)

その後も自転車でポパヤンの街をぐるぐる。

ポパヤンの街

ポパヤンで自転車さんぽ

暑くなったので、途中アイス休憩も。(いちご+ウンバサ?とかいうジェラート2,500ペソ)

ポパヤンのアイス

 

ポパヤンのレストラン&カフェ情報

レンタル自転車は3時間ほどで返却し、宿の近くに戻ってきました。Hostel Trailのすぐ近くにあるレストランで遅めのランチをいただきます。

Sabores del Mar

sabores del mar

魚フライの定食セット(正確な値段は忘れましたが、確か400〜500円ぐらいだった気がします。美味しかったです)

スープセット

 

Cappricio

食後に、Cappricioというカフェでエスプレッソをいただきました。

cappricio外観

エスプレッソ

エスプレッソコーヒー(2,500ペソ=約112円)

コーヒー豆のテーブルが素敵です。砂糖が2袋ついてきたのにはギョッとしましたが。

cappricioの店内

ポパヤンの夕暮れ

ポパヤンは火山が近くにあり、温泉ツアーやトレッキングなども楽しむことができるそうです。スペイン語留学にもオススメの街みたいですね。私はポパヤンには2泊だけし、次のサレントという街に向かうことにしました。

 

ポパヤンの街歩きマップ

※マークをクリックすると、今回の記事で紹介した場所が表示されます。

 

*以上、2015年3月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1,000コロンビアペソ=約45円で計算)

旅行ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-コロンビア
-,

N