アルゼンチン

パナマからブエノスアイレスへ約30時間の大移動

更新日:

約30時間の大移動

2014年12月16日 パナマシティ→ボコタ→リマ→ブエノスアイレスとトランジットも合わせて約30時間の大移動です。利用したのはAvianca航空。

DropShadow ~ timetable

skyscannerでアルゼンチン行きのフライトが年末年始でこの便が最安でした。(日本円換算で片道約6万円:2014年12月時点)

 

ハプニングの神が降りて来た

まずはパナマシティからボコタに向け移動です。

中米から南米など大陸間を移動する時にはアウトチケット(第三国への出国チケット)が必要になると聞き、あらかじめアメリカン航空の正規チケットを購入しておいたのですが、一切チェックなしで、チェックイン時に「どのぐらい南米に居るの?」と聞かれただけでした。このあたりは係員によるのでしょうか。(※チケットは、後日全額返金手続き処理されました)

JppttIMG 2142

事件発生。まさかのダブルブッキングです。

JppttIMG 2147

私の席に座っていた女性に確認すると、なんと同じ座席番号の半券を持っていることが発覚。同じ座席番号でチケットが発券できること自体凄いですけどね。満席だったのでもしかしてビジネスクラスの席に行けるかもと思い、フライトアテンダントに前の方の席に移動したいと伝えましたが、中間の席に移動できただけでした笑

ボゴタでのトランジット時間は1時間でしたが、それほど大きな空港ではなかったためスムーズに乗り換えできました。いざリマに向け出発!

・・・と、1時間ぐらいで着陸しました。

随分早いなと思ったら、何かのトラブルでボゴタの空港に引き返してきたようです。指定された搭乗ゲートで再搭乗を待ちます。

JppttIMG 2154

待っている間、お詫びでスナックやサンドイッチ類が配られました。何だか楽しくなってきました。

JppttIMG 2155

JppttIMG 2156

スペイン語でアナウンスや指示が出されていたので、近くに居たコロンビア人親子に英語で確認していたら、いつの間にか仲良くなってしまいました。息子さんは高校で日本語の勉強をしていて、いつか日本に留学したいのだそう。コロンビアに行く時には彼らのところを訪ねようと思います。Thanks for Sara and Andres, hope see you in Columbia!!

JppttIMG 2157

追記

約4ヶ月後、コロンビアでホームステイしました。

ボゴタでホームステイした話

 

無事にリマに到着しました。

JppttIMG 2159

 

世界一周2回目の空港泊

ボゴタでのフライトトラブルで2時間ほど時間潰しはできたものの、約15時間をリマの空港で過ごすことになりました。

前回の空港泊の記事:世界一周初の空港泊とグアテマラへ移動

 

リマの空港には、プライオリティパスが利用できるVIPラウンジが2カ所あります。

これらのラウンジはそれぞれ最大4時間まで滞在することができるようです。まずはシャワーが利用できるラウンジでリフレッシュすることに。(2軒あるうちの手前のほうです)

JppttIMG 2162

今回も完全にラウンジを満喫しています。スパークリングワインも無料でした。

JppttIMG 2161

就寝場所を見つけに空港内を散策してみることに。まずはラウンジの目の前にある免税ショップ付近。リマの空港はベンチに手すりがついていないのですね。これは横になって眠れる環境です。ナイス!

JppttIMG 2164

人通りが多かったのでちょっと落ち着かない・・・同じフロアを奥まで歩いていくと、半地下のようになっている搭乗待ちスペースがありました。

JppttIMG 2170

おおお、ここ最高です。

JppttIMG 2166

隅のほうでガン寝している旅行者が何人か居ました。

JppttIMG 2167

私は図々しくも寝袋を出し、枕元に貴重品を置き就寝しました。3〜4時間ぐらい寝たと思います。いい大人が恥ずかしいですが、もうバックパッカーなので開き直ることにしました。

朝4時頃に起床してしまいました。昨晩とは別のラウンジにお邪魔します。

JppttIMG 2172

30分ほどマッサージチェアで疲れを癒しました。リマのVIPラウンジにはどちらにも生オレンジジュースの機械があり、自分でオレンジを3〜4個投入すると機械が絞ってくれるという画期的なものです。

JppttIMG 2173

朝からもりもり食べます。左上にあるのがグアテマラではまっていたグラナダという果物。中身は種がたくさん詰まっていてグロテスクですが酸味があって美味しいです。

JppttIMG 2174

ラウンジの様子。朝7時台になると多少混み合ってきました。

JppttIMG 2176

予定通り10:35にブエノスアイレスに向け出発です。(Avianca航空でしたが、TACA航空の機体でした)

JppttIMG 2177

約4時間半のフライトで機内食もちゃんと出ました。アルゼンチンといえば赤ワイン。飲んじゃってます。

JppttIMG 2178

いよいよ初の南米大陸にやってきました。アルゼンチンのエセイサ国際航空に到着です。

JppttIMG 2179

アルゼンチンの入国審査は入国審査官すら英語が通じないと聞いておりドキドキしましたが、英語で「アルゼンチンは初めてか?」みたいなことを聞かれて終了でした。

 

エセイサ空港から宿へのオススメの移動方法

ブエノスアイレスと言えば、治安が悪いことで有名です。空港のインフォメーションで「安くてかつ安全に時間をかけずに宿まで移動するにはどうしたらいい?」と質問をしてみたところ、シャトルバスサービスを紹介してくれました。(係員さんは欲張りね〜と笑っていました)

Tienda Leonという会社です。レティーロ近くのオフィスまでバスで乗客をまとめて乗せていき、そこからエリア別に乗り合いタクシーで宿まで送っていくというもの。治安が心配だけどタクシーまでは使いたくないという人にはこのサービスはオススメです。

JppttIMG 2182

パレルモ地区に宿を予約していたのですが、バス+乗り合いタクシー込みで20USドルでした。(ゾーン制になっています)

JppttIMG 2180

Tienda Leonはアルゼンチンペソ・USドルどちらでも支払いできるようです。私は空港で正規のレートで両替をするのはバカバカしいのでシャトルバスもUSドルで支払いしました。パレルモに向かう途中、乗り合いタクシーの中で地元に住んでいるおばさんに「ブエノスは本当に危ないから気をつけなさいよ!」と忠告を受けました。

  • レティーロ駅(電車や長距離バスが発着)周辺はスリや盗難が多いので日中でも近づかないこと
  • メトロやバスでは常にかばんは体の前に寄せておくこと

ブエノスは怖いところなんだなという印象が初日から強烈に植え付けられました(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-アルゼンチン
-,

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.