photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

breakfast

ペルー

パラカスからリマへ【リマの宿情報あり】

2015年3月8日 ペルー・パラカス

いよいよペルー最後の地、リマへ向かう。

soyuz

【移動情報】

パラカスからクルス・ピスコまでは、Paracas Backpackers House前に止まる路線バス(4.5ソル)に乗り、クルス・ピスコからはSoyuz社のバスでリマまで移動した。(20ソル=約770円)※リマまでは3時間半ぐらい

 

リマの宿情報 1900 Backpackers Hostel

実はリマのバスターミナルに到着した時、日本人宿の桜子に行こうか悩んでいた。ネックとなったのが桜子の立地で、リマの北のほうにある。バスターミナルからタクシーで移動する距離や、市内観光の利便性を考えると、やはり市内中心部がいいだろうと思った。(リマにはそもそも長居するつもりもなかったので)

あらかじめリサーチしていたバックパッカーズホステル1900 Backpackers Hostelへタクシーで向かった。(バスターミナルから12ソル=約460円)

外観

名前の通り、1900年のマンションを改築したホステルだ。宿の目の前には美しい公園と美術館がある。


 

部屋について

私が宿泊したのは6ベットドミトリーで、1泊35ソル(1,350円・朝食付き)※14ベットドミトリーなら1泊8ドルから。

ドミトリー

朝食

朝食はブッフェ方式。

breakfast

提供されるのはパンとドリンクのみなので、自分で買ったフルーツやアボガドを添えた。

breakfast

bar

朝食会場は宿のバー。夜はハンバーガーなどの軽食もサービスしている

なお、この宿にはキッチンもあり自炊もできる。

キッチン

その他施設について

トイレ・シャワーは施設内の数カ所にあり、数も多い。シャワーのお湯の出も◎

shower room

感心したのが、このチャージスタンド。なんとロッカーの中で、パソコンやモバイルを充電できるのだ。これなら、盗難被害に怯えることもない。

charge stand

施設内にはツアーデスクも完備。ここでバスの予約やツアーに申し込むこともできる。

ツアーデスク

その他、宿主催のアクティビィティもあり。(滞在中にFree Walking Tourに参加してみたので、その様子は別記事で紹介します)

activities

総合的に見ても、かなりクオリティが高い宿だった。そしてこの宿では素敵な出会いも!

オランダ人アンソニー。

drawing

「君の似顔絵を描かせてくれないか?」

似顔絵

滞在2日目の朝に口説かれ(笑)、似顔絵を描いてもらった。アンソニーはリタイヤ後、独学でイラストを学び、世界各地を旅しながら似顔絵を描いているのだそうだ。(チャコールで描き、定着剤はヘアスプレーを使っている)

私が出会った時、アンソニーはこの宿に10泊ぐらいしていた。理由を尋ねてみたらパスポートを紛失し、自国から再発行に必要な書類を郵送で取り寄せているが、なかなか届かないのだと言っていた(笑)本当におもしろいオッさんだった。この後コロンビアで再会するのだが、その話はまた後ほど。

 

この宿には3/8〜12まで4泊した。2日目で体調不良になり、高熱が出て現地の病院に行ったりもしたせいもある。

 

*以上、2015年3月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ペルー
-

N