photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

タキーレ島の少女

ペルー

タキーレ島と少女たち

2015年2月25日 ペルー・プーノ

さて、チチカカ湖1日ツアーの後半の話。お昼前にタキーレ島(Taquile)へ到着した。

チチカカ湖周辺図

粗い画像で恐縮だが、チチカカ湖の島の位置関係はこんな感じ

ガイドと一緒に島を散策する。タキーレ島は織物産業が有名で、ケチュア語を話す先住民が住むのんびりとした島だ。

村人とすれ違う
道すがら、少女が毛糸のブレスレットを売っていた。

土産物を売る少女

織物のブレスレット

独特なスタイルでかわいい(1本1ソル)

 

タキーレ島の道は意外と傾斜がついており、歩いていると息が上がる。

タキーレ島の家畜

家畜ともすれ違う

プラザ(広場)に到着

坂を上り切ったところに広場があり、休憩時間が与えられた。

プラザにあった織物工房

2Fには織物工房がある

冷やかしのつもりで1階のお土産屋に入ってみると、意外とクオリティが高く釘付けになってしまった。

タキーレ島の織物

南米らしいティストだが、どこか柔らかく優しげな雰囲気だ。
リスト
すべての商品に番号がついていて、どの作家が作ったのかわかるようになっている。雑貨好きな人にはたまらない!

休憩時間は、プラザでゆっくり座って休んでいる人がほとんどだったが、私は時間をフルに使って買い物を楽しんだ。

 

タキーレ島の少女たち

プラザを出発し、タキーレ島の段々畑を歩いていく。

タキーレ島の段々畑

タキーレ島の人々の生活や風景を堪能しながら、ランチスポットに到着した。
家畜とすれ違う
私が申し込んだこのタキーレ島のツアーにはランチ代が含まれていない。あまり気が進まず、私はレストランには入らず持参のパンで乗り切ることにした。(ランチは20ソルほどとそこそこ高額だが、チチカカ湖を眺めながらいただくトゥルーチャは格別だったに違いない・・・)

アーチ

日陰を求め歩いていると、ふたりの少女を発見!

少女たち

最初はぎこちなかったものの、徐々に人懐っこくなった。

少女たち2

少女2

 

ランチタイムが終わり、集合場所のレストランで伝統的な音楽と踊りのショーを見学した。

ダンスショー

さきほどの少女たちもやってきた!

ツアー客はこぞって少女たちを撮影しようとしたのだが、彼女たちが真っ先に選んだのは私だった。予想以上に懐いてくれていたようだ。

少女たちと

2時間ほどでタキーレ島のツアーは終了。

タキーレ島ツアー終了

何もない島だが、のんびりしていて私は結構好きだった。
タキーレ島をあとにする

水が綺麗

よく見ると、水が驚くほど綺麗だった

タキーレ島の戦利品。帽子はこの後訪れるマチュピチュ用に購入した(35ソル=約1,350円)

タキーレ島の帽子

 

タキーレ島からプーノに戻る途中で見たチチカカ湖の景色も美しかった。

チチカカ湖

まるでテーマパーク

↓やぐらに人乗りすぎ。

乗りすぎ

夕方頃にプーノに到着。大満足のチチカカ湖1日ツアーだった。

 

プーノのローカルドリンクAPIを飲んでみた

夜、同じ宿で知り合った他の旅人と、API(アピ)という飲み物にチャレンジしてみた。

アピ

APIとは、紫とうもろこしから作られているホットドリンク。葛湯のような舌触りで、ちょっと甘め。揚げパン(エンパナーダ)とセットで販売されていた。

precios

思った以上にお腹に来るので、食後に行って後悔した(笑)

 

*以上、2015年2月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ペルー

N