photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

serpost

ペルー

リマの病院・郵便情報

2015年3月10日 ペルー・リマ

先にお伝えすると、今回の記事は写真がほとんどありません。リマに到着した翌日から、私は熱を出してしまい写真を撮る余裕がほとんどなかったためです・・・。

 

リマで病院へ行く

リマに到着した翌日あたりから、38度ぐらいの熱が出ていた。何故だか足もズキズキと痛む。複数の症状が出るのはおかしいと思い、海外旅行の保険会社に電話をし、早速病院を手配してもらうことにした。午後ぐらいに電話をし、その日中に診療してほしい旨を伝えると、保険会社はキャッシュレスの病院で夜間診療可能な病院の予約と、通訳も手配してくれた。

私が訪れたのはPoliclinico Peruano Japonesという病院。

名前からして日系の病院のようだったが、医師や看護師は日本語が話せない様子(診察時間によって変わるのかもしれないが)。通訳の方はリマの旅行代理店で働く日本人で、丁寧に宿まで迎えに来てくれ、受付、診察、支払い、そして帰りのタクシーを拾うところまで全面的にサポートしてくれた。

診察が終わったのは21時頃だったが、通訳の方は、待合室でも私のくだらない会話に付き合ってくれ、ホスピタリティに溢れた方だった。名前は失念してしまったが、地球の裏側でお世話になった日本人に、あらためてお礼申し上げたい。その節は本当にありがとうございました。

 

さて、医者の診断によると、高熱の原因は食べ物からの細菌によるものではないかということだった。

パラカスの宿で、初日にイタリア人と晩餐した時の残りのそら豆やチーズを翌日まで冷蔵庫に保管していて、それをつまみ食いしたからなのか、幾度か食べたシーフードが原因なのかは定かではない。熱以外にも足に痛みを感じるのも気味が悪かったが、抗生物質やら数種類の薬を飲んで安静にしていたら、熱も足の痛みも1日ちょっとで治ってしまった。さすがは医者だ。

 

診療はキャッシュレスで、薬代とタクシー代がそれぞれ20ソル(約770円)ほどかかったが、帰国後に保険請求し全額返金された。ちなみに私が利用していた海外旅行保険会社「○保ジャパン」は、海外拠点よりも東京のサポートセンターの対応がすこぶる良いので、もし加入している方はそちらに電話することをオススメする。

 

リマから荷物を送る

リマでは荷物を少しでも軽くするべく、郵便局から日本へ小包を送った。

serpost

特に送りたかったのが、クスコで作ったオーダーメイドの靴。これが旅中かさばって仕方がなかった。

huancaでオーダーメイドブーツ

せっかくなのでボリビアやチリで購入したバックや布類もまとめて日本に送ることに!

serpost伝票

気になる料金は、3.5kgで185.5ソル(約7,150円)※2015年3月時点

参考:靴の料金  85ソル(約3,300円)

靴は安く作れたものの、郵送することを考えると高くついてしまうというオチつきだった・・・。

 

Serpostはリマの中心部に何箇所かあり、私が行ったのはPlaza San Martinの近くの支店。

中南米では、他にブラジルやグアテマラからも日本へ小包を送ったが、ペルーの送料はそれほど安くなかった。ちなみに、キューバからの送料は激安だった。

 

*以上、2015年3月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-ペルー
-,

N