泥棒市エルアルト

ボリビア

ラパスの泥棒市がおもしろい(泥棒に遭遇、オバプロなど)

更新日:

2015年1月25日 ボリビア・ラパス

ラパスのエルアルトでは、毎週木・日曜日に泥棒市と呼ばれる大規模なフリーマーケットと、日曜のみオバプロ(チョリータ・レスリング)が開催されています。

泥棒市へのアクセス方法

ラパス中心部のサンフランシスコ教会の向かいにあるコレクティーボ乗り場から「CEJA(セーハ)」行きに乗り、エルアルトの料金所を過ぎた歩道橋のあたりで下車します。片道2.5ボリ (※2015年1月時点)

後で気づきましたが、ロープウェイで移動する方法もあります。そちらのほうがよっぽど快適で簡単そうでした。値段もそれほど変わらないらしいですよ。

ロープウェー

エルアルトのロープウェイ駅

 

泥棒市の様子

エルアルト

見晴らしが良いエルアルト

エルアルトの泥棒市入口

週末ともなると多くの人が買い物にやってきます

コレクティーボ(ミニバス)を降り、少し階段を登ると、右手に泥棒市が広がっています。

マーケットエリア

古着や機械のパーツなどの不用品、新品と思われる雑貨や衣類、家電製品に至るまであらゆるものが売られています。マーケットは広いため、全部廻るのに2〜3時間は軽くかかるでしょう。

パーツ類

このフリマが「泥棒市」と呼ばれるゆえんは、ラパスでの盗品が実際に売られているためです。
さらに、泥棒市には本当の泥棒も潜んでいるらしいです。バックのジッパーを知らぬ間に開けられ、貴重品を取られるという噂も聞いていたため、我々も必要最小限の装備で臨むことにしました。

私たちが泥棒市を訪れたのは、買い物が目的でした。

数日後にボリビア北部の町ルレナバケからアマゾンツアーに参加する計画を立てており、どうせ汚れるため「捨ててもいい服」を買っておこうと古着を物色していたのです・・・

フリマ

しかし、衛生上の問題からまったく購入することができませんでした(笑)

クロックスもどき

友人はアマゾン用にクロックスタイプの靴を購入

この雑貨エリアを歩いていた時・・・

友人のひとりが、なんと盗難未遂に遭いました。

 

私は少し先を歩いていたのですが、ふたりのもとへ戻ると、友人はショックで固まっていました。犯行手口は大胆なもので「おばさんが正面からポケットに手を突っ込んできた」そうです。

N
これぞボリビアンスタイル?!

 

泥棒市で腹ごしらえ

泥棒市には屋台やレストランがあります。(衛生面的には微妙)

チョリータ屋台

泥棒市のパフェ

泥棒市でパフェ

ジュースバー

ジューススタンドも

小腹が空いてきたので、電化街の近くにある小さなレストランに入りました。お店のおじちゃんは愛想も良く、味も素朴でちょっと和みました。

スープだっけ?

何かしらのスープ(15ボリ=約250円)

少し早いけど、オバプロの会場に向かうことにしましょう。

遊具施設

 

ツッコミが止まらない!オバプロの世界

オバプロとは、正式にはChoritas Restling(チョリータス・レスリング)、あのボリビアの伝統的な三つ編み姿のおばさん(チョリータ)が主役のプロレスショーのことです。
オバプロ看板
泥棒市のマーケットエリアの反対側にある体育館のようなところで、毎週日曜の16時頃から鑑賞できます。2時間ほどで入場料は40ボリ。(※2015年1月時点)

 

チョリータ VS 悪役のプロレスですが、ショー自体がコミカルでおもしろいです。

チョリータ強し

観客も巻き込まれることも(指名制。絶対イケメン選んでる笑)

観客も

ペルーで知り合ったユカさんは、チョリータと事前に打ち合わせして、ショーに出演したらしいです笑

まんざらでもない

N
チョリータもイケメン相手だと、まんざらではなさそう。

途中、チョリータが悪役に負けそうになったりする場面もありますが

敗北のチョリータ

 

チョリータも負けじと反撃します。

反撃のチョリータ

そしてこの後出てきた悪役2人組が、観客から大ブーイングを受けます。リングからペットボトルの水を観客に撒いたりと態度が悪かったためのようです。

おばちゃん激怒

この一般人のおばちゃんが大激怒!!

このおばちゃん、主役のチョリータを喰うぐらいの存在感でした。(サクラかな?)

 

最後は、悪役2名は観客にフルボッコにされる乱闘騒ぎに・・・!!

悪役がフルボッコ

オバプロ・・・おもしろい笑 もちろん、地元の人にも大人気です!

地元民
そんなオバプロの様子を動画にまとめてみましたので、良かったら観てみてください

オバプロを見れば、日頃の不満やストレスもチョリータが昇華してくれるに違いありません。以上、ラパスの泥棒市&オバプロレポートでした!

*以上、2015年1月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ボリ=約17円で計算)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ボリビア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.