photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

拡声器のような石

ボリビア

謎だらけのティワナク遺跡と月の谷ツアー

2016/11/12

スポンサーリンク

2015年1月26日 ボリビア・ラパス

この日は女4人で、ラパス郊外にあるティワナク遺跡と月の谷へのツアーに参加した。

ティワナク

ラパスから車で約1時間。標高3,800mにあるティワナクへ。

 

謎だらけのティワナク遺跡

ティワナク遺跡は、紀元500〜900年に最盛期を迎えた首都跡と言われており、ペルーのマチュピチュ(15世紀)よりもずっと古い遺跡だ。現在も発掘・修復が進められている。
ティワナク遺跡

 

入口付近で見かけた石のモニュメント。なんと拡声器らしい。儀式に使われたのだろうか?

拡声器のような石

 

かつては、このようなピラミッドがあったのだが・・・

ティワナク遺跡

ピラミッドへ

スペイン人に見事に破壊され、修復途中の下部の壁面以外はただの丘のようになっている。

スペイン人によって破壊されたピラミッド

ピラミッドの頂上にある十字型のモニュメントは、太陽暦を表すらしい。

古代のカレンダー

 

アカパナミラミッドから見下ろしたカラササヤ(神殿跡)。ティナワク遺跡は、宗教的・政治的な場として重要な役割を果たしていたようだ。

カラササヤ

 

次は半地下宮殿へ。壁面にはなんと・・・

半地下宮殿

顔が埋め込まれている。

半地下宮殿の顔

半地下宮殿の顔

あらゆる人類の顔をモチーフにしているという説がある。な、謎すぎるっ!!ガイドが「アジアっぽい顔もあるよ〜」と教えてくれたけど、もはやエイリアンにしか見えなかった。

 

カラササヤにある太陽の門へ。

太陽の門

門は一枚岩でできていて、上の部分には太陽の神様と48の鳥人が彫られている。春分の時に太陽とこの門が一直線でつながるよう配置されていたらしい。

 

最後に、モノリート(立像)。

モノリート

よく見ると右手の向きが逆?!理由は謎なんだそうです。き、気になる〜!!!

 

ティワナク遺跡は広く資料館に立ち寄ったりと、小2時間ぐらい滞在した。この遺跡に関しては謎が多く、ガイドさんも説明するたびに「あくまで推測だけどね」と言っていた。

ティワナクのアルパカちゃん

遺跡内にいたアルパカちゃん

 

それより、ちょっとショックなことがあった。

このツアーにはプマ・プンク遺跡が組み込まれていなかったのだ。

このティワナク遺跡から約1kmほど離れた場所にあり、高度な石加工技術が見られる超有名な遺跡がある。数トンもある巨大な石は、見事なまでに水平にカットされていて、宇宙人が運んできて作ったんじゃないかと囁かれているほど・・・。

https://jp.pinterest.com/pin/76209418667522956/

 

ここまで来て、何故見逃したのか・・・。もしティワナクに行く機会があれば、私の代わりに行ってきてください!

 

近くのレストランでランチ休憩

ツアーにはランチがついており、前菜・スープ・メインディッシュ(肉or魚)から選ぶことができた。

前菜はブッフェ

前菜はブッフェ形式

キヌアのスープ

キヌアのスープ

メイン

メインディッシュ

 

ボリビアで食べた食事で一番まともだった気がする。それか、日本食のけんちゃんぐらいか。

関連記事:ラパスの街歩き情報【グルメ編】

 

 

ラパスに戻る途中、絶景に遭遇

ティワナクからラパス郊外の月の谷に向かう途中、ドライバーさんが崖の上で車を止めてくれた。

小高い丘

目の前に広がっていたのは・・・

ラパスを独り占め

絶景すぎるほどの絶景・・・!!

 

ボリビア版カッパドキア?!月の谷

最後に辿り着いたのは「月の谷」(Valle de la luna)。

月の谷にやってきた

近づいた瞬間、もう絶景の予感しかしない。

インディヘナの女性

入口で迎えてくれたインディヘナの女性

 

見よ、これが長い時間かけ岩が侵食されてできた月の谷だ!

月の谷

どうして・・・

岩にも個性がある

興奮が止まらない月の谷

約30分ほどの遊歩道を歩く

 

私がラパスで一番好きな場所は、ここに決定!

ボリパーと月の谷

周囲の大自然とのコントラストも美しいし・・・

月の谷サイコー

すぐ横に、民家がチラ見えする感じも素敵(笑)

民家が

大満足な月の谷

大満足でツアーを終え、ラパス中心部へ戻ったのだった。月の谷は期待以上!

 

ツアー情報

ティワナク遺跡、月の谷はどちらも自力(バス)で行けるらしいが、バスの乗り換えが面倒だったので、旅行会社でプライベートツアーを組んでもらうことにした。

ラパスのサンフランシスコ教会の裏手には何軒も旅行会社があり、そこで値段交渉をして申し込み。(4人で申し込み、ひとり230ボリ+遺跡の入場料80ボリで合計310ボリ=約5,270円・ランチ付き)

 

*以上、2015年1月時点での情報をもとに記事を作成しました。当時の為替レート・1ボリ=約17円

次回は泥棒市とオバプロね。

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ボリビア
-

N