ボツワナ ナミビア

ボツワナからナミビアへ国境越え

更新日:

2016年2月5日 ボツワナ・ハンツィ

Kalahari Arms Hotelを出て、国境行きのバスに乗るためバスターミナルへ向かいます。ボツワナは宿泊費が高く5泊ともテント泊でしたが、キャンプサイトのレベルは総じて高かったため満足です。

ボツワナで印象に残ったのは、どこまでも続くまっすぐな道と青い空に白い雲。ドライに見えて、こちらから話しかけるとフレンドリーな人々。そして安くて美味しいビーフ。ボツワナはナミビアに抜けるための通過点としか考えていませんでしたが、期待以上の感動を与えてくれた国でした。

関連記事

 

ナミビア国境へ

何もない真っすぐな道を延々と走ること3時間、ようやくナミビアの国境へやってきました。出国イミグレの後、ナミビア入国のイミグレまでは徒歩5分。炎天下のなか、汗だくで重い荷物を引きずりながら歩きます。

IMG 20160205 125521th

ついにナミビアに入国です。

IMG 20160205 132554th

IMG 20160205 145548th

ATMを使うために立ち寄ったレストラン兼ショップ

ナミビアに入ってすぐのあたりにあるレストランで休憩します。フィッシュ&チップスは、衣がサクサクしていて美味しいです。

IMG 20160205 142247th

45ナミビアドル(約330円)

その後は3台目で有料ヒッチハイクに成功し、18時頃に無事ウィントフックの宿に辿り着くことができました。19時にはスーパーが閉まるため、その日の夜は外出を避け、非常食用として持っていたカップラーメンで夕食を取りました。

 

ボツワナからナミビアへの移動情報

ハンツィのバスターミナルからチャールズヒル行き10時発のバスに乗車。国境まで乗り運賃55プラ(約570円)で所要時間約3時間。

国境を越えた後は、ウィントフックまで有料ヒッチハイクで移動しました。普通乗用車に声をかけ、ひとり200ナミビアドル(約1,500円)で交渉成立。150kmほどのスピードを飛ばしていたため、約3時間でウィントフックに到着しました。乗車時には宿まで送ってもらう予定でしたが、車の調子が悪くなりCheckers(スーパー)の入ったショッピングセンター付近で降ろされました。そこからはタクシーで宿へ。(タクシー運賃:ひとり10ナミビアドル=約73円)

 

ナミビアドルへの両替について

ナミビア側イミグレ近くにガススタンドがあり、その隣にあるレストラン内のATMからナミビアドルが引出し可能です。

余ったボツワナプラをナミビア側で両替しようとしましたが、国境付近だとレートが悪く100プラ=100ナミビアドルでした(正規レートだと約150ナミビアドル)。ボツワナプラは、ナミビアに入る前に使いきることをオススメします。

 

ウィントフックの宿情報 The Cardboard Box

The Cardboard Box
テント泊100ナミビアドル(約730円)・ドミトリー150ナミビアドル(約1,100円)

Swimmingpoolth

プールサイドの横にレストランバーあり

テント泊予定でしたが、天候がかなり怪しかったため約1週間ぶりにドミトリーに宿泊しました。通されたのはリセプションの階の下にある薄暗いドミで、まるで独房のようでした(外観)↓

IMG 20160206 071537th

外観

後で確認すると、他に明るい雰囲気のドミもあったようなので、チェックイン時に部屋をいくつか見せてもらうといいと思います。

IMG 20160206 071523th

IMG 20160206 071757th

キッチン

wifiはIPアドレスの取得時にエラーが出発生し、ネットに繋がるのに2時間もかかりました。プールサイドとレセプション付近がルーターとの接続が良さそうなので、そのあたりでご飯でも食べながら気長に待つといいかもしれません。Cardboard Boxは1泊だけで、翌日に別の宿へ移動しました。

IMG 20160206 075828th

朝食の無料パンケーキとお茶(コーヒー&ティー)

*以上、2016年2月時点での情報です

場所

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ボツワナ, ナミビア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.