photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ナミビア

車をチャーターしてナミブ砂漠へ【1日目】

2016/02/16

2016年2月9日 ナミビア・ウィントフック

 

出発当日。朝9時半にドライバーが宿に迎えに来た。

IMG 20160209 095205th

ちょっとレトロなフォルクスワーゲン

 

途中スーパーに寄り、2日分の食材を調達する。

パン、ツナ缶、果物、おやつなど調理せすに食べられるものにした。

 

次にアウトドア用品のレンタル会社へ。ドライバーのアドバイスで飲み物を入れておくクーラーボックスと、キャンプ用品を持っていない4人分のマットレスをレンタル。

IMG 20160209 104926th

テントや寝袋、ガスバーナーなど何でも揃っている

 

 

事故率70%のオフロードへ

11時すぎにウィントフックを出発。しばらく舗装された道を行くと、途中からオフロードに。

IMG 3808th

 

 

横転している乗用車を発見。

IMG 3813th

 

中には誰も居なかった。このあたりは道が悪く、運転中に突然ハンドルを取られると聞く。暑さでぼんやりしていた私たちも一瞬にして目が覚めてしまった。

 

 

翌日の砂漠の帰り道にも、タイヤがパンクし立ち往生している車を見かけた。

IMG 4259th

 

私たちが乗っているミニバンもそこそこ古いため、何も起こらないことを祈るのみだ。

 

 

Sesriemのキャンプサイトに到着

16時頃にSesriemのキャンプサイトに到着した。

IMG 3821th

中にはミニショップ、バーなどがある

 

受付でキャンプサイト利用料と砂漠エリア(ソフスフレイ)の入場料を支払う。

「自分のほうでやっておくからそのあたりを散歩してて」と言うドライバーに不信感を募らせる私たち。ナミビアに限らず、アフリカのツアーではお金で揉めることが多いため、自分た支払いに行くと言うと、ドライバーの機嫌を損ねてしまったようだ(私の伝え方が少々ストレートすぎたのが原因かもしれない)。

 

ドライバーは自分の分も払うように要求してきたが、申し込み時にドライバーの宿泊費や食費などは私たちのほうでは負担しないという約束だったため、拒否。結局ドライバーからお金を預かり、代わりに手続きを済ませた。これ以上、ドライバーの機嫌を損ねないよう気をつけなければ・・・。

IMG 20160209 172654th

テントを持っていない4人は、ドライバーから借りた大きなテントで宿泊

 

 

Elim Duneでサンセットを見る

サンセットはキャンプサイトから近いElim Duneに見に行く。(キャンプサイトから車で10分) 当初はDune45でサンライズ&サンセットの両方を見るつもりだったのだが、ドライバーが「ひとり追加で150ナミビアドル払えば連れて行ってやる」と言い始めたため、少々面倒になったのだ。翌日の朝、Dune45に行けるのだからわざわざお金を払う必要もない。

 

17時にはElim Duneに到着。サンセットの時間が近づくのを待ちながらあたりを散策した。

IMG 3833th

あさこちゃんが、砂丘に登るのなら靴下だけになったほうがいいと教えてくれた

 

IMG 3831th

意外と急勾配なElim Duneの入口

 

Elim DuneはDune45よりは小規模で、草がところどころに生えているが、周辺一帯をパノラマで見渡すことができる。

IMG 3867th

 

IMG 3870th

 

Elimdunes peopleth

 

19時半頃、ようやく日が沈みはじめた。

IMG 3894th

 

Elimdunes groupphototh

一緒に廻ったメンバーと

 

IMG 3911th

スニーカーで砂丘に登るとこんなことになります

 

Elim Duneからの帰り道も、美しい景色を楽しんだ。

Sunset elimdunesth

 

Elimdunes animalth

インパラのような動物がそこらじゅうに居る

 

翌日はいよいよナミブ砂漠のメインパート、Dune45&デッドフレイへ!

Sesriem starsth

Sesriemキャンプサイトで見た星空

 

 

【宿情報】

Sesriem Camping Site

キャンプサイト1泊180ナミビアドル(約1,280円)

ホットシャワー&トイレ、バーやレストラン、売店もあり。wifiは有料のようだった。

キャンプサイトはウィントフック側のゲートと、ソフスフレイ側のゲートに挟まれるように位置している。サンライズ&サンセットをdune45で見るには、このキャンプサイトに泊まる必要がある。なお、ソフスフレイ側ゲートの開門時間は5:30~20:45。(2016年2月時点)

IMG 20160209 161749th

 

 

【レンタル用品について】

Adventure Camping Hire and Sales
ウィントフック市内にあるアウトドア用品のレンタル会社。クーラーボックスは1日15ナミビアドル(約106円)、テント用のマットレスは1日8ナミビアドル(約57円)だった。テントや寝袋、ガスバーナーなどもここでレンタルできる。なお、クーラーボックスの氷はガススタンドで給油する時にドライバーが入手してくれた。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

キーワードで検索する

-ナミビア
-, , , ,

N