ナミビア

クオリティ高めの宿と久々の都会【ナミビア・ウィントフック】

更新日:

2016年2月6日 ナミビア・ウィントフック

The Cardboard Boxを1泊だけでチェックアウトし、タクシーで Chameleon Backpackersへ。理由は、宿がイマイチだったためです。

IMG 20160206 181056th

宿を変えて大正解

こちらの施設は清潔で、外部の人もほとんど入って来ないのがポイントが高いです。(The Cardboard Boxはプールサイドにバーがあり、一般の人もお酒を飲みに来ていました)

キャンプサイトは狭いものの、なんとか4つテントを張ることができました。

IMG 20160206 180756th

 

久々の都会に心が躍る

昼頃に、徒歩5分ぐらいにあるショッピングモールまで買い出しへ行きました。

IMG 20160206 134401th

近代的なショッピングモールに来るのはナイロビ以来

メンバーは、Chameleon Backpackersで約1週間ぶりに再会したU10&mayuさん、ナイロビから度々顔を合わせていたこうじさん、けんちゃん、アヤさんケンタさん、そして私の7人。

ウィントフックは、日中でも強盗に襲われる可能性があるそうです。宿の注意書きにも、バックや電子機器は身につけて外出しないようにと書いてあるぐらい。怖いので、常に複数人で行動していました。

ショッピングモールではテンションが上がり、ビーチサンダルを購入↓

Nake collaboth

NIKEとCrocsのコラボ。300ナミビアドル(約2,200円)

安いのにクオリティ高めのソフトクリーム屋さん↓

IMG 20160206 152047th

プレーンソフトクリーム・5.9ナミビアドル(約43円)

14時半にスーパー前に集合し、皆で自炊用の材料の買い出しです。

Quickandpayth

本日のシェア飯は、人数も多いためカレーライスにしました。

IMG 20160206 173240th

市販のカレーパウダーとトマト缶を混ぜて作る

ナミビアでも牛肉が安いようです。

IMG 20160206 170833th

1kgで64ナミビアドル(約470円)

IMG 20160206 185624th

大鍋に作り、石原プロ並の炊き出し...(言いすぎ)

スープカレー風ですが、美味しくできました!

IMG 20160206 185926th

ひとりあたり230ナミビアドル(約170円)。コスパ高し!!

ナミビアでは宿代はテント泊だと100ナミビアドル(約730円)に抑えられるし、シェアで自炊すれば安くて美味しいものができます。皆でつかの間のシェア飯生活を楽しむのも悪くありません。次回は、いよいよアフリカ旅のメインのひとつ、ナミブ砂漠へいってきます。

 

ナミビア・ウィントフックの宿情報

Chameleon Backpackers

ドミトリー1泊170ナミビアドル(約1250円)・テント泊100ナミビアドル(約730円)

ホットシャワーも水圧・温度ともに申し分なし。朝食は数種類の食パン・ヨーグルト・シリアルなどのブッフェスタイルです。プールも水が綺麗で、共用スペースも広く居心地が良かったですね。

IMG 20160207 083404th

キャンプサイトには洗濯場や物干しロープも準備されており、少しスペースが狭いことを除けばパーフェクトです。また、キャンプサイトに貴重品ロッカーがあるのははじめてでした。

宿内にはトラベルデスクもあり、3日間のナミブ砂漠ツアーは4,200ナミビアドル(約30,700円)で取り扱っていました。スワコップムント行きのシャトルバス(door to door)も片道250ナミビアドルで、またレンタルカーも手配可能でした。*2016年2月時点の情報です

また前日に泊まったThe Cardboard boxよりもショッピングモールに近く、買い物にも便利です。(宿から徒歩5分ほど)

宿は全体的にクオリティが高いため、滞在期間のドミトリーはほぼ満室でした。ドミトリーを利用する場合は、事前予約することをオススメします。

場所

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ナミビア
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.