旅が好きな人のための情報系写真ブログ

スポンサーリンク

キューバ

キューバの宿事情

更新日:

キューバの宿事情

キューバにはカサと呼ばれるB&Bの宿が数多くあります。朝食・夕食付きで1泊だいたい20CUC(約20ドル)とコスパに優れていて、キューバの家庭の雰囲気や料理も楽しむ事もできます。

カサを経営している家は一般的に裕福な家庭が多い印象を受けました。奥さんの着ている服がおしゃれだったり、ネットが一般的ではないキューバでパソコンがリビングに置いてあったりしました。

カサでは毎月決まった税金を国に収めているらしく、国から支給された宿帳で宿泊者をきっちり管理しています。宿帳に記入する際、ペンのインクの色まで統一しないといけないと聞き、その厳しさに驚きました。

JppttIMG 0736

次に、キューバで泊まったおすすめのカサを紹介したいと思います。

 

ハバナ「アニータ&ホルヘの宿」

ハバナでは日本人御用達のアニータ&ホルヘのカサに、5泊お世話になりました。セントロのオビスポ通りまで徒歩10分ぐらいとアクセスもいいです。(このカサは宿泊の際には事前予約が必要です。予約用のサイトはこちら

1Fにはインターホンがついていないため、4Fのカサに向かって「アニーターーーーー!!」と大声で叫んで呼び出します。(恥ずかしがっちゃダメ)

JppttIMG 2620

ここはドミトリー形式で朝夕の2食付きで1泊15CUC(約15ドル)(2015年5月現在)。
私たちはキューバに来る前にほとんど日程を組んでいませんでしたが、宿の情報ノートを参考にプランを立てたり、アニータにルート相談や、次に訪れる町のカサを紹介&予約してもらったりしました。

とある日の夕食の光景。メイン+副菜+スープandジュースです。キューバのカサの食事は素朴な味付けが美味しいです。

JppttIMG 0471

宿のベランダからの眺め

JppttIMG 0479

キューバではベランダの滑車を使って物を運んだりします。アニータのカサをチェックアウトする時に、バックをベランダから滑車で下ろしてくれたのにはびっくりしました。(20kgぐらいあるのですが大丈夫でした)

IMG 0713

 

トリニダー「ルイーサの宿」

こちらも日本人御用達のカサ。アニータとも仲が良いようで、カサの横つながりの連携プレーで予約もすんなりしてもらえました。こちらも朝・夕食込みで1人15CUC(約15ドル)。

JppttIMG 20150416 143023

食事はごはんの量も多く、果物もたっぷりで私たちは大満足でした。乗馬ツアーや、美味しいロブスターが手頃な値段で食べられるレストランなども紹介してくれます。(詳しくは別記事で書きます)

JppttIMG 6765

ふたりとも優しくて世話焼き。大好きなカサのひとつです。

【カサ情報】

IMG 20150416 203403

 

バラコア「Dulce Maria」

現地のタクシーの運転手さんの紹介で見つけたカサ。セントロまで2ブロックという立地の良さと、屋上のテラスの眺めの良さ。

JppttIMG 1617

1泊朝食付きで1部屋25CUC(2人でシェア)。夕食はプラス6CUCでつけることができます。(メニューにより変動あり)私たちはここの食事の美味さと居心地の良さに4泊もしてしまいました。

魚のココナツソース煮込み

JppttIMG 1655

10CUCでつけてもらったランゴスティーノ。(ロブスターのこぶり版)

JppttIMG 2108

これがキューバで食べた料理の中でこれがダントツNo1の美味しさでした。

【カサ情報】

IMG 20150424 185708

キューバはオーナーさんの個性が光るカサが多い!いろいろなカサを泊まり歩くのも旅の醍醐味かもしれません。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています
下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-キューバ

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.