photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

メキシコ

ラトビア男子とふたりきり【グアナファト】

2014/11/16

 

Buenos dias!

グアナファトの宿で大変な事が起こりました。

 

 

夜になり、宿の屋上に行ってみると大柄の男性が居ました。部屋をシェアしているのがラトビア人だと、リセプションの人から聞いていたのでまさかとは思ったんですが、なんと彼でした。


うわ〜・・・やっちゃった 

ラトビア男子と部屋でふたりきりです。(勝手にFemale Dormかと思ってたら違ったみたいです。)

JIMG 0574


しかもこのホステル他に泊まってる人もいなさそう!!

JIMG 0583


夜景はめっちゃいい感じなんだけど・・・気まずいな〜


 

ええい、もうせっかくだから仲良くなっちゃおう。

「あの山の上にケーブルカーで行けるらしいんだけど、行ってみる?」

JIMG 0499 1

 

「そうだね、ちょうどビールも飲みたかったし行ってみようかな」

かくして、気まずいホステルの夜を乗り切るべく、真夜中の散歩は突然始まったのでした。

 

 

 

ピピラ記念像のところに夜景を見に行ってみたら

 

グアナファトの丘の上に、メキシコの独立に貢献したと言われている英雄の像があり、グアナファトの街を一望できます。地球の歩き方には夜は周辺に強盗が出ると書いてあり、一人では行きたくなかったので私にとってはちょうど良かったです。

 

このふもとのケーブルカーに乗って行きます。(片道18ペソ:帰りは徒歩にしました)

JIMG 0781

 

ピピラ像。ただの伝説で、実在しなかったとも言われているみたいですけどね。

JIMG 0502

 

JIMG 0503

 

JIMG 0505

ホステルからの眺めとそれほど変わりませんでした(笑)

 

せっかくなんで記念撮影しました。

JIMG 0792

 

ラトビア男子の名前はマリス。彼は2週間ほどの休暇を取って旅しているようで、メキシコに来る前はサンフランシスコでカウチサーフィンしてたようです。パーティ三昧だったみたいですけど。

 

グアナファトは着いたばかりだけど、観光する場所っていう感じが強すぎて、あまりなじめないよ〜と言っていました。私もちょうど同じ事を思っていたので、思わず意気投合。

 

彼はロンリープラネットを旅に携帯しているようなのですが、内容がドライすぎてあまり好きじゃないって言ってました。もっとおもしろいガイドブックにすればいいのにって。そんな風に思ってる人も居るんだな〜と新鮮に思いました。

 

帰りは、グアナファトの街中にある坑道をちょっと覗いてみたりしました。普通にバスや車が走っています。

JIMG 0793

 

マリス、身長が2mぐらいあります。たまにびびる。

JIMG 0795

 

ふたりで街をうろうろしているうちに、帰り道がわからなくなって軽くパニックに。

 

マリスが「こっちだよ」って言って連れて行くところが、常に行き止まりで大爆笑。

googleマップのGPS機能で、なんとか事なきを得ました。

(あらかじめ地図を読み込んでおけば、オフラインでも自分が居る位置がわかります)

 

 

 

最後はホステルの近くのバーで「無事に帰れた記念に祝杯を上げよう!!」って、ビールを飲んで帰宅。

 

「さっき路上でも2杯も飲んでたのに、まだ飲むの?」

「体が大きいから、倍以上必要なんだよ」

 

 

ふ・・・・ふうん。 

 

 

 

ふたりともすっかり疲れていて、ホステルに着いて早々に寝ましたとさ。

良かった良かった。何もなくて(ないとは思ったけど笑)。

 

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています

下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです!

↓1日1クリック有効です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-メキシコ

N