旅が好きな人のための情報系写真ブログ

スポンサーリンク

プレ世界一周

猫ではじまり猫で終わったツアー

更新日:

ミングラーバー。

いよいよインレー湖の1日ボートツアーの完結編です。

Th IMG 4279

 

 

ところで、ツアーメイトのスーリン(写真中央)は旅ブロガーでした。

スーリンのブログ:Travellin’ Again?!

 

リアルタイムは中国を旅しているようですね。文章も素敵で旅先での考察が素晴らしいので、是非チェックしてみてください。(英語の勉強にもなります)

 

 

 

さて、ここからは湖上でのショッピングタイム!KHIT SUNN YINという織物工房に向かいました。

Th IMG 4290

 

インレー湖の名物はロータス(蓮)の織物のようです。ロータスの茎から繊維を採る様子を見学しました。このめちゃくちゃ細い繊維を寄り合わせて糸にするんですね〜。

Th IMG 4291

 

Th IMG 4292

 

 

と、ここで凄い豪雨になりました。(さすが雨季)

Th IMG 4306

 

危機一髪。あとちょっとの差でズブ濡れになるところでした。

雨が上がるまで時間もかかりそうなので、じっくりと織物工房を見学することに。

Th IMG 4296

 

紡糸は、この自転車の車輪のような機械を使っていました。

Th IMG 4302

 

Th IMG 4304

おばさんがペットボトルで雨水を汲み出したので、ついていってみたら、工房内の作業用の水としてタンクに溜めていました。(飲んでなくて何となくホッとしました)

 

 

工房はかなり広いですが、閑散期のせいか、デモンストレーションとして作業していた人はわずか数名程度でした。

Th IMG 4299

 

ロータスのスカーフはさすがに高く(確か日本円で1万円ぐらい)、お土産でシルク&コットンのスカーフを購入しました。1枚20USドル。ミャンマーの物価を考えると、これもたぶん観光客価格だと思います。

Th IMG 7472

 

 

その後はシルバースミス(銀のアクセサリーの工房)へ。銀を溶解するところから加工する行程までを見学することができます。

Th IMG 4308

 

リングやペンダントなどを加工しています。凝ったデザインだと完成まで数日かかることもあるそうです。

Th IMG 4314

 

魚のペンダント。

Th IMG 4315

 

Th IMG 7441

 

シルバーリングだと16ドルぐらいから購入できます。リングには全然縁がない私ですが、世界一周の旅のお守りとして、リングを購入してみました。(18USドル)

Th IMG 7473

スーリンに「marriage ring買ったの?」って凄い冷やかされましたが...

中東などで男の人にしつこく絡まれたら、これを見せて「フィアンセが居るから!!」と言ってひるませようという作戦です。

ぜ、全然絡まれない可能性もあるけど。

 

 

女子メンバーが全員、この店で何か買わないといけないと躍起になっていて、皆アクセサリーを購入していたのがおもしろかったです。湖上のお店って特別感があるからでしょうかね。

 

Th IMG 7443

 

 

最後に訪れたのは、湖上の僧院Jumping Cat Monastery(Nge Phe Kyaung Monastery)。

Th IMG 4353

 

何故ジャンピングキャット〜と呼ばれているかというと、昔は猫のこんなジャンプを見ることができたらしいんですね。

 

でも、もう今は飛んでないようです。

ちょっとしたがっかりスポットです。

 

 

でも猫ちゃんは健在でしたよ。

Th IMG 4319

 

どうやら、この子がボス猫のようです。

Th IMG 4331

 

Th IMG 4334

 

Th IMG 4323

 

Th IMG 4328

 

思い返せば、猫ではじまり、猫で終わるインレー湖の1日ボートツアーでした。

 

 

17時ちょうどにインレー湖ツアーは終了。

気になるツアー代金ですが、なんと一人当たり5,000チャット(約500円)でした。

 

や、安すぎ。

 

 

 

インレー湖のボートツアーについて

 

ボートツアーの相場は1隻15,000チャット〜18,000チャットで、人数分で割るのが一般的のようです。ただ私たちの場合、行った時期が閑散期ということもあってか、このドライバーさんは一人あたりの一律料金で計算して催行していました。正直このツアー内容だと、もっと払ってもいいぐらいでしたね。

 

ボートツアーは宿のリセプションで手配してもらう方法のほか、ニャンシュエの船着き場をぶらぶらして、ドライバーが声をかけてくるのを待ち、そこで交渉したほうが安く上がるケースもあるようです。(私たちが利用したツアーもこの船着き場での交渉タイプ)

 

DropShadow ~ ニャンシュエ

 

私が宿泊したのがAquarius Innというゲストハウス(上記の地図中央あたり)なのですが、インレー湖への船着き場までは徒歩5分ぐらいなのでとても便利でした。ツアーも船着き場集合&解散な感じ。

 

一人旅でも、ボートは是非誰かとシェアすることをオススメします。何人かで乗った方が絶対楽しいです!!宿で「ボートシェアしない?」って声をかけまくっていれば、たいてい誰か見つかると思います。(私は夜行バスでインレー湖に来る時に、タクシーで相乗りした人たちにすでに声をかけていたので割とスムーズでした)

 

ちなみにボートの座席は4つぐらいが一般的のようで、私たちのように7名でチャーターすると3名がビニールシートに座る羽目になるので、集める人数はちょっと考えた方がいいかもしれません。

 

 

ボートツアーの後は、皆でごはんを食べにいきました。

Th IMG 7450

 

念願のマンダレービール!!

マンダレーだとちょっと離れたレストランにしか置いていなくて、一人だったので行きにくかったんです。

めっちゃ美味しかったんです、このビール。

 

 

 

あぁ、なんとかインレー湖ボートツアーの記事が完結できて良かった。。。

最後まで読んでいただきありがとうございました! 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

-プレ世界一周

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.