ミャンマー プレ世界一周

ミャンマーで体調を崩す

更新日:

ミンガラーウァー。
リアルタイムはマンダレーを離れて、ピンウーリンという避暑地に来ています。

実はおととい、宿で知り合った韓国人とインレー湖に行きのバスに乗る予定だったのですが、貧血と猛烈な嘔吐に襲われ、ドタキャンしました。その状態で、長時間バスに揺られる自信がなくて。熱もあるので、ここで少し療養してからミャンマーを南下することにしました。

ミャンマーで体調を崩した理由

インレー湖に向かう日の午後、バイクのドライバーに地元の食堂に連れていってもらいました。

image

お店は細い路地を入ったところにありました。

食堂にはたくさんの種類のミャンマーカレーが、作り置きされていました。

image

image

ローカルの人しかおらず、カレーの味も美味しくて素晴らしかったのですが、カレーの表面はほとんど油でした。もしかしたら常温でカレーの状態も悪かったのかもしれないし、油が胃に来ただけなのかもしれませんが、その夜にホテルで体調が悪化しました。

教訓:移動日には、体に負担がかかる油っこいものは食べないほうが無難ですね。

 

バイクタクシーの男の子

宿のスタッフに紹介してもらったバイクドライバーに、2日間観光地を色々巡るのにお世話になりましたが、結果的にとてもいい人でした。

25歳で大学を卒業したばかり。マンダレー市内でバイクをほぼ1日チャーターして、6,000チャット(約600円)で廻ってくれました。

image

ガソリン代などを差し引いて、親にお金を渡したりすると自分の取り分は月収20ドルにしかならないという話を聞いて衝撃を受けました。確かにカレー屋さんに行った時も、私の横で水しか飲んでいなかったし、私が王宮とか仏陀を見ている間も、じっと外で待ってくれていて、葉たばこしか口に入れていなかったと思います。

それでも良心的な価格設定でバイクドライバーをやっているのは、お客さんが喜んでくれるのが嬉しいからなのだと。こんなに優しい子、いますか??バイクタクシーなんて、皆ぼったくるものかと思っていて、ミャンマーに入ってからもずっと疑っていました。何だか申し訳ない気分です。

"I am lucky to have you"

そう言ってもらえただけでも、ちょっとだけ救われた気がしました。

image

まぁ、ミャンマーのカレーとの相性は抜群に悪かったわけなんですが(汗)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ミャンマー, プレ世界一周

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.