那覇から羽田へ

国内旅行

沖縄最終日と3泊4日バスツアーの感想

更新日:

2019年1月23日(水)沖縄・那覇

那覇空港

宿泊したANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューから空港までは、タクシーで15分(約1,500円ほど)でした。

帰りはJALで羽田経由で新千歳まで移動です。この日の新千歳空港の天候は視界不良のため、着陸できない場合には羽田に引き返すというアナウンスがありました。(無事帰れましたけどね)

那覇空港のカードラウンジ「華」

実は少し早めに空港に着いたため、チェックイン時間になるまで1Fにあるカードラウンジをパトロールしてきました。こちらのラウンジは1Fの到着口Bの近くにあり、出発時・到着時どちらでも利用できるようです。

ラウンジ華

内部の写真は撮影していませんが、中は可もなく不可もなくのビジネスラウンジでした。グアバジュースが濃厚でとても美味しかったです。本当はマンゴージュース狙いだったんですけどね。

国内・海外問わず空港ラウンジを見つけるとついパトロールしたくなってしまう習性は、昔から変わらないです。

那覇空港

保安検査場前にあるお土産コーナーが充実

もう那覇空港で全部買えるんじゃない?ってぐらい、那覇空港の出発階にあるお土産コーナーは充実しています。ほんと、バスツアーで買って荷物になるのが馬鹿らしくなるぐらい。

中でもオススメなのが、ロイズ石垣島の商品を取り揃えるBLUE SKY(保安検査場の目の前)。

Bluesky那覇空港店

ロイズ石垣島の黒糖チョコレートをまとめ買いしたのですが、JALカード提示で5%OFFになります!(どの空港でも同じですが)

ロイズ石垣島

紅いもタルトなど有名菓子も取り扱いがあり、御菓子御殿で買わずにここで買えば良かったかなーと思うぐらいでした。

11:30 JAL 904便(那覇→羽田)

実際は約30分遅延しましたが、無事に搭乗し約2時間の空の旅です。最終日にようやく晴れたというタイミングの悪さ^^;

那覇から羽田へ

JAL 904便

機内ではkindleで又吉の沖縄旅番組を観てました。

JAL機内にて

JALの機内販売では、ロクシタンの1万円のセットが良さそうだったので、母とお揃いで購入しました。

JAL機内販売ロクシタン

あっという間に羽田空港に到着です。

羽田空港

 

14:30 JAL 519便(羽田→新千歳)

羽田に着くなり、新千歳までの搭乗券が未発券のためJALカウンターで待機する羽目に。出発までもう30分もないけど大丈夫?^^;

お昼を食べ損ねていたので空港内のショップへお弁当を買いに行きたかったのですが、新千歳空港行きの他のお客さんと団体行動を強いられ、搭乗ゲートまでJALの地上係員のお姉さんが誘導してくださることに。

すぐ行きますんで、先行っててください!!と一瞬だけ離脱して買ったお弁当×3人分↓

丸武の親子サンド

丸武の親子サンド

ちょっとしょっぱかったですが、美味しくいただきました。新千歳到着が夕方だったので、空腹から解放されて助かりました。JALの地上係員さん、ちょっと困ってましたけどね。ごめんなさい。

そして無事に新千歳空港に到着です。同じ国内なのにこんなに景色が違うとは・・・

お土産も会社用・友人用のバラマキ用にたくさん買ってきました。ロイズ石垣島の黒糖チョコレートが一押しですね。

沖縄土産

 

沖縄3泊4日バスツアー感想

最後に、バスツアーに関しての本音を書いていきたいと思います。

沖縄バスツアー3泊4日(H急交通社利用 大感謝祭キャンペーンでひとり5万円)

※日程・スケジュールについてはこちらの記事をご覧ください。

良かった点

  • フライトマイルが溜まる(私たちの場合は行きはANA、帰りはJAL利用。フルではないものの70%ぐらい溜まったのでは?)
  • 到着日に那覇空港で待ち時間が3時間近くあったが、ゆいレールの往復きっぷを提供してくれ自由時間にしてくれたこと
  • 観光地やホテルまでの移動が楽
  • 短期間で効率よく観光地を廻ることができ、沖縄が初めての人なら良いかも
  • 行く先々でお土産(お菓子)がもらえる
サンプル品

観光地でもらったサンプル品

 

残念だった点

  • ツアー添乗員さんはガイドではない(観光地の詳しい説明を聞きたい方はガイド付きツアーをお勧めします)
  • 常に団体行動となるため、ホテルのチェックインやチェックアウトのエレベーター、バイキング会場が混み合う
  • あまり興味がない観光地での自由時間が長い(御菓子御殿や琉球村)
  • 観光地の入場料金やホテルのブッフェ代はツアーに含まれているものとそうでないものがあり、オプション料金が結構かかる(3泊4日でひとり1〜2万円みたほうがいいでしょう)
  • 1月はシーズンオフだったのでツアー料金は安かったものの、景色はどんよりしていてイマイチだったのと寒かった

驚いたのが、こういった沖縄バスツアーのリピーターさんがかなり多かったことですね。恐らく移動やホテル手配なども楽なためでしょう。あまり興味がない観光地で時間を潰すことが苦ではない方なら、こういったパッケージツアー料金は安いのでシーズンを変えて参加してみるのもアリかもしれませんね。

私が参加したツアーは、客層は50〜60代の夫婦や女性グループ、または親子が主でした。20〜40代ぐらいの方なら、同じパッケージツアーでもレンタカーでも借りて自由気ままに旅するのが楽しいと思います。季節はやはり夏がいいでしょうね。参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-国内旅行

Copyright© photowise , 2019 All Rights Reserved.