プラトゥーナム周辺

タイ

旅の最終日にやりたいこと in バンコク

投稿日:

2018年5月5日 タイ・バンコク

ワット・パクナムから、タクシーでプラトゥーナム近くにあるビック C(大型スーパーマーケット)へやってきました。

場所

Mission1: 旅の最終日にお土産を買う

ビック Cでは職場や友人へのバラまき用のお菓子を購入します。空港の免税店のお菓子は高いので、庶民派はスーパーです。コアラのマーチ

コアラのマーチとポッキーのマンゴー味です。封を開けた瞬間にマンゴーの香りが広がります。思ったよりも美味しくて職場でも大好評でした^^

コアラのマーチ

コアラのマーチ7packs 100B コスパ高いです

オリジナルパスポートカバーを作ろう

BIC Cの1Fで、オリジナルパスポートカバーのお店を発見!友人のインスタグラムで見かけて以来、ずっと気になっていました。

好きな色のカバーとパーツ1個+名入れで100B(約350円)※お買い物中に名入れしてくれます

パスポートカバーのお店

パーツはもちろん、名前部分を何色にするか...めちゃくちゃ悩みました。名前部分

完成したのがこちら。大好きなゾウのパーツもかわいくて非常に気に入っております!!パスポートカバー

Mission2: カオマンガイを食べる

ショッピングの後は、BIC Cから徒歩5分ほどの場所にあるカオマンガイのお店へ。ここプラトゥーナムには、有名なカオマンガイのお店が2つあり、店舗や制服のイメージカラーから、片方はピンクのカオマンガイ、もう片方はグリーンのカオマンガイと呼ばれています。

いつもはピンクのカオマンガイを食べることが多いのですが、今回はクワン・ヘン チキンライス(通称:グリーンのカオマンガイ)をチョイスしました。

蒸し&揚げ鶏のカオマンガイ 50B

グリーンのカオマンガイ

ガーリックたっぷりのソースをかけて食べると旨い!

N
ピンクのカオマンガイも美味しいですが、グリーンのカオマンガイは、蒸し&揚げ鶏のハーフ&ハーフが注文できるので欲張りな方にぴったりです

クワン・ヘン チキンライス

場所

その後はプラトゥーナムショッピングモールを少し冷やかしたり、スタバでコーヒーを飲んで休憩したりしました。

タイのスタバ

cold brewed coffee 130B

プラトゥーナム周辺

Mission3: センセーブ運河のボートに乗る

カオサンに戻るのに、プラトゥーナムから出ている運河ボートを利用することにしました。(運賃は12B)運河ボート

水しぶきを避けるためのビニールシートも健在です。このボートは庶民の生活の足として利用されていますが、アトラクション的な要素が強いところも好きです。

運河ボート

わずか10分で到着です。終点のPhanfa Bridgeで降りると、カオサンまでは徒歩15分ぐらいですね。

センセーブ運河

N
これでMissionクリア!残りの時間はカオサンでのんびり過ごすことにします

カオサンの思い出の地を歩きながら思ったこと

寺裏の宿へ戻る途中、以前泊まったことがある郵便局近くのNAT2やDonna Guest House付近に立ち寄りました。このあたりの宿はほとんど1泊200バーツ以下で泊まることができます。

NAT2

Donna Guest House

Donna Guest House入口

当時のまま何も変わっていない様子を見てホッとする一方、当時のままではない自分に気づいてハッとしたり。

カオサンは私にとって特別な場所なのかもしれません。世界一周に出る前、不安と期待を抱いてこのカオサンロードを歩いたことはずっと忘れないと思いますし、訪れるたびに今の自分を見直すきっかけを与えてくれる場所ですね。

カオサンロード

タクシーでドンムアン空港へ

帰りのフライトは深夜23時発。カオサンの宿を20時頃に出て、Grabタクシーでドンムアン空港へ向かいます。片道約1時間・400Bほどでした。本当はドンムアン空港行きのシャトルバスを予約するつもりだったのですが、カオサン発の最終便は夕方で終わってしまうとのこと。

Lamphu Houseの夜

Lamphu Houseのロビー

インドネシア人のDのフライトは翌朝なので、カオサンでお別れです。

Dは、チェンマイ1泊、バンコク2泊の弾丸スケジュールで今回私の旅に同行してくれたものの、体調不良の私をケアするのにほとんどの時間を費やしてくれました。大変感謝しております。今後はこのようなことがないよう、体調管理に留意し旅行に臨みたいと思います...(大反省)。

空港のラウンジで旅の余韻に浸る

空港に到着すると、エアアジアのカウンターは大行列でした。

エアアジアカウンター

恐れていたエアアジアカウンターでの荷物軽量も無事にクリアし、セキュリティエリア内のmiracle loungeへ。

miracle lounge

まさかのラウンジ内にトイレがないという残念な設計でしたが、奥にあるリクライニングチェアの席が非常に快適で、赤ワインを飲みながら旅の余韻に浸りました。MIRACLE LOUNGE

この後無事に帰りのフライトに搭乗し、翌朝9時には札幌に到着したのでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-タイ

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.