カオサンロード

タイ

バンコクの病院と思い出の地カオサンへ

更新日:

2018年5月4日 タイ・チェンマイ

チェンマイからバンコクへ移動する日です。フライトまで時間があったためチェンマイ観光をするべく、オンラインタクシーアプリ・Grabで旧市街へ向かいました。

 

10年ぶりのワット・チェディ・ルワンへ

旧市街のワット・チェディ・ルワンを見学しました。

ワット・チェディ・ルワン

もともとは高さ80mの仏塔でしたが、1545年の地震で一部が崩壊してしまったそうです。Grabドライバーの話によると、最近また嵐?で一部崩れたとのことでした。

N
10年前にチェンマイに来た時にも記念撮影しました。昔の思い出を辿る旅もいいものですね

本堂の内部も見学。

ワット・チェーディールワン

donationで金箔を貼りつけている人を見かけました。

金箔を貼る人

名前は不明ですが、敷地内にあるランナー様式の寺院。この形とデザインが凄く好きです。

ワット・チェーディールワンにあるお寺

涅槃像もあります。

涅槃像

バンコクのワットポーも好きですが、チェンマイの寺院のほうが観光客も少ないですし、のんびりしていて好きですね。

ワット・チェディ・ルワン

場所

 

朝食を食べに、Cooking Loveへ

その後は歩いて、ターペー門近くにあるレストランへ。昨日の夕方から何も食べていなかったのですが、まったく食欲が湧きません。

cooking love食欲旺盛なDに反して、私はなんとか注文したスムージーでさえも、数口しか飲むことができず...Love Cooking

とうとう、座席に横になってしまったのでした。

すると、店員さんが気遣ってジンジャーティーを持ってきてくれました。ジンジャーを大量に薄切りにしポットに入れ、シンプルにお湯を注いだもの。店員さんの優しさが心に沁みました。またチェンマイを訪れることがあれば、このお店をまた訪れようと思います。

場所

この後タクシーで再びホテルに戻り、バンコクに到着したらそのまま病院へ行こうと思いました。楽天プレミアムカード付帯の海外旅行保険の窓口へ国際電話をかけると、キャッシュレスの病院を紹介してくれました。

 

エアアジアでバンコクへ

Dも同じフライトを予約してくれていたので、一緒にバンコクへ向かいます。

チェンマイ空港のエアアジアカウンター

わずかな遅延はあったものの、無事に搭乗できました。フライトを待っている間はしんどくてずっと待合スペースで横になっていました。今回は日程が決まった旅なので、この日に移動しなければなりません。

バンコクへ

約1時間の空の旅です(飛行時間が短くて助かりました)エアアジア

 

ドンムアン空港からバムルンラード病院へ

空港からタクシーで、楽天プレミアムカードの保険で紹介してもらったbumrungrad international hospitalへ移動です。週末だったため車の渋滞にはまりましたが、16時半頃には病院に到着しました。

日本人専用窓口

なんとこの病院には、日本人患者専用窓口があります。受付嬢は皆タイ人ですが、日本に住んでいたのかな?と思うほど流暢な日本語を話します。

保険会社からキャッシュレス診療に必要な書類が届いていないため、自分で保険会社に連絡を取ってください
N
わかりました。電話、借りていいですか?
いいですけど、通信料はご負担ください
N
では、結構です...

再度保険会社に連絡をし30分ほど経ってからようやく準備ができ、日本人医師に診察してもらいました。

bumrungrad international hospital

裕福なタイ人か外国人しか来てなさそうな立派な病院でした

診察の結果ですが、37.5度の微熱もあり「感染症の疑いがある」とのこと。詳細を知りたいのであれば血液検査が必要と言われましたが、翌日の夜には帰国するため、そこまでの検査は不要と伝えました。

心当たりとしては、パーイのナイトマーケットで食べた串焼きソーセージか、ロティ。いずれも加熱してもらいましたが、きっと私の体では細菌に打ち勝つことができなかったのでしょう。簡素な解熱剤だけ処方してもらい、病院を後にしました。

短期旅行とはいえ、海外旅行保険があると心強いですね。今回も楽天プレミアムカードの保険デスクの方に大変お世話になりました。実は4年前にもバンコクで病院に行ってます...

 

思い出の地、カオサン。4年前に泊まった宿へ

病院からはタクシーで、バックパッカーの聖地カオサンへ。

Lamphu House

私が世界一周する前、カオサンエリアではじめて泊まった宿を事前に予約していました。カオサンのメインロードの脇にある寺裏と呼ばれるエリアにあり、夜も静かでおすすめです。

lamphu house

部屋は当時よりもグレードが高いAir-con Superior Twin Room(1泊830B=約2,800円)

lamphu houseバルコニーもついていて快適です。ホットシャワーの温度・水圧ともに最高です。lamphu houseのシャワー

カオサンの中では清潔で静かでおすすめの宿ですね。当時この宿を選んだ自分を褒めてあげたいです。※その時の記事はこちら

場所

寺裏エリアでおすすめのベトナムヌードル

あっさりしたものなら食べれるかも...と思い、寺裏エリアで入ったヌードル屋「クンデン クエイジャップ ユアン」

クンデン クエイジャップ ユアン

1杯45B(ポークのみ)

随分繁盛しているなあと思ったのですが、それもそのはず、 麺はタピオカ粉が入っているらしくモチモチで、スープもダシが出ててめちゃくちゃ美味しかったです。カオサンを訪れた際は、ぜひご賞味ください!

クンデン クエイジャップ ユアン

場所

カオサンに来ると、旅の初心を思い出します。無事に1日を終え就寝したのでした。

カオサンロード

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-タイ

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.