西アサヒ

国内旅行

名古屋の喫茶店を改装したゲストハウス「西アサヒ」に泊まった感想

更新日:

2018年3月3日 名古屋
名古屋駅から徒歩15分。円頓寺商店街にあるゲストハウスを紹介します。
円頓寺商店街

喫茶店を改装したゲストハウス「西アサヒ」

円頓寺商店街にある「西アサヒ」に1泊しました。西アサヒ外観こちらの前身は「西アサヒ」という老舗喫茶だったようなのですが、事情により2013年に閉店。その名物メニューであった「たまごサンド」の味を受け継ぎ、ゲストハウスとして2015年に改装オープンしたそうです。
西アサヒ1F電源も設置されていて、快適な喫茶空間です。

 

宿泊スペースの様子

受付でチェックインとお支払いを済ませ、2Fにあるゲスト専用スペースへ案内してもらいます。私が利用したのは男女混合ドミトリーで1泊3,000円+TAXでした。バスタオルは100円でレンタルしました。

共用スペース

共用スペースです。奥に貴重品を預けられるロッカーもありました。夜は浜松からお越しの男性と、札幌からやってきた女子大生2人組と少しお話したりしました。

キッチンや冷蔵庫もあり、お茶はフリーで飲めます。写真左手のカウンターの上には、スナックやカップ麺、水などが常備してあり、自由に購入できます。

お茶スペースなど

こちらが、宿泊したドミトリースペースです。カーテンで遮断すれば完全にプライベート空間ですね。ドミトリー

内部はこんな感じ。シーツ類もすでにセットされていました。電源も2口あり、タオルかけもついていて、なかなか気が利いた作りになっているのではないでしょうか。

ドミトリー内部

宿泊スペースには、ドミトリーのほか、4人まで対応の和室が1部屋あります。私が利用した日は、ファミリーが利用していました。1部屋13,000円+TAXということですので、とても良いと思います。

トイレは純和風。

純和風トイレ

シャワースペース、洗面台も清潔に保たれていて好印象でした。

洗面台

ヘアドライヤーは6:00-24:00までの使用のみ

シャワー

シャワールームは2つあり、着替えスペースも広くドアにしっかり鍵がかかるようになっているため、女性でも安心して利用できます。

 

ウェルカムドリンクと手羽先でひとやすみ

チェックインを済ませた後は、受付でいただいたウェルカムドリンク1杯無料券でビールをいただきました。

welcome drink

アルコールもOKなのが嬉しいですね。おつまみで将軍手羽先(600円)もいただきました。揚げた手羽先に、みそがトッピングされています。手が油まみれになることを承知で、勢い良くかぶりつきます。適度に疲れた体にアサヒビールが、心地よく染み渡ります。うまい!!

将軍手羽先とビール

↓名古屋について全く研究してこなかったため、喫茶ペースにあるガイドブックをお借りして少々読み込みました。

名古屋本

 

朝食は名物のたまごサンドをいただきました

翌朝は、西アサヒ名物のたまごサンドとコーヒーのセットをいただきました(宿泊者限定価格900円)。朝8時ぐらいに下に降りてみたのですが、誰もいなくてびっくりしました。名古屋では結構喫茶店でモーニングする人が多いと聞いていたので、てっきり近隣の方々で賑わっているのかと思ったのですが・・・宿泊者はおろか、お客さんは私一人しかいませんでした。日曜の朝は皆さん遅いのでしょうか?

朝ごはん朝食メニューには、自由にトーストやたまごなどがいただけるブッフェ(500円)というのもありました。

さて、待望のたまごサンドです。3個分のたまごを使用しているそうで、ボリュームたっぷり。味つけはかなり控えめで、マヨネーズで和えたシャキシャキしたきゅうりが、とてもよく合います。これはリピートしたい美味しさです。たまごサンド

コーヒーは独自のブレンド豆らしく、酸味がほどよくあって飲みやすいです。さらっと聞いて、コーヒーをおかわりさせてもらいました。(本当はダメだったのかもしれませんが)

コーヒーセット

西アサヒの総合評価

コスパ 
ロケーション 
名古屋駅・名古屋城まで徒歩で行けます。
おすすめ度      

コメント 全体的に清潔な印象です。ドミトリーでプライベート空間が保てるのは嬉しいものの、内部に熱気がこもりやすいのが難点。少々暑くて寝苦しかったです。喫茶スペースでモーニングも楽しむことができ、名古屋へのLCC旅で宿泊費を抑えたい方にオススメできるゲストハウスです。

場所

旅のこぼれ話

西アサヒに宿泊した日の夜、一念発起して伏見地下街の立ち飲み屋エリアに行ってみたのですが、グループ客が多かったため勇気が出ずひとりで入店することができませんでした。国内だとなんか恥ずかしくなっちゃうのは何故なんでしょうか。伏見地下街伏見地下街フォトジェニックスポット結局、円頓寺商店街の「凡才」というワインバーで一人飲みしました。名古屋のみそおでんと串カツ、小布施ワインの限定日本酒でせんべろしました。凡才のお兄さん、店先で声をかけてくれてありがとうございました。
せんべろ

次回名古屋に来た時、伏見地下街はぜひリベンジしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-国内旅行
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.