photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

プロボリンゴ鉄道駅

インドネシア

チェモロラワンからバニュワンギへの移動情報

更新日:

2018年1月1日 インドネシア・チェモロラワン

ブロモ山を満喫した私たちは、その日のうちにイジェン火山ツアーの拠点となるバニュワンギへと移動することにしました。

チェモロラワンからプロボリンゴの鉄道駅へ

宿から徒歩3分ほどのチェモロラワンのバス乗り場へ。行きと同じく、満員になり次第出発するシステムです。

busstop

残り2座席ぐらいだったので座って待っていようとしたら、Dがこんなことを言い出しました。

D
10分ぐらいあるから、昨日の食堂でご飯食べてこよう

絶対、他の人に席取られるよ!
soto ayam

結局、食堂に入りSoto Ayam(チキンスープ)を注文したのですが・・・食べ始めて1分ほどで、ミニバンからドライバーの声が!慌ててミニバンに戻ると、上に積み上げたはずの私たちの荷物が下に降ろされていました。

乗り遅れるところだったじゃん!

私たちの席はなんとか確保されましたが、前に座った欧米人が極限状態でした笑ぎゅうぎゅう

グネグネ道を走ること約1時間。プロボリンゴのバスターミナル近くに到着です。運賃は行きと同じく35,000ルピア(約290円)。さらにプロボリンゴの鉄道駅へ向かうため、大きな通り沿いでミニバンを捕まえ、乗ること約15分。※運賃5,000ルピア(約40円)

ミニバン

プロボリンゴの鉄道駅に到着です。

プロボリンゴ鉄道駅

プロボリンゴの鉄道駅で待ちぼうけ(3時間)

駅に到着したのは13時過ぎ。次のバニュワンギ行きの列車は15時台と16時台のものがあり、順に190,000ルピア(約1,600円)、94,000ルピア(約780円)でした。

私たちは迷わず16時発を選択。チケット選びにも、ついついバックパッカーの性が出てしまいます・・・。

 さて、駅隣にある食堂で休憩です。マンゴーとアボカドジュースを注文しました。

avocadoandmango

↓実はこれと同じものを頼みたかったのですが、うまく伝わらなく結局アボカドジュースとマンゴージュースが別々で出てきてしまいました。味もそれほど濃厚ではなく残念。

Dが隣の店(Bakso Sutoyo)からスープを注文してきてくれました。自由だな笑 魚の団子と厚揚げが入っており、現地人は辛いソースや甘めのケチャップなどを混ぜて食べていました。繁盛店だけあり、美味しかったです。bakso

bakso

プロボリンゴの駅のベンチには、なんと充電器がついていました。(wifiはなし)

充電ベンチ列車チケットは駅の窓口で購入→窓口横にある自動発券機でチケット控えのバーコードをスキャン→Boarding Pass発券、という流れでした。意外とハイテクですね。boardingpass

3時間待ち、ようやく16時20分頃発の列車に乗車します。

train

 

バニュワンギまでは4時間の列車の旅

エコノミーの指定席に乗りました。席はコンパートメント式で、向かいの人と膝が当たってしまうぐらい狭かったです。

充電ソケット付き

席には充電ソケットもついていました。列車内には、食堂車があるほか弁当やドリンクの販売もやってきます。コーヒーが飲みたくなり、たまらずカプチーノを注文。(12,000ルピア=約100円)

列車の様子

向かいの席のご婦人は、ジョグジャカルタからずっとこの列車に乗っていると言っていました。この時点でもう15時間は乗っていたのでは?

後ろの席が空いたので、途中からDとふたりで移動したのですが、Dのいびきが凄まじくなかなか眠れませんでした。 

21時頃、New Banyuwangi stationに到着です。バニュワンギ鉄道駅

駅を出たところにタクシーが数台待機していましたが、ボッタくりに遭いそうな雰囲気だったので、大通りまで出てミニバンで宿まで移動しました。

 

バニュワンギの宿情報 Permata Indah Hotel

Booking.comで予約しました。

permata indah hotel

イジェン火山のツアー情報

ひとり175,000ルピア(約1,500円)+外国人入場料金100,000ルピア(約830円)※2018年1月時点

宿のレセプションで申し込みできます。Dがオーナーと仲良くなり175,000ルピア→150,000ルピア(約1,240円)にディスカウントしてもらいました。宿への送迎、ガスマスクレンタル料も込みです。

早くバリ島でゆっくりしたかったので、当日深夜発のイジェン火山ツアーに申し込みました。0時15分に迎えの車が来るため、それまで隣接のレストランでご飯を食べ、シャワーを浴びてから1時間ほど仮眠することにしました。かなりの強行スケジュールですね!

 

宿泊した部屋

シングルルーム100,000ルピア(約830円)※ファン、シンクなし、朝食付き
single roomtoilet

宿の様子

この1階部分のシングルルームに泊まりました。夜は通りからの騒音で少しうるさかったです。裏手にドミトリー棟があり、そちらのほうが新しく静からしいです。

部屋はそこそこ清潔に保たれていますが、バックパッカー向けですね。特にシャワー&トイレはインドを彷彿とさせるつくりです。なお、シャワーからはこの時水しか出ませんでした。(デフォルトなのかは謎)

隣接のレストランがおすすめ

無料の朝食は、意外と豪華で驚きました。コーヒーor お茶もついてきます。レストランはメニューも安く美味しかったです。ナシゴレンが12,000ルピア。しかも夜遅くまで営業していました。
breakfast
restaurant

↓レストランで朝食と別途注文したポテトと豆腐チャンプルー

豆腐チャンプルー

オーナーさんは親切で、翌日バリ島行きのフェリー乗り場まで車で送ってくれました。

アクセス

New Banyuwangi stationを出て正面に進み大通りへ。右方向へ向かうミニバンをつかまえ、5分ほど。宿の隣にあるMirahホテル前で下車してすぐです。(運賃 5,000ルピア=約40円)

 

チェモロラワンからバニュワンギへの移動情報


所要時間は待機時間も含め約10時間、かかった移動費用は約1,200円ほどでした。旅行会社のブロモ&イジェンツアーに参加するのが断然ラクですが、気ままに移動旅を楽しみたい方は参考にしてみてください。

参考
スラバヤ空港からチェモロラワンへの移動情報はこちら

スラバヤ空港からチェモロラワンへの移動情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。2018年はインドネシア、ラオスorカンボジアあたりに行く予定。

おすすめ記事一覧

キリマンジャロ頂上 1

2016年新年一発目の挑戦として、4泊5日でキリマンジャロに登ってきました。 キリマンジャロは、アフリカで一番高い山。ル ...

2

2016年8月25日 東京・新宿 人生初の富士山に登ってきました! このページの目次1 7:30am 新宿センタービル南 ...

3

2016年3月26日 ネパール・ポカラ ネパールでやりたかったこと、それはヒマラヤトレッキング。   スポンサ ...

4

このページの目次1 スペイン巡礼中ってどんな感じ?2 巡礼中の1日の動き3 9月のポルトガルの道はぶどうの収穫シーズン! ...

5

2017年1月1日 明けましておめでとうございます。本年度もphotowiseをどうぞよろしくお願いいたします。 201 ...

-インドネシア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.