photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ケーブルカー

コロンビア

モンセラーテの丘からボゴタの街を一望してみた

2017/06/13

2015年4月3日 コロンビア・ボゴタ

前回の記事でも書きましたが、コロンビアでは3月末〜4月上旬にかけSemana Santaという聖週間があります。その時期は日本でいうゴールデンウィークみたいな大型連休で、ボゴタの旧市街に繰り出してみたら、案の定観光客でごったがえしていました。

ボゴタの教会

教会も参拝客でいっぱい

ボゴタの街は治安が悪いと聞いていたため、正直、旧市街に来るだけでもかなりビビっていましたが、聖週間のおかげなのか、旧市街は警備員は多めに配置されていたようです。(旧市街の入口で、警官に取り押さえられている若者3人組を目撃し、やはりビビる)

 

ケーブルカーでモンセラーテの丘へ

ボゴタの旧市街に泊まっている日本人の友人と待ち合わせ、モンセラーテの丘に登ってみることにしました。

ケーブルカー

行きはケーブルカーで。(片道5,000ペソ=約225円)

ケーブルカー内部

さすがSemana Santa。かなりの行列で、40分ぐらい待ってようやくケーブルカーに乗り込むことができました。(日本人が珍しいようで、行列で待っている間、かなり注目を浴びました)

モンセラーテの丘頂上

さて、モンセラーテの丘から見下ろすボゴタの街は・・・さすが都会です。

ボゴタの街を見下ろす

さてさて。モンセラーテの丘には、願いが叶う井戸があります。井戸を背にしてコインを投げ入れ、見事コインが井戸に入れば願いが叶うそうですが・・・・

願いが叶うスポット

結果は動画をご覧ください。

フレンドリーなコロンビア人

コロンビア人家族と仲良くなる

 

帰りは景色を楽しみながら徒歩で

帰りは、徒歩で降りてみることにしました。下り道なので余裕です!

モンセラーテの丘の帰り

下り道

途中、日本人ということで話しかけられたり、記念撮影を求められたりしました。こんなにコロンビアで日本人が人気だなんて思ってもみなかったです。

帰り道の露店で見かけ、目を疑ったのがこちらの食べ物。

チーズとゼリー

Queso Bocadilloと呼ばれるグアバをゼリー状にしたものに、チーズを載せた郷土菓子とのことです。

コロンビアでは朝食でチーズをココアに入れて食べたりもしますし、塩味+甘味の組み合わせがお気に入りみたいです。個人的にはこのゼリー+チーズはないかなと思いましたが・・・。

場所
モンセラーテの丘(頂上には教会があり、敬虔なキリスト教信者も多く訪れています)

 

*以上、2015年4月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1,000コロンビアペソ=約45円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-コロンビア
-,

N