マチュピチュ村からクスコへ

ペルー

マチュピチュからクスコに戻った日

更新日:

2015年3月2日 ペルー・アグアス・カリエンテス

ペルー・マチュピチュの記事の続きです。
朝のマチュピチュ村

マチュピチュ観光を終えた私たちは、再びクスコへ戻ることにしました。

インカレール

マチュピチュ村からは、多くの観光客が利用するインカレール(鉄道)ではなく・・・

スタンドバイミーコースです(笑)

スタンドバイミーagain

帰りはイタリア人とふたりではなく、ワイナピチュで一緒になった韓国人女子とアルゼンチン人と一緒に歩きました。

韓国人女子はドイツ留学中で、休暇で南米を訪れているらしく、スペイン語もドイツ語も英語も、片言の日本語も操ることができるようでした。アルゼンチン人やイタリア人ともスペイン語で会話できるなんて、超絶羨ましい・・・!!

線路の上で

鉄橋の上で

ワイナピチュの筋肉痛に悩まされながらも、水力発電所にはマチュピチュ村から2時間ほどで着きました。ミニバスのピックアップ予定時刻まで時間があったため、行きと同じように線路沿いの屋台で遅めのランチを食べました。(チキン&ライスで6ソル)

ランチ

合流地点に到着

実はこの時、行きよりもイタリア人と話す頻度が減っていました。

橋を渡る

どうやら、彼は体調が悪かったらしく不機嫌だった模様。私は必死に彼とコミュニケーションを取ろうとして、バスの中でちょっとした口論になり、さらに険悪な雰囲気になってしまったのでした。

 

イタリア人の言葉にショックを受けた夜

クスコの宿「Hostal Tupaq」に戻り、再び彼と部屋をシェアすることになりました。

クスコの宿

経済面を優先し、部屋をシェアするのは旅人同士ではよくあることですが、生活時間(寝る時間と起きる時間)が全く違う人と一緒に寝泊まりすると、結構キツいです。

何故毎朝早く起きる必要があるんだ?
N
私は朝早く起きたほうが体のリズムが取れる気がする。早朝は宿でネットがよく繋がりやすい時間帯だしね。日本でも早起きは三文の徳と言われているし、朝早く起きるのはいいことだよ。

こんな風にテキトーに答えると「科学的証拠があるのか?」と彼の顔はますます険しくなるばかり。ざっくりいうと、彼は自分の正当性を主張したがるちょっと面倒クサイ男だったのです(笑)

旅に出ても日本での生活習慣を引きずっているのか? 何故アジア人は先を急ぐ旅をするんだ?短期間で観光地を巡るだけの旅のどこが楽しい? 君は自由に旅ができていないよ!

彼の言葉にイラっとしつつも、私も欧米人旅行者のように時間を贅沢に使う旅の仕方に憧れていた部分もあり、彼の言葉はちょっとだけ胸に刺さりました。

 

Cruz del Surのバスに乗ってみた(クスコ→イカ)

クスコ・マチュピチュを満喫した私は、次の目的地であるワカチナを目指すことに決めました。(ワカチナは砂漠にあるオアシスで、イカ郊外にあります。)

クルスデルスル

18:00発 クスコ→イカ  165ソル=約6,400円(Cruz del Sur社のバス利用)

私は事前にネットでバスチケットを購入していましたが、クスコに残ると言っていたイタリア人も当日ギリギリになって一緒に来ることになりました。

▼Cruz del Sur社のバスの記事はこちら

車内ではフットレストがついた幅広のシートに、ブランケットと枕も配布されます。

ブランケット

個人専用モニターが備え付けられ、映画を楽しむことができます(ほとんど観ませんでしたが)。

専用モニター

そして、飛行機の機内食のような食事がついてきます!

クスルデルスルの食事

シートも150度ぐらいリクライニングでき、座り心地も最高で、ずっと乗っていられると思いました(実際16時間ぐらい乗っていたようですが・・・絶句)

クルスデルスルの朝食

イカへ
朝8時頃にイカの街に到着。ここからタクシーで、砂漠のオアシスの街ワカチナを目指します。続きはまた次回の記事で。

*以上、2015年3月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ペルー

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.