photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

クスコのバスターミナル

ペルー

プーノからクスコへ【クスコの宿・ツアー情報あり】

投稿日:

2015年2月26日 ペルー・プーノ

8:30am  プーノを出て、クスコへ向かう。

プーノのバスターミナル

クスコ行きのバス

プーノ→クスコ Tour Peru社のツーリストバスを利用(確か30ソルほど=約1,155円)※Tour Peruのサイト

朝ごはん

バスの中で朝ごはん


きになるトラック

プーノで見かけたおばさま方を大量に乗せたトラック(出稼ぎ?)

 

ツアーバスといっても、途中景色がよい場所で止まって休憩タイムがある程度のもの。ダイレクトでプーノとクスコ間をつなぐバスなので便利だと思う。(他の町を経由すると、到着時間がどうしても遅くなってしまうため)

撮影スポットで下車

途中下車した場所には土産物屋が(笑)。そして、ほったて小屋のようなトイレはかろうじて使用することができた。

約6時間後、クスコに到着!

クスコのバスターミナル

クスコからのバス

クスコからはリマ、イカ、ナスカ行きなどのバスが出ている

タクシーでクスコ中心部へ

クスコの標高は約3,400メートル。中心部までの移動は、無理せずタクシーを使うことにした。

バスターミナルでは、無数のタクシードライバーが声をかけてきたが、ひとりのおじちゃんの誘い文句に負け、その誘いに乗ってみることにした。シングルルームで1泊23ソル(約880円)、しかもツアーデスクでマチュピチュツアーも格安で手配してくれるというものだ。

 

クスコの宿情報

クスコのアルマス広場から徒歩5分ほどの場所にあるHostal Tupaqという宿に3泊した。

クスコの宿

hostal tupaq

私が泊まったシングルルームはこんな感じ。暖房がついておらず、夜はかなり冷え込んだ。ディスカウント交渉し3泊で70ソル。

シングルルーム

wifi ★★ 混雑時ではなければ普通に使える。

キッチン ★★ 従業員が入り浸っている(料理している)ことが多く使いにくい。

シャワー&トイレ ★★ ちょっとぬるめのシャワーが出る トイレは共用(数は多い)

共用スペース ★★ 2Fにあり(ただし寒い)

洗濯物干し場 ★★ 2F部分の手すりにかけておけば、あっという間に乾く(天気次第)

 

マチュピチュツアー情報

私はこの宿のツアーデスクでマチュピチュツアーに申し込んだ。

2泊3日のツアーで、400ソル(15,400円)※以下、料金に含まれているもの

・クスコ⇄水力発電所までの往復バス

・初日のランチ(水力発電所近く)

・マチュピチュ村での宿泊費(2泊)+初日の夕食+2回分の朝食

・マチュピチュ遺跡入場チケット&ワイナピチュ入山料

※マチュピチュ村からマチュピチュ遺跡までのバス代は別途片道12ドル(現地で支払い)

 

マチュピチュ村への行き方は列車を使う方法もあるが、大概高いらしい。バックパッカーに人気の水力発電所から線路沿いを3時間ほど歩き、マチュピチュ村へアクセスするスタンドバイミーコースに挑戦してみることにした。

ツアーに申し込まなくても、水力発電所までの往復バスだけバックパッカー宿等で手配してもらい、宿やマチュピチュ遺跡入場チケットのみ個人で手配すればもう少し割安にはなるかも?googleで検索すると、いろんなブログが出てくるはずなのでそちらを参考に。

マチュピチュ入場チケット

※マチュピチュは常に混んでいるので、スケジュールに余裕を持って旅の計画を立てた方がいい。マチュピチュ遺跡入場料+ワイナピチュ入山チケットのセットで当時152ソル(5,800円)だった。ワイナピチュはマチュピチュ遺跡に隣接した山で、1時間半ほどで登れるが、入場制限があり1日に400人しか入ることができない。

 

さて、次回はクスコ街歩きについて紹介します。

 

*以上、2015年2月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-ペルー
-

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.