アマゾンツアー1日目

ボリビア

【アマゾンツアー 1日目】未知のアマゾンの世界へ

更新日:

2015年1月29日 ボリビア・ルレナバケ

アマゾンツアー1日目

旅行会社の前に集合し、2泊3日のアマゾンツアーへ出発です。

▼ツアー申し込みの様子

アマゾンツアー出発の様子

各自の荷物はリュックがひとつぐらいで、大きなバックはルレナバケの宿に置いてきました。

食料

ツアーは食事込み。必要な食材はルレナバケから持って行くようです。

 

ルレナバケの空港で他メンバーを待ちぼうけ

出発かと思いきや、ミニバンは町外れにある空港へ。ここで他のメンバー(韓国人2人組)と合流するとのこと。

ルレナバケの空港

N
すごい・・・ ここ空港なんだ

待合室

この空港、ラパスからamazonasというセスナ機みたいな飛行機が着陸します。往復で1万5,000円ほどとか。ふたりがなかなか来ないため、向かいのカフェで近所の子どもと遊んだりしてました。

空港前のカフェ

無事2人と合流です。韓国人男女で、男性のほうはなんと日本語がベラベラ!昔日本に住んでいたそうです。彼はコロンビア旅行中に、夜行バスで睡眠強盗にあったそう。クロロホルムのようなものを嗅がされ意識を失い、目が覚めると病院だったという話でした。コロンビア怖い・・・

 

アマゾン支流まで悪路をひたすら進む

さて、総勢9名でアマゾン川支流を目指します。かなり悪路で、揺れと埃にひたすら耐える感じでした。

ダートコース

途中、家畜の大群とすれ違います。そしてアマゾン入境料をひとり150ボリ(2,550円)払い入境です。途中の町でランチを食べ、少し車を走らせるとボート乗り場に到着しました。

ボート乗り場

アマゾンツアー帰りの欧米人グループとすれ違ったのですが、ランニングを着ている男性の腕のあたりが、

蚊に刺された跡で、ボッコボコになっていました笑

アマゾンツアーは蚊に注意と聞いてはいたものの・・・これは退くレベルです。

 

ツアー中は、虫除けスプレーを日焼け止めのごとくこまめに吹きかけることにしました。(Deetっていう成分入りのめっちゃ強力なやつです。念には念を!)

虫除けスプレー

 

パンパスツアーのはじまり

ボートに乗り換え、この日の宿となる水上のコテージを目指します。

パンパスツアー

ボート上で気になったこと

・日光が意外と強い→帽子が必須

・蚊が寄ってくる→こまめに虫除けスプレーを吹きかけよう

・熱帯雨林地域なので暑い→虫除け・日焼け止め対策のため長袖を着たほうがベター

 

途中、動物がいるとガイドがボートのスピードを緩め、紹介してくれます。

↓アマゾンっぽい鳥

アマゾンっぽい鳥

↓ワニ

ワニ

なんと、このあたりではピンクイルカを見ることができるそうで・・・

ピンクイルカの軌跡

ガイドが一瞬「あっ!」と言った瞬間、すぐに姿を消してしまいました。このパンパスツアー、ボートに乗りあたりを見回すツアーですが、風を感じて非常に気持ち良かったです。

ボートからの景色

↓アマゾンのリスザル

リズザル

人懐っこくて、ボートを近づけると枝伝いに近づいてきました。

リズザルと戯れる

リズザルアップ

 

水上コテージは○○パニック?!

1〜2時間ほどボートで移動し、この日宿泊する水上コテージに到着しました。

水上コテージ

敷地内には小屋が点在しており、小屋同士は桟橋でつながっています。

 

桟橋の下をのぞくと・・・

ワニワニパニック

大量のワニが・・・・!

(これぞ、リアル・ワニワニパニック)

 

寝床は蚊帳付きのベットです。

蚊帳つきのドミ

シャワー・トイレ、洗い場もそれぞれ別棟にあります。

洗い場

すなわちトイレに行くにも、顔を洗うのにも、毎回桟橋を渡らなければなりません。

あ、食堂に行く時もです。

食堂のおばちゃん

あいつらに怯えながら。

ワニ2

N
いやーまじ恐怖。

 

夕日を見にサンセットポイントへ

夕方、ボートでサンセットポイントへ連れていってもらいました。

サンセットポイント

小屋にはハンモックが吊るされていて、大勢のバックパッカー客が集っています。

ハンモック

夕日待ち

夕日に期待できる!と思い待ってみましたが・・・

夕日?

この日は雲が多く、完全に不完全燃焼で終わってしまいました。

夕食は野菜たっぷりのパスタです。

パスタプレート

野菜たっぷりパスタ

栄養バランスも考えてくれていて、味もなかなかイケてました。食堂のおばちゃんナイス!

さて、翌日は一体何が見れるんでしょうか。

 

*以上、2015年1月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ボリ=約17円で計算)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ボリビア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.