photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

kiliclimbers

タンザニア

タンザニア・モシでサファリツアーに申し込む

2017/02/08

2015年12月29日 タンザニア・モシ

サファリツアーに申し込む

モシに到着した日の午後、キリマンジャロ登山のツアーでも有名なKili Climbersで、早速サファリツアーの申し込みをした。(場所は前回の記事のマイマップ参照)

kiliclimbers

ツアー料金は3泊4日で500USドル

 

ツアー日程はこんな感じ

1日目:タランギレ国立公園

2日目:ンゴロンゴロ保全地域

3日目:セレンゲティ国立公園

4日目:セレンゲティ国立公園→モシへ

(※私たちのプランはすべてテント泊。国立公園の入場料やジープでの移動費やガイド料、食事や宿泊用のテント&寝袋なども含む)

 

私がどうしても行きたかったのは、ンゴロンゴロ保全地域とセレンゲティ国立公園。2泊3日ぐらいがちょうど良かったのだが、2泊3日だとセレンゲティには行けないと言われ、3泊4日のツアーに参加することにした。

 

 

サファリのBIG5とは?

アフリカのサファリには、BIG5と呼ばれる動物がいる。

ライオン

ライオン

 

ヒョウ

ヒョウ

 

ゾウ

ゾウ

 

サイ

サイ

 

バッファロー

バッファロー

 

私たちは運良くサイ以外はすべて見る事ができた。

サファリでお目当ての動物が見られるかどうかは運次第なところもあるため、注意したい。

 

 

サファリの見どころと時期について

サファリツアーで有名なのは、マップの上から順に、ケニア・マサイマラ国立公園、セレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ保全地域だ。(私たちは一番下のタランギレ国立公園にも行った)

 

ツアーガイドによると、ヌーの大群は新鮮な草を求め、これらの国立公園間を時計回りに移動しているらしい。

migration

出典:http://www.fairtradesafaris.com/

 

ヌーが移動するとそれに伴いライオンやチーターなどの肉食動物も集まるため、動物と遭遇する時期も高くなるそうだ。

 

①ケニア・マサイマラ国立公園

乾季の7月・8月にヌーやシマウマの大移動がある。運がよければ、タンザニア・セレンゲティ国立公園との境目を流れるマラ川を命がけで渡る姿を見ることができるかも?

 

②セレンゲティ国立公園

少雨季の10月〜12月に、乾季にケニア側で行ったヌーやシマウマたちがセレンゲティ国立公園に戻ってくる。

 

③ンゴロンゴロ保全地域(世界遺産)

小乾季の2月〜3月はベビーラッシュにあたり、動物の赤ちゃんと遭遇できる可能性も!

 

④タランギレ国立公園

ゾウの大群が生息する国立公園として有名。

※シーズンは一年中、ただし圧倒的な数の動物が見られるのは乾季の6月〜9月

 

参考にしたサイト:サファリの気候とシーズン|MINNANO SAFARI

※4月・5月は雨季のため視界が悪いが、オフシーズンのためツアー料金は安くなる。

 

どの国でサファリを見るか、問題。

タンザニアとケニア。どちらでサファリツアーに参加したらよいのか頭を悩める人も多いと思う。

参考までに、同時期にケニアでサファリツアーに参加した旅仲間は、300ドルぐらいでサファリツアーに参加していた(ナイロビのNew Kenya Lodgeで申し込み)

∟ケニア|一期一会で世界を周る

↑↑ランキング参加中↑↑ いつも応援、クリックありがとうございます♩ 励みになります!! ジャンボ!(こんにちは) 今回は

12月末だと多くの動物達がタンザニア側に移動していると聞いたが、彼らはこの時期にケニア側でもサイ以外のBIG5を見れたようなので、やはり運次第らしい。

 

「ケニアもタンザニアもツアー料金が高い」という人や「BIG5は見れなくてもゾウといくつかの動物が見れれば満足」という人には、ボツワナのボートサファリもひとつの選択肢かと思う。日本円で3,000円ぐらいで3時間ほどで動物を見ることができるのだから、これほどコスパが高いツアーは他にはないだろう。

ボツワナでボートサファリに行ってみた

旅人の間でも有名な格安でサファリができるというボートツアー。チョベ国立公園の動物たちをボートから観察するというもので、ゾウ大国のボツワナでは是非体験してもらいたいアクティビティのひとつだ。 Chobe Safari ...

 

サファリのカメラ機材について

サファリで迫力ある動物の姿を撮影したいなら、望遠300mm以上は必須

私が持参したカメラはEOS6D(フルサイズ)+24-105mmだったため、遠くからチーターなどの動物を捉えるのには不十分だった。

サファリの場合、センサーはフルサイズよりもAPS-Cサイズのカメラのほうが使い勝手は良い。55-250mmレンズだと画角だと最大400mm相当で写すことができる。

 

携帯性を追求すると、性能の良いコンパクトズームカメラでもいいかもしれない。


サファリツアーの様子は次回の記事で紹介していきます。お楽しみに!!

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-タンザニア
-

N