旅が好きな人のための情報系写真ブログ

宿からキリマンジャロを望む

スポンサーリンク

タンザニア

タンザニア・モシの街歩き情報

更新日:

2015年12月29日 タンザニア・モシ

ナイロビから約24時間のバス移動を経て、やってきたのはタンザニアのモシという町。

私はモシという町が好きだ。メインのマーケットストリートを歩いていると、観光客目当ての商売人が「お土産どう?」とか「サファリ行った?キリマンジャロ登った?」と声をかけてきてうんざりすることもあるが、穏やかで優しく、親切な人が多い。

 

モシで泊まった宿 Kilimanjaro Backpacker Hostel

kilimanjaro backpackers

男女混合ドミトリー 1泊12,000シリング(約630円)/朝食付き

清潔で過ごしやすくコスパは最高。シャワーは水圧・温度ともに良かった。1階部分はレセプションに近い側の部屋だとwifiが繋がる。

 

朝食は屋上のテラスで。

kilimanjaro backpacker hostel

果物は日替わり

トースト、クレープ、ポテト、日替わりの果物、ジュースなど

宿からキリマンジャロを望む

天気がよければキリマンジャロを望むこともできる


この宿はダウンタウンの中心にあり、街歩きにもとても便利だった。

 

モシの飲食店情報

モシ滞在中は、宿の近くで食べることが多かった。

Taj Mahal

Kilimanjaro Backpackerから1ブロック北にあるお店。レストランの前には屋台が出て、鉄板で焼いたザンジバルピザや、揚げたてポテト、串焼きなどが提供される。安くて美味しい。(ただしお酒は提供していない)

ザンジバルピザ

ザンジバルピザ(ひき肉が入っている餃子のような感じ)1枚1,000シリング

串焼き肉

タンドリーチキン

 

Pamoja Cafe

ハンバーガーなどの軽食メニューを提供しているカフェ。(wifiあり)

到着初日にどうしてもビールが飲みたくて、ここでランチにした(笑)

タンザニアビール

SERENGETIビール(3,000シリング=約160円)

ベジタブルココナツカレー

ベジタブルココナツカレー(ただのお汁粉にしか見えない)3,000シリング

 

 

Haria Hotelの屋上レストラン

宿の斜め向かいにあるHaria Hoteに屋上にあるレストラン(wifiあり)

日中よくここでブログを書いたり、ランチを食べたりしていた。ちなみにモシの電気事情は良好とは言えず、日中でもよく停電がある。「wifiあり」といってもタイミングによってはwifiどころか、電気がつかえないこともある。(それでも営業するのだが)

hariahotel

サラダとチャパティ

サラダとチャパティ

その他

・モシの町にはゲームミートを食べることができるお店もある(バスターミナル近くに何店舗かある)私たちは4人でバッファローミートを食べたが、ジュースも合わせひとり6,000シリングほどだった。安い!(約300円)

 

モシでおすすめのお土産物屋さん

キリマンジャロ登山後に、ガイドに教えてもらった穴場店を紹介しよう。

ダウンタウン北西側にある「Kibo Tower」という商業施設の1Fに入っているBlue Zebra Art Studio(Souvenir Shop)だ。キリマンジャロTシャツは登山口だと10ドル前後だが、ここだと8ドル前後!!デザインも豊富で嬉しい。

タンザニアTシャツ

タンザニアTシャツ

タンザニアTシャツ。ここでは迷って結局買わなかったが、Kibo Towerを出た路地で、道端で販売していた人に声をかけられ12,000シリング(約630円)の破格で購入。

絵画コーナー

2Fはアートスペース。個性的な絵画が販売されている

タンザニア土産の皿

一目惚れしたサファリアニマル柄の小物入れ(1個4ドルぐらい)

このお店は品揃えも価格も良く、モシ滞在中には2回も通ってしまった。まとめ買いすれば、多少ディスカウント交渉も可能です。タンザニア雑貨はセンスが良いものが多く、選び甲斐がありました^^

 

おまけ:ATMでカードが吸い込まれる?!

モシでATMを利用する場合には注意してほしい。

ATMでキー操作が遅いとカードが機械に吸い込まれることがあるのだ(通称タイムアウトエラー)。

nbc

タウムアウトになると、こんなレシートが出てくる

私はキリマンジャロ登山のため、現地通貨を大量に引き出す必要があり、数回に分けお金を下ろしている最中だった。(発生したのはマーケットストリートのロータリー付近にあるNBC Bank ※下記マイマップ参照)カードが吸い込まれた日は週末で、銀行窓口は運悪くクローズしていた。

週明けにレシート持参のうえ銀行の窓口に行ってみると、自分と同じような目に遭ってカードを回収に来た人が何人も居て驚いた。銀行係員が奥から無造作に持ってきたカードの束を見ると、週末の間に吸い込まれたカードはざっと30枚ほど!パスポートを見せ本人確認を取ればカードは回収できるが、週末にATMからお金を引き出す時には注意してほしい。

※ちなみにNBC BankはATM手数料が高く一回につき11,000シリングもかかる(約600円!)が、ロータリーの向かい側にあるCBA BankであればATM手数料はかからなかった。(ただし利用できるカードはVisaのみ)

 

モシの街歩きマップ

この記事で紹介した場所を載せています。モシ滞在時の参考になれば^^

 

さて、次回はサファリツアー申し込みについて書きます。

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1000タンザニアシリング=約53円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

スポンサーリンク

-タンザニア
-

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.