タランギレ国立公園

タンザニア

タランギレ国立公園はゾウの楽園だった

更新日:

2015年12月30日 タンザニア・モシ

サファリツアー1日目。朝5時頃に宿に迎えにきたジープに乗って出発です。

アルーシャ郊外のキャンプサイトに到着

モシから約1時間半ほどで、キャンプサイトに到着しました。まずはここで朝ごはんです。1日目の朝食

1日目のキャンプサイト

サファリツアーの運営方法は見事で、ここで他のツアー会社で申し込んだ客と合流するようになっていました。(日替わりでドライバーやメンバーも入れ替わることも)

 

初日のメンバーは、このような顔ぶれ

・ロシア人の男女二人組

・ドイツ人バックパッカーのパトリック

そしてけんちゃんと私だ。

 

タランギレ国立公園で、動物たちと遭遇

本日の目的地「タランギレ国立公園」にやってきました。

ライオン

サバンナのなかを悠々と歩くライオン

ツアー中は天井が開くタイプのジープで移動します。ドライバーは双眼鏡や無線を使い、国立公園内を移動する動物の動きを把握しているようです。広大な国立公園内で動物に巡り会えるかどうかは、ドライバーのスキルに委ねられる部分が大きいのですね。

ツアー中のジープ

N
ゾウの親子を発見!!

ゾウの親子

初めて見る野生のゾウに興奮していると、ドライバーが「タランギレ国立公園ではゾウはどこにでもいるよ」と教えてくれました。ここで、ゾウのハードルがぐっと下がります笑

ゾウの群れ

おしりを掻くゾウ

木でおしりを掻くゾウ

ゾウの水浴びシーンにも遭遇しました。ゾウの動きはゆったりしていますが、川に体を沈める姿を見ると、やはりワイルドだなと思いました。

川で水浴びするゾウ

「近くにチーターがいるらしい!」

ドライバーが無線で情報をキャッチし急いで車で駆けつけると、すでにジープで大混雑していました。

チーターに群がるジープ

チーター発見

あ、あれか〜

って遠っ!!笑

(こういう時に、バズーカみたいな望遠レンズがあれば・・・)

 

思ったように写真が撮れずショボーンとしていたら、キリンがどうしたの?って顔で見つめてきました^^;

キリン

キリン

キリンの歩き方は、まるでモデルのように優雅でしたね。

 

ランチ休憩はピクニックサイトで

国立公園内にはピクニックサイトがあり、ツアー客はだいたいそこで持参のランチボックスを食べます。

ヒヒ

ピクニックサイトに居たヒヒ

1日目のランチボックス

フライドチキン、揚げパン、蒸したイモ等

簡素なランチボックスですが、毎日ちょっとづつメニューが変わるようです。気を抜くとヒヒたちに食料を狙われるので要注意。

ヒヒの親子

 

1日を終えて・・・

夕方アルーシャ郊外のキャンプサイトに戻ってきました。あっという間の1日でした。

ポップコーン&ティー

到着後ティータイムを楽しんでいる間に、スタッフがテントも全部セットしてくれていました。

1stキャンプサイト

テント内に寝袋

テント内部

夕飯はツアー参加者でテーブルを囲み、和気あいあいといただきます。だいたいが短期旅行者だが、ドイツ人のパトリックはバックパッカーで南米の国はほとんど廻ったと言っていました。

1st dinner

昼間のツアーには居なかった日本人夫婦もここで合流。年末に休暇を取りハネムーンでやってきたそうです^^

ビールも調達

ビールはキャンプサイト向かいのバーで購入(3,000シリング)

このキャンプサイトには水シャワーもあり(蚊がすごい)、少なくとも日中の汗は流し快適に過ごすことができました。翌日は楽しみにしていたンゴロンゴロ保全地域です。

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1,000タンザニアシリング=約53円で計算)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-タンザニア
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.