photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ジンカのカフェ

エチオピア

エチオピアでスマホの盗難に遭い賄賂まで要求された話

更新日:

2015年12月20日 エチオピア・ジンカ

ムルシ族のツアーがトラブルもなく終わり、ジンカの町に戻ってきた。日本人グループと別れ、けんちゃんとふたりでジンカの町を散策することに。

 

世界一周の旅ではじめての盗難に遭う

一年近く旅をしてきたが、盗難に遭うのははじめてだった。

この時もスマホでジンカの町の風景を撮りながら、のん気に歩いていたのだ。どこからともなく子どもたちが寄ってきて私たちにぴったりと着いてきたが、ジンカの子どもガイド・アベと仲良くなっていた私は、他の子にも多少気を許しており、子どもたちを追い払ったりもしようともしなかった。

ジンカのマーケット

写真の奥の商店で、買い物をした。その時、私はパタゴニアのショルダーバックを体の前で斜めがけしており、少額のお札しか入れていない財布をバックから取り出したのを覚えている。

 

買い物を終え、宿の近くまで戻ってきた時にアベと会った。

翌日ジンカを出る予定だった私は、最後にアベと記念撮影でもしようと思い、バックに手を伸ばし、スマホを探したのだが・・・

 

ん??

 

スマホがない。

 

その時、世界一周ではじめての盗難に遭ったことを悟った。

スマホはポルトガルで購入したSIMフリーのサムソンのもので120ユーロほど。被害額としてはたいしたことはないが、スマホにはMaps.Meなどのオフラインマップアプリが入っており、正直スマホがないと旅はかなりキツい。(けんちゃんとふたり旅だったのが不幸中の幸いだった)

念のため来た道を戻り、商店周辺にもスマホが落ちていないか確認してみたが(聞いたところで彼らが正直に答えてくれるはずがないが)、やはり見つからなかった。

 

「警察に行って(盗難用の)ポリスレポートをもらおう。」

私は海外旅行保険に入っており、盗難に遭ってもポリスレポートがあればたいてい補償される。いったんどこかの国で新しいスマホを購入し、帰国後にでも盗難分の保険申請をすればいいのだ。

一度パスポートを取りに宿へ戻ると、Family Pensionの主人が「子どもたちが君のことを探していたよ」と言ってきた。この小さな町では噂が伝播するのが恐ろしく早いようで、少し怖くなった。

 

警察署に向かう途中、子どもたちが走ってきて私にこう告げた。

「僕は犯人を知っているよ。そこまで案内してあげる」

 

 

子どもを信じ、ついて行ってみると・・・

疑い半分、信じたい気持ち半分ぐらいで、私は子どもについていくことにした。

スマホ自体は保険で補償されるが、私はスマホで撮りためたエチオピアの町のスナップ写真を失うのが惜しかった。スマホ内の写真はwifi接続時にクラウドで自動バックアップされるよう設定してあったが、エチオピアに入ってからはwifiが不安定で、ほとんどバックアップされていない状況だったのだ・・・。

 

犯人の家は、ジンカのメインストリートから郊外に向かった山中にあるらしい。途中から、何故か子どもの横に男性がひとりぴったりとついてきた。けんちゃんも一緒に付いてきてくれたが終始険しい顔をして、時折「絶対こいつら何か企んでる」とこぼしていた。

 

少し傾斜のあるジンカのメインストリートから、舗装されていない道に入った時、子どもの横にいる男性がこう切り出してきた。

「犯人の家にタダでは連れて行くことはできない。チップをよこせ」

 

相場がさっぱりわからず、逆にいくらなんだ?とメモとペンを取り出し、書いてもらうと

その額、5000ブル(約27,500円)!

 

ちーん

 

ス、スマホの購入金額よりも高いやん。

この子どもと大人がグルになって、ただ弱みに付け込みお金を巻き上げようとしているだけだと悟った私は「もういいよ、ばいばい」と彼らを残し、警察署へ直行することにしたのだった。

 

なかなか動いてくれない警察と、驚愕のポリスレポート!

警察官はなんとか英語を話せる人で、事の経緯を話すと「夜19時に来い。その時までにポリスレポートを用意しておく」と言ってくれた。

 

おっ、なかなか仕事はやい!と感心したのもつかの間・・・

その日の夜ふたたび警察署を訪れると、別の警察官が「捜査が難航している。犯人の家はつきとめたが、両親が失踪し警察が探している最中だ」と言ってきた。

 

いやいや、捜査とか必要ないし!

翌日ジンカを出るからポリスレポートだけ早急に発行して欲しい旨をあらためて伝え、その日は渋々帰宅。

 

 

翌朝8時・・・

あまり期待せずに警察署へ行ってみると、やはりまだポリスレポートは作成されていなかった。ただ昨晩のうちに犯人の両親は拘束され、留置所にいるとのことだ。もはやどうでもいいが・・・。

どうしてもこの日中にジンカの町を出たかったため、英語が話せる警察官をつかまえ

「10時発のバスチケット買ってあるから、9時までに絶対ポリスレポート用意してね!!」と強めに言った。(※バスチケットは実際まだ取っていない)

 

その直後、取り調べ室のようなところに呼ばれ、その場でポリスレポートを発行してもらうことができた。(※エチオピアの警察にちゃんと働いてもらうには急かさないとダメみたいです)

エチオピアのポリスレポート

ぜ、全然読めない(笑)

しかも事故発生日が2008年!!

この国にはエチオピア暦というものがあって、西暦とはまた違うカレンダーが存在するのだ。帰国後に保険会社に書類を提出する時も念のため「エチオピア暦で発行されてます」とメモ書きをつけたけど、問題なく全額補償されました。盗難はこれが最初で最後だったな〜。

 

帰り際ムルシ族ツアーでお世話になったガイド・ソロモンと道端でばったり会い、事の全貌を話すと「万一、何か情報が入ったら連絡するよ」とメールアドレスまで教えてくれた。結局メール送った後に連絡はなかったけど、ソロモンはめっちゃいい奴だった。

ジンカのガイド・ソロモンと

そんなわけで初盗難がエチオピア、しかも賄賂まで要求されるというなかなか貴重な思い出ができました。ブログネタとしてはおいしいからいいか。

 

ジンカからコンソへ!

宿で荷物をピックアップし、バスターミナルへ。バスは乗客が集まり次第発車するシステムらしく、かなり待たされたが、バスターミナル内のティースタンドで地元女性と記念撮影したりと楽しく過ごした。

ジンカのバスターミナルで

ジンカのバスターミナル

ジンカ→コンソ バス運賃90ブル+10ブル(荷物代として)※大きな荷物はすべてバスの上の荷台に載せるシステム

ちなみにこのあたりの路線、観光客へのぼったくり料金もあるようなのでご注意を。私たちはバスターミナルで地元の人に聞きバス運賃の相場も知っていたため問題なかったが、同じバスに乗ってきた欧米人は私たちよりもかなり多く支払ったようだった。座席のシートはダニ被害もよく聞くため、座席にはビニールシートを敷いて乗車するのがおすすめ。

 

さて、次はエチオピアからケニアへの国境超えのため、コンソという町へ向かいます。

ネタが尽きないエチオピア編。次は何が起こるのかお楽しみに!

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ブル=約5.5円で計算)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-エチオピア
-

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.