photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

コンソでビール

エチオピア

国境越えの前に、肉とビールで景気づけ in コンソ

2015年12月21日 エチオピア・コンソ

ジンカからバスで約5時間かけ、コンソの町へ。到着するとすでに夕方になっていた。

 

コンソのお宿 KG Family Pension

目星をつけていたFaro Family Pensionはあいにく満室だったため、系列店のKG Family Pension(確かすぐ隣のあたりだったと思う)で1泊することに。

バスターミナルがすぐ向かいにあり、翌日は早朝5時にケニアとの国境の町モヤレ行きのバスに乗るため、立地もよい。

KG Family Pension

部屋は一室100ブル(約550円)

KG Family Pension外観

部屋の鍵は南京錠式 トイレ&シャワーは共用

KG Family Pension看板

写真の左手側にバスターミナル、看板の手前には水やお菓子が買える商店もあるため、特に不便を感じることもない。

ちなみにコンソには銀行があったが、ATMがなく窓口でドルなどの現金での両替が必要だった。営業時間に注意しよう。(ジンカにはATMがある)

 

国境越えの前に、肉とビールで景気づけ

銀行で両替を終えた後、けんちゃんと景気付けに肉を食べに行くことに。コンソの次の町モヤレからは、世界一過酷と言われる国境越え(バス移動)が控えているのだ。

コンソでビール

うぉぉぉぉ エチオピアで生ビールにありつけるとは・・・!!!

コンソで肉

ティブスと呼ばれるヤギの肉とインジェラおよびパン。サイズ感がわからずハーフサイズを2個オーダーしたが、1個で十分だった。エチオピア南部に来て以来、ひさびさにスタミナがつく食事をとることができたような気がする。

ビール1杯+ティブスハーフサイズ1個で92ブル(約500円)

 

この素敵なビアレストランの場所はこちら

Konso Edget Hotelの敷地内

コンソ

 

食後、コンソの町をぶらぶら

コンソの街並み

道端で卓球をしている男性を発見!

コンソの町並み4

お茶屋さんでコーヒーの豆を炒る女性(エチオピアはコーヒー文化が根付いていて嬉しい)

コンソの町並み2

カメラを向けると照れるエチオピアの少女

コンソの町並み3

日が沈んでいくコンソの町を眺めながら、エチオピア南部での日々を思い出していた。

世界でもダントツにインフラが整っておらず、食べ物のバリエーションのなさにうんざりし、ローカルガイドに騙されたり盗難に遭ったりと、貴重な体験をすることができた。少なくともブログネタを提供してくれてありがとうと心からお礼を言いたい(笑)

 

さて、翌日は国境の町モヤレまでバス移動!
モヤレの町がとんでもないことになっていた話は、また次回のブログで。

 

旅行ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-エチオピア
-

N