photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ムルシ族の少年たち

エチオピア

ムルシ族をモデル撮影してきた

2015年12月19日 エチオピア・ジンカ

この日は日本人グループと一緒に、ムルシ族ツアーへ。

朝の6時に集合し、ミニバスで1時間半ほどかけ山奥のムルシ族の村に到着!

ムルシ族の村

 

モデル撮影会のはじまりです

ここまでのブログ記事を読んでくれた方ならお気づきかもしれないが、エチオピア南部の民族はタダでは撮影させてくれない。彼らはビジネスとして割り切っており、撮影料も大人1人につき10ブル、子どもなら5ブルなどと相場が決まっていた。(1ブル=5.5円  *2015年12月時点)

ムルシ族1

朝食の準備をするムルシ族

 

「撮影前には必ず僕に声をかけて」とガイドのソロモンが言った。

ムルシ族は気性が荒いらしく、撮影金額の交渉でモメることもあるらしい。この時はソロモンが間に入り交渉から撮影までスムーズに案内してくれたおかげで、私たちは何の苦労もなく快適に撮影することができた。ちなみに好みのムルシ族に声をかけ、一人のみとか、何人かセットで撮影したい等要望を伝えることも可能だ。

 

エントリーNo.1  少年たち

ムルシ族の少年たち

動物のツノのイヤリングと、右端の子の個性的なボディペイントがうまい具合にマッチしている。

 

エントリーNo.2  子連れムルシ族

ムルシ族グループ

子連れ女性たち。個性的なかぶり物と唇にはめたムルシ族の皿が目を引く。ちなみに一番右にいる女性が持っているお皿は1枚60ブルぐらいで売っていて、お土産用に買っている人もいた。

 

エントリーNo.3 トップモデル風ムルシ族

モデル立ちのムルシ族

立ち方もサマになっている。ムルシ族のスーパーモデルといったところか。お皿と顔のペイント柄を合わせてありセンスを感じる!(ただし乳房は垂れている)

 

エントリーNo.4  少年たち2(ボディペイントアートに注目)

ムルシ族ボディペイント

ボディペイントに、現代的なアートセンスと可能性を感じた・・・。

 

エントリーNo.5  ムルシ族の貴公子?!

ムルシ族の少年

憂いを含んだ表情、佇まいがまるでムルシ族のプリンス。よっ!

 

エントリーNo.6  ムルシ族ファミリー(全体的に濃いめ)

ムルシ族劇団四季

集合撮影用になんとなくピックアップしてみたが、ちょっとくどくなった(笑)。特に左から二番目の男性は途中から劇団四季にしか見えない事態に。

ムルシ族と記念撮影

一緒に行ったメンバーで記念撮影

 

 

ムルシ族を撮影するコツ&注意点

事前情報では、モデル1人あるいは1グループに対し、1回分の撮影料(10ブル)で1カットしか撮影できないと聞いていたが、撮影前にちゃんと交渉すれば、複数カット撮らせてくれたり、ムルシ族と一緒に記念撮影することもできる。

最初はムルシ族はどれだけ凶暴なのかとハラハラしていたけれど、途中「私も撮って!!」と手を強めに掴まれたりしたぐらいで済んだ。きちんと撮影料を渡し、撮影前の交渉(何パターン撮影できるかなどの確認)をしておけば、何のトラブルもないだろう。

若い女性と

ムルシ族の若い女性と

 

ちなみに5人で参加したこのツアー料金はひとり760ブル(約4,180円)

※ムルシ族へのチップ、護衛用の警察へのチップ、ガイド料、ムルシ国立公園への入場料、ミニバス代なども含む。その他撮影料として私の場合は100ブルほど使った(小さなお札を用意していこう)。村での滞在時間は約1時間ちょっとだが、伝統的な装飾やペイントに身を包んだムルシ族を見ることができ、大満足のツアーだった。

ガイドのソロモンはエチオピア南部にしてはかなりしっかりとしていて、ムルシ族の扱いも手慣れており、金銭面でのトラブルは一切なし。強いて言えば朝30分ぐらい遅刻してきたが、私たちのために朝ごはん用のパンまで買ってくれたりと気遣いもできる素晴らしいガイドだった。

ムルシ族の村

 

午後にはジンカへ戻り、町を散策することに。

そこで新たな悲劇が待ち受けていようとは、この時は予想もしていなかった・・・。

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ブル=約5.5円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

 

キーワードで検索する

-エチオピア
-, ,

N