photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

setihotel

エチオピア

アディスアベバ→メケレへ約13時間の移動【ダナキルツアー&宿情報あり】

2015年12月9日 エチオピア・アディスアベバ

アディスアベバで2泊した後、ダナキルツアーに参加するため、エチオピア北部にあるメケレの町へ向かった。

世界一過酷と言われるダナキルツアー。

3泊4日の行程で、溶岩の火口までトレッキングをしたり、奇景と呼ばれる火山や塩の採掘場を訪れるもので、メケレの町がツアー発着の拠点となっている。

 

まずはアディスアベバからメケレへ13時間かけ移動

エチオピア南部へ向かうショーンとまりちゃんと別れ、メケレを目指す。エリックはそれほどダナキルに興味はなかったものの、北部のラリベラというエチオピア教会の遺跡を見るらしくメケレまで一緒に行くことになった。

 

バスの出発は朝4時半。メケレまでの所要時間は公式だと約11時間だが、正式には13時間ほどかかると見るのが賢明だろう。

 

エチオピアでは夜間にバスを運行させてはいけないというルールがあり、長距離バスも大概早朝に出発し、夜までに到着するようにスケジュールされている。

 

アディスアベバからメケレへ向かう道は、この世界一周の旅TOP5には入るであろう悪路で、ヘアピンカーブが多く高低差がある山々を越えていくような道だ。車内では乗車時にエチケット袋が配られ、車酔いしたエチオピア人がこぞってリバースし始めるので、もらいゲロに注意しよう(笑)

途中は食事休憩が1回、その他のトイレタイムが数回あり。食事はインジェラとの二択だったので、パスタと食後にエチオピアコーヒーを飲んだ。トイレタイムは青空トイレなので、茂みをうまく見つけさっと済ませるべし!

N@Sapporo on Twitter

トイレ行きたいけど、茂みがないから我慢するなり。

 

車内ではエチオピア音楽のPVが延々と流れていた。

Ethiopia - Mesfin Bekele - Aseresh Mechiw - New Ethiopian Music 2015

Subscribe now: Mesfin Bekele - Aseresh Mechiw - New Ethiopian Music 2015 © Copyright: Ethio One Love Any unauthorized use, copying or distribution is strictly prohibited. Like us on Facebook:https://www.facebook.com/Ethio1love

 

エチオピア音楽はどことなくインド音楽に似ているが、時々雄叫びみたいな効果音が入る。胸を前後させるような動きのダンスがアフリカっぽい。PVのクオリティも作品によってまちまちで、たまにすごく低予算で作ったPVもありツッコミどころ満載だ。

 

約13時間後、メケレの町に到着。

 

 

3泊4日のダナキルツアーに申し込む

荷物を抱えたまま、まず向かったのはエチオトラベル社(ETT)。

外は暗く、営業終了間際だったせいなのか、デスクの女性は全くやる気がなかった。出発の3泊4日のツアー料金は最初は600ドルだったが、イランのシーラーズで出会った中国人カップルに350ドルで参加できたと聞いていたので、交渉するとあっさり350ドルまで値下げしてくれた。

ちなみにダナキルツアーで知り合った日本人は「近くにあるドイツ人の旅行会社では300ドルだったよ」と言い底値の300ドルで申し込んできたらしい。(※2015年12月時点での情報です)

 

3泊4日のダナキルツアーの詳細はこちら

Danakil - 4 days

Day 1 Mekele - Hamede Ela Drive to Hamedela via Berhale. The Danakil Depression can be said to 'begin' here. It is one of the most inhospitable regions of the world, but is nonetheless spectacular, full of eye-catching colors, as in the sulphur springs.

 

ツアーは参加日により順序が変わるようで、私たちの場合はこんな日程だった。

Day1  メケレ→Dodom→エルタ・アレ火山(キャンプ泊)

Day2  エルタ・アレ火山→Abaala Village(民泊)

Day3  Abaala→Salt Lake→Hamed ela(Army Campの近くで青空ベット泊)

Day4  ダロール火山→メケレへ戻る

 

ツアー費用に含まれるもの

  • 移動費(ランドクルーザー)
  • 英語ガイド&ローカルガイド料、警備スタッフ
  • 各施設への入場料
  • ボトルの水(1.2Lのものを1日1〜2ボトル)
  • 1日3回の食事とコック

 

自分で用意するもの

  • 懐中電灯
  • トレッキングシューズ(エルタ・アレ火山&ダロール火山では必須)
  • 日焼け止め・サングラス
  • トイレットペーパー(ツアー中はお風呂に入れない。民泊する夜だけバケツで水浴びできる程度なので、ウェットティッシュ持参がオススメ!)

△水着(ダロール火山の一部に入浴できるスポットがあり。誰も入っていなかったが・・・)△応急セット(あれば便利)

 

気づくと、全くダナキルに興味がないはずだったエリックもなぜか一緒にツアーに申し込んでいた。翌日から、念願のダナキルツアーへ行ってきまーす。

 

 

メケレの宿情報

Atse Yohnnes Hotel(ヨハネスホテル)

エチオトラベルでツアーに申し込むと、同じビルの上に入居しているヨハネスホテルが割引になり以下料金で泊まることができる。ツインで一部屋500ブル(2,750円)ホットシャワー・朝食付き

ビジネスホテルみたいなつくりで、私たちが泊まった部屋にはテレビもついていた。(が、チャンネルのチューニングがうまくされておらず番組を見ることはできなかったが・・・)wifiは微弱でほとんど繋がらなかった。(写真なくてごめんなさい)

 

 

Seti Hotel(セティホテル)

シングル1泊100ブル(約550円・共同シャワー&トイレ)

setihotel

私が泊まった部屋は南京虫被害はなかったものの、薄暗くじめじめしていて私はあまり好きではなかった。ダナキルツアー後に1泊したが、ここは共同シャワーは水が出ない日もあるようなので、ダナキルツアー前後に泊まるのは賭けだと思う。ツアーも含めると下手すると6日ほどシャワーを浴びることができないかもしれないからだ。恐ろしや。なお、Seti Hotelもwifiは期待できない。

メケレ

 

食事はエチオトラベルの人がオススメしてくれたBelle Vue Cafeに2回ほど通った。スープ+魚のフライを食べて80ブル(約440円)。

ツアーの後にここで偶然声をかけた日本人が、同じく世界一周中だった女会計士のゆかさんNonta&Cantaさんだった。これぞ、旅人引き寄せの法則?

 

 

アディスアベバ⇆メケレへの移動情報

アディスアベバ→メケレへのバスチケット

タイトゥーホテルの敷地内にあるskybus社で前日に購入。(片道460ブル=約2,530円)

バスは朝4時半にメスカルスクエアから出発。朝4時にタイトゥーホテル前で待機しているタクシーをつかまえ向かった。(1台180ブル=約1,000円。所要時間15分ぐらい)タイトゥーホテルに泊まっていた他の旅行者と4人でシェアできたので割安だった。ちなみにアディスアベタからのバス(skybus)はメケレのSerum Bus社の前に到着する。

 

メケレ→アディスアベバへのバスチケット

帰りはSerum Bus社を利用。メケレ→アディスアベバ行きのバスはSeti Hote横のSerum Bus前から出発する。チケットはダナキルツアーから戻った日にSerum Bus社にて購入(同じく片道460ブル)。いずれにしてもこの路線はすぐ満席になってしまうため、チケットは早めに購入するのがいいだろう。

 

 

メケレのマップ&治安情報

本記事で紹介したホテルやツアー会社の場所はこちらで確認ください。

 

メケレはwifiは絶望的だと思っていたが、wifiがそこそこつながるLKペンションという宿もあるらしい。wifi命の方は女忍者さんアヤレミさんのブログを参考に。

 

メケレの治安はアディスアベバに比べるとそれほど悪くないが、朝早くにひとりでメケレのローカルバスターミナルに向かった欧米人女性が強盗に遭ったという話も聞いたので、一人歩きには十分注意して欲しい。

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ブル=約5.5円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-エチオピア
-, ,

N