photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ダロール火山

エチオピア

【ダナキルツアー最終日】ナメック星へ行ってきました

投稿日:

2015年12月13日 エチオピア・Hamede Ela

ダナキルツアー最終日。

この日は、ツアーのハイライトのひとつであるダロール火山へ。今考えると、エルタ・アレ火山のトレッキングを初日に持ってきて、最終日はダロール火山で締めくくるというのはなかなかいいスケジュールだった。

Hamede Ela1

荷物を詰め込み出発

Hamede Ela2

Hamede Elaのメインロード

 

 

途中、塩のキャラバンと朝日とのコラボレーションに遭遇!

キャラバンと朝日

 

 

ダロール火山へ

ダロール火山に到着。

危険なスポットもあるようで、必ずツアーガイドの後ろを歩くよう指示された。(トレッキングシューズ着用も必須)

ダロール火山の入口

 

ダナキルツアー中には必ず警備の兵士がつく。以前、ダナキルツアー中に欧米人がエリトリア人に殺害される事件が起こったそうで、それ以来警備には力を入れているらしい。

警備の人1

隆起した岩

ダロール火山は、高さ約50m程度の溶岩台地の山で、玄武岩質のマグマが地中に侵入したことにより形成されている。最後の爆発は1926年で、その時に直径約30mのクレーターができたそうだ。

キノコ岩

キノコ岩

 

これがダロール火山の光景。月並みな例えで恐縮だが、ナメック星という例えが一番しっくりくる。

すごい色

地層に含まれる塩、硫黄、カリウムなどの鉱物などが地熱によって水蒸気として噴出し、再び地上で冷やされ液化することにより、この奇妙な色合いが作り出されているのだ。

 

いちいち絵になる兵士たち

security man 2

security man2

 

この世の色とは思えない。毒々しくて、なぜか惹きつけられる色だ。

ダロール火山

蒸気

ダロール火山の表面

卵が孵化して、何か生まれてきそうな予感

 

ダロール火山は、圧巻だった。世界を旅して、ここまで奇妙な色合いに巡り合うことはそうそうない。photowise的には、フォトジェニックなシーンのベスト5には入る光景だ。

 

塩の奇岩群へ

次にSalt Mountainと呼ばれる塩の奇岩群へやってきた。

salt mountatain

地中に広がる塩の層が隆起し、長い歳月の間に侵食され高さ40〜50mの渓谷が形成されたそうだ。

salt mountain2

ツアー中は狭い岩の隙間をくぐりぬけたり、山を登り反対側へ越えたりと、多少アドベンチャー要素もあるため、軽装で臨もう。

salt mountatin3

salt mountatain4

 

 

硫黄泉へ

ダロール火山の近くにある直径約40mほどの泉を訪れた。硫黄や鉄化合物を含む黄色い水が湧き出ている。

硫黄泉2

硫黄泉2

硫黄泉3

ここの水は油みたいにドロドロだが、肌再生効果があり医療用としても使われているらしい。女性陣の何人かは、ここの水をペットボトルに入れ持ち帰っていた。

 

 

塩の採掘場

実際に塩が採掘されている場所を訪れた。

塩の採掘場0

塩の採掘場2

日中40度〜50度の炎天下のなか、かなりの重労働

 

塩の採掘場3

このような均等な塩のブロックに加工される

ラクダと塩

ラクダに左右均等に塩のブロックを乗せているところ

 

ツアーガイドによると、ここで一人当たり得られる利益は、1日に50ドルにも満たないようだ。重労働にしては割に合わないが、この地域の伝統的な仕事として誇りを持って取り組んでいるのだろう。

塩職人

 

 

ダナキルツアー終了!

4日間のダナキルツアーは無事終了。特に大きなトラブルもなく無事にメケレの町へ帰還した。

 

この場を借り、ツアー中に出会った方々には感謝したい。

ツアーメンバー

 

最後はツアーガイドさんとドライバーさんにわずかながらチップを渡し、心地よい疲労感と充実感でツアーを終えた。このツアー料金は決して安くはないが、自信を持ってオススメできる。

 

ちなみにダナキルツアーが世界一過酷なツアーと呼ばれるゆえんは、おそらくこんな理由にあると思う。

  1. 夏は気温が40-50度にまで上昇する
  2. 世界でも有数の悪路を移動する
  3. 家の中に泊まれるのは3泊のうち1泊のみ(あとは野外でキャンプ)

気温については私が参加したのは12月(冬)だったので、過ごしやすいベストシーズンでもあり、それほど苦には感じなかった。日中かなり暑い時間帯はあったけれど。

悪路やキャンプについては慣れだと思うので、よっぽど旅の免疫がない人以外はイケると思う。

 

最後に声を大にして言いたい。

もしダナキルに行くなら、ウェットティッシュを持っていこう。

(シャワーが使えないので、あれば快適さがだいぶ違います)

 

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。

 

旅行ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-エチオピア

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.