photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

モヤレ行きバス

エチオピア

エチオピアからケニアへ国境越え・・・モヤレの町で緊急事態発生!

2015年12月22日 エチオピア・コンソ

朝4時半に起床し、モヤレ行きのバスに乗るためバスターミナルへ向かう。

宿の入口のドアに鍵がかかっており、管理人を探し鍵を開けてもらうのに少々手間取ってしまった。

 

恐怖のぎゅう詰めバスで国境まで

バスターミナル内に入り、モヤレ行きのバスを見つけた時には、すでに朝5時を回ろうとしていた。

バスチケットは前日に何故か売ってくれず、宿の人には「当日少し早めに行けばバスに乗れるよ」と言われていた。嫌な予感は的中し、すでにバスのシートは満席。早めに来て席取りをしている人までも・・・。

 

立ち乗りか・・・・

これで5時間の移動はキツイ。

 

バスが発車すると、バスのドライバーが「ここに座れ」とドライバー席と助手席の間の台を指差してきた。

モヤレ行きのバス内ここ、座席じゃないけど(笑)

私もけんちゃんが座った台を背もたれにし、乗客のみなさんとお見合いする形でなんとか着席。台はエンジンの真上なのか、徐々に熱を帯びてきた。

クーラーがついていないバス内は蒸し暑く、身体中が汗でびっしょりとなった。悪路を走るバスの揺れにも次第に慣れ、私もけんちゃんも気を失ったように眠った。

 

コンソ→モヤレのバスチケット: 130ブル+荷物代として10ブル(約770円)

 

国境越えの前に、ランチタイム

昼頃モヤレの町に到着。トゥクトゥクが国境まで乗せてやると声をかけてきたが、誘いを断り炎天下のなか黙々と歩く。このあたりは道が舗装されておらず、コロコロパッカーの私には厳しめの道だった。

道沿いのカフェで、手持ちのエチオピア通貨ブルを使い切るべく、優雅にランチタイム!

モヤレで飲んだアボカドジュース

数日振りに飲むアボカドジュース。汗だくのバス移動の後だったこともあり、最高の味だ。

メインはベジタブルパスタ!野菜に飢えていた私たちは「美味しい美味しい」を連発しながらペロリと完食。食後は優雅にマキアートで締めたが、お会計ひとりたったの47ブル(約260円)。結局ブルは使い切れず・・・(笑)

ベジタブルパスタ

 

いよいよケニアへの国境越え

バスターミナルから10分ほど歩いたところに、エチオピア側のイミグレオフィスがある。まずはエチオピアの出国審査だ。

パスポートを預け、スタンプが押されたら、徒歩でケニア側のモヤレの町へ。イミグレオフィスまでは、登り坂だがわずか5分ほどの距離だ。

私たちは事前にケニアビザをオンラインで取得していたため(50ドル)、イミグレオフィスではスタンプを押してもらうのみ。オンラインシステムは近年導入されたばかりのようで、まだ利用者が少ないのか、係員は少し戸惑っていた。

※国境でケニアビザを申請することも可能なようで、ケニア・ウガンダ・ルワンダを合わせた3カ国ビザなども取り扱いがあった。*2015年12月時点

 

ナイロビまでのバスチケットを入手

イミグレオフィスを出ると「モヤレスター」というバス会社のお兄さんが声をかけてきたので、バス会社のオフィスまで案内してもらう。

モヤレスター

タイミングが合えばナイロビまでの夜行バスに乗れるかもと思っていたのだが、次のバスは翌日の午後14時半発とのこと。私たちはモヤレでの1泊を余儀なくされることになった。

 

モヤレ→ナイロビのバスチケット 2,000シリング(約2,400円  *1ケニアシリング=約1.1円 2015年12月時点)

*ちなみにモヤレスターのオフィスの向かいには、KCB銀行とATMがありそこでケニアシリングの引き出しが可能。

 

モヤレ(ケニア側)で泊まった宿

BISMILLAHI HOTEL(モヤレスターから徒歩3分ほど)

シングルルーム 1泊400シリング(約440円)

モヤレの宿

電気はなく、夜はろうそくの明かりのみ。マラリア対策で蚊帳を広げて寝た。

水は蛇口はあるが、宿泊者はタンクに溜めた水を使うよう言われた。洗顔はタンクの水で我慢し、歯磨きはペットボトルの水を利用した。

水道も微妙

シャワールーム

難易度高めのシャワールーム。ドアの鍵もかからないうえに、通電していないため日があるうちにしか使えない(シャワー利用は断念)

宿の主人

宿の主人。エチオピアは一夫多妻制なので、若い奥さんと子どもが何人もいると自慢してきた。未婚、子どももいないと言うと「うちに嫁に来るか?」と誘われたが、丁重にお断りさせていただいた。

 

モヤレの町で緊急事態発生!

モヤレの町を歩いてみると、辺りの食堂が皆閉まっている。随分長いシエスタだな・・・と思っていたのだが、たまたま入った商店のおばさんから衝撃的な一言を耳にする。

 

「モヤレでは数日前にコレラが発生して、今は飲食店が全面営業停止になっているのよ」

コレラは代表的な経口感染症の1 つで、コレラ菌(Vibrio cholerae O1 およびO139 のうちコレラ毒素産生性の菌)で汚染された水や食物を摂取することによって感染する。経口摂取後、胃の酸性環境で死滅しなかった菌が、小腸下部に達し、定着・増殖し、感染局所で菌が産生したコレラ毒素が細胞内に侵入して病態を引き起こす。(IDWR 感染症の話 コレラ - 国立感染症研究所より引用)

 

こ、コレラ(笑)

コレラっていうと、漫画「仁」しか思いつかない。

 

 

宿に戻り、宿の主人に興奮気味にそのことを話すと

「缶詰とパンでも食べればいい。うまいぞ。」と勧められた。

 

ここに来てまさかの缶詰とパン生活。

缶詰とパン生活in モヤレ

 
缶詰を狙うネコ

缶詰を狙うネコ

 

電気なし、水道なし、パンと缶詰の生活ってわりと極限じゃないかな?1泊だけでほんと助かった。

 

ここだけの話、エチオピアはこの国には二度と来ないだろうなと思った国のひとつです。

でも旅好きな人には勧めちゃうよ。だってネタに尽きないからね。(悪女)

 

 

次回は思わず負傷したナイロビまでの恐怖の夜行バスを紹介します。

お楽しみに!

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ブル=約5.5円、1ケニアシリング=約1.1円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

キーワードで検索する

-エチオピア
-, ,

N