photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

tomoca-coffee.jpg

エチオピア

アディスアベバ街歩き情報【ピアッサ地区周辺】

2015年12月7日 エチオピア・アディスアベバ

アディスアベバの街歩き情報、まずはピアッサ地区編からどうぞ。

 

アディスアベバ街歩きマップ

 

 

エチオピアの朝市へ

アディズアベバに到着した朝。7時頃にピアッサ地区の大通を歩いていると、朝市に遭遇した。

朝の路上マーケットを眺めてみた
#market #morning #addis

 

頭上に重そうな麻袋やかごを載せ運ぶ人々。女性も男性も関係なく皆働き者だ。

アディスの朝市

 

私はモロッコ以来初めてのアフリカにびびっていて、スマホで写真を撮るのが精一杯だったが、ショーンは一眼レフカメラでガシガシ撮影していた。ただ中にはスマートフォンを向けただけで露骨に嫌がる人もいたので、写真を撮る時には注意を払ってほしい。

 

 

カプチーノが存在しない?!エチオピアのカフェ事情

朝市を後にした私たちは、近くにあるイタリアンカフェに入った。

 

ふたりともカプチーノをオーダーしたのだが・・・

カプチーノを頼んだらまさかのココアが出てきた笑 14ブル

ホットチョコレートが出てきた。

 

私たちはどうしてもカプチーノが飲みたかった。

店員さんを呼び止め「これは違う。カプチーノを持ってきてくれ」と伝え、待つこと5分。

 

運ばれてきたのは、やはりホットチョコレートだった(笑)

 

(もしかして・・・エチオピアってカプチーノが存在してないんじゃない??)

ざわざわし始める私たち。

 

カウンターまで行き店主らしき人に「コーヒーでいいから持ってきて」と伝えると・・・

このお店では、カプチーノはホットチョコレートのことを差すらしい。気を取り直してコーヒーを。
そしたら今度はエスプレッソだった笑 極端なのである

エスプレッソが出てきた(笑)

 

極端か!

 

ちなみにピアッサ地区にある有名なTomoca Coffeeでは、おいしいマキアートが飲める(15ブル=約82円)

tomoca coffee

ここでもカプチーノはやっぱりなかった・・・(なぜ?)

 

tomoca coffee

tomoca

ここのエチオピアコーヒーは、濃いめで1杯だけでも飲みごたえがある。毎日通いたいぐらい美味しい。(タイトゥーホテルで知り合った欧米人のおじさんは1日2回通っていた)

 

 

エチオピアの伝統食「インジェラ」を食べてみた

旅人の間では、すこぶる評判が悪いエチオピア料理「インジェラ」。クレープ状のパンで、発酵したような酸っぱい味がするため「見た目は雑巾、味はゲロ」などと例えられることもある。

ショーンはオーストラリアでエチオピア料理店に行ったことがあり、インジェラを美味しく食べるコツまで知っているという。

 

「インジェラの印象は最初に決まる。初インジェラは、スパイシーミートと一緒に食べるのが正攻法。」

 

タイトゥーホテルから歩いて3分ほどの場所にあるピザレストラン「Pizza de Napoly」で、メニューにはなかったが、リクエストでビーフを辛めに味付けしインジェラを添えてもらった。

インジェラ

 

恐る恐る口にインジェラを運ぶ。

あれ?・・・美味しい。

 

その日は昼を食べておらず、空腹だったおかげかもしれない。初インジェラは予想以上に美味しく自分でもびっくりした。(まぁそれほど好きでもないけど)

ちなみに、インジェラがイケる口だとエチオピアの旅がぐっと楽になる。とある田舎町に行くと、パスタとインジェラの2択しかメニューにないお店もあるし、インジェラはメニューの中でも最もリーズナブルな食事のひとつだからだ。

エチオピアビール

エチオピアビール「セントジョージ」(18ブル=約100円ぐらい)。あっさりした味わいでエチオピア滞在中はよくお世話になった。

 

 

ピアッサ地区にたむろする自称ガイドの青年たち

ピアッサ地区は安宿地区として有名だが、同時に東京でいう銀座に例えられるような繁華街だ。夜になるとあたりが暗くなり、近くのバーやレストランが地元民で埋め尽くされる。

 

タイトゥーホテルのレストランでたまたま知り合ったオランダ人のおじさんが、ビールを飲みに誘ってくれたので、上で紹介したPizza de Napolyに一緒に行くことになった。

 

おじさんが連れてきたのは、シャツを着たこざっぱりとしたエチオピア青年。彼は旅行者相手に観光ガイドをしているらしく、おじさんも数日前に彼に案内をしてもらったようだった。エチオピア青年はきれいな英語を話し、会話はウィットに富んでいて楽しかった。帰り際、青年はしきりに私に街案内をしたいと誘ってきたが、私は考えておく、とだけ答えた。

 

青年との別れ際、私はおじさんが青年にお金を渡しているのを見てしまった。不審に思い話を聞いてみると、おじさんは彼に会うたびにチップを要求されているらしい。「もう、あいつのことは信用していないんだ」おじさんはそう言いながらもチップを払うのを拒否できないようだった。もしかすると青年に何か弱みを握られているのかもしれない。

 

ピアッサ地区をひとりで歩いている時、地元の若者にガイド目的で声をかけられることが何度かあったが、うっかり誘いにのると面倒なことになりそうだ。

またピアッサ地区は盗難も多いようで、道端で声をかけた隙を狙って、ポケットからスマホを盗ったりする人もいるようだ。ピアッサ地区はなかなか油断大敵の場所なのであった。

piassa

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ブル=約5.5円で計算)

旅行ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-エチオピア
-,

N