photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

インド

リキシャーにボラれた日【ハンピからアウランガバードへ】

更新日:

2016年3月12日 インド・ハンピ

エローラ・アジャンタ遺跡を見るため、ハンピからアウランガバードの街へ向かった。今回利用したのはプーネ経由でバスをふたつ乗り継ぐ方法だ。実はこの移動が、今回のインドの旅で精神的に一番つらかった。

 

 

 

リキシャーでハンピからホスペットへ

ハンピの街からホスペットへはリキシャーの相場は150〜200ルピー(所要時間約30分。2016年3月時点)。同じカルヤンゲストハウスに泊まっていた日本人男性とふたりでシェアし、ホスペットの街へ向かったのだが、バス会社ごとにバスの発着場所が異なるため、時間と追加料金がかかってしまった。

IMG 20160312 191827th

バスはこの代理店の前から出発した

 

 

インドではじめてのスリーパーバスに乗る

夜19時発、Metro社のムンバイ行きスリーパーバスに乗る。バス内はこのようにカーテンで仕切られており、専用のブランケットと枕も備え付け。空調はよく利いていたが、コンパートメントごとにつけられたテレビや充電用のACプラグは残念ながら機能しなかった。

IMG 20160312 191535th

私は上の段に寝たが、どうやら横揺れにはかなり弱い構造のようで、スリーパーベットにも関わらず、私の場合は逆に眠れなかった。深夜0時頃に途中休憩は1回だけあった。

 

 

朝5時頃 プーネに到着

バスの乗務員に「プーネ」と声をかけられ起床する。バスから降りてみると、プーネの市街地に入る随分手前の国道のような場所だった。まだあたりは暗いが、リキシャーのドライバーが大勢寄ってきた。

 

事前にMetro社のバスの運転手に、この後に乗るプーネからアウランガバード行きのバスは、下車した場所から乗れるのか?と確認し「そうだ」というので、てっきりバスターミナルのような場所に着くのかと思っていたのだが、全く関係のない場所で降ろされてしまった。くそぅ・・・

 

リキシャードライバーにバスチケットを見せると目的地のバスターミナルが分かった様子。料金は「メーター制だ」というのでそのまま疑うことなく乗車した。

 

 

リキシャーのメーターは当てにならない?!

30分ほど乗車し、ようやくバスターミナルに到着。意外と遠かった。

下車時に請求された運賃はなんと400ルピー(約650円)。メーターが途中から作動しておらず、どうもおかしいと思っていた。

 

乗車した時間から考えても、せいぜい200ルピーだろうと思い値切り交渉するが、逆にリキシャードライバーの反感を買ってしまったようで、ドライバーは1,000ルピーだと言い始めた。近くに居た別のリキシャードライバーに確認すると、バスで降りた地点からここまでは約36kmあるという。ドライバーは政府から発行されたというリキシャー料金表なるものを提示してきたが、そこには800ルピー以上の金額が記されていた。

 

ドライバーは早く払えと急かして来る。500ルピー以上請求するつもりだと確信した私は、とっさにとある作戦に出ることにした。

 

  • 手持ちの現金が500ルピーしかない
  • 昨日の夜からほとんど食事を取っておらず、500ルピーを払ってしまったら何も食べられない
  • ここからまた別のバスに乗り継ぐ必要がある

 

要は泣く演技である。

 

普段の旅ではほとんど使わない手だが、インドの物価を考えてもどうしても払いたくない額だったので、演技に徹することにした。寝不足の状態も手伝ってか、結構泣けた(笑)。

 

リキシャードライバーは困った表情を浮かべ、100ルピーのおつりをくれその場を去っていった。400ルピーは痛かったが、早朝ということもあり判断力も鈍っていたし、勉強代として自分を納得させることにした。

IMG 20160313 073549th

軽食20ルピー

 

プーネのバスターミナルでは、2時間ほど待機時間があったが、特に待合所などもないので隣接した食堂で軽食を食べたりチャイを飲んだりして時間を潰した。泣いたせいか目が赤く充血していて、いろんな人にじろじろ見られ恥ずかしかった。

 

 

9:20 プーネからアウランガバードへ出発

次に乗り込んだのはローカルバス(このチケットもハンピの旅行代理店で手配してもらった)。プーネのバスターミナルは、雑然とバスが並んでいるだけなので乗り場が全くわからず、同じバスを待っていたオーストリア人が、近くに居たインド人に頼み電話をかけてもらって無事乗車できた。

IMG 20160313 094842th

 

 

12:00頃 政党集会による渋滞にはまる

インドでは選挙が近づいており、ちょうど週末にこの地域では政党の集会が行われていた様子。バスが1時間ほど渋滞にはまり、まったく動けなくなった。もちろんローカルバスなので空調はなく汗だくになりながらバスが出発するのを待った。

IMG 20160313 121722th

 

 

17:30頃 アウランガバードのバスターミナルに到着

同じバスに乗っていたオーストリア人とリキシャーをシェアし、鉄道駅近くの目星をつけていた宿へ向かう。リキシャーのドライバーが紹介してくれた宿がそこそこ良かったので、値引き交渉しシングルルームに宿泊することにした。

 

 

【アウランガバードの宿情報】

Indradeep Exective Lodging

シングルルーム500ルピー→400ルピーに値下げ交渉し宿泊(2016年3月時点)

AC、シャワー&トイレが部屋に備え付けのタイプ。私が泊まった部屋はシャワーは壊れていたためバケツの水を汲んで使った。wifiは部屋でも使えかなりサクサクだった。鉄道駅から徒歩3分ほどの好立地。

IMG 20160313 180841th

 

 

【宿の場所】

 

IMG 20160315 165405th

近隣には安食堂が何軒かあり、飲食には困らない

 

 

【移動情報】

バスチケットはハンピの旅行代理店で手配

  • ホスペット〜プーネ(Metro社のバス利用)代理店の手数料含め1,250ルピー(約2,050円)
  • プーネ〜アウランガバード(National Travel社のバス利用)300ルピー(約500円)

 

ハンピからアウランガバードへは、ホスペットからハイデラバード経由で列車を乗り継いで行く方法もあり、そちらのほうが接続待ち時間は長いが、スリーパークラスでの予約の場合はバスよりも安く上がるはずだ。万一バスを利用する際は、バスの接続・乗車ポイントをしっかり確認したうえで予約することをオススメする。リキシャーにはご注意を・・・。

 

 

帰国まであと5日。

リアルタイムはタオ島でオープンウォーター講習真っ最中。今さらですが、最後まで頑張ります。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓何とか25位以内を維持したいところ。下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-インド
-

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.