インド

この旅で一番強烈だった街・バラナシについて語る【後編】

更新日:

2016年3月19日〜22日 インド・バラナシ

ラッシーが恐ろしく美味しい

バラナシの魅力のひとつは、ラッシーが美味しいことです。恐らくインド北部のコルカタやデリーにも美味しいラッシー屋さんがあると思いますが、私は行っていないのでわかりません。

Blue Lassi

バラナシでNo.1と評判が高いラッシー屋さんに行ってみました。火葬場の裏手のほうにあります。
20160320 IMG 20160320 110049th

このおじさんが作り上げるラッシーが、絶品なのです。常連客も多く、近くに居た外国人のおじさんに薦められこのメニューにしましたが、間違いないやつでした。

20160320 IMG 20160320 110532th

アップル&バナナラッシー(70ルピー=約116円)

20160320 IMG 20160320 111654th

ブルーラッシー界隈をぶらぶらしていたらローカルマーケットを発見

20160320 IMG 20160320 112249th

随分薪があるなあと思ったら、火葬場の裏手だった(火葬場の写真撮影はNG)

 

Baba Lassi

サンタナ・ゲストハウスからも近いラッシー屋さんです。
20160322 IMG 20160322 112706th

20160322 IMG 20160322 111924th

シンプルにパイナップルラッシー(70ルピー)

ここもおじさんがひとりで作っているため、お客が溜まって来るとかなり待たされます。気長に待ちましょう。

 

濃厚なプレーンラッシー(店名は不明)

Madhur Milan Cafeの店を出て、右手に曲がった商店街の入口にある地味なラッシー屋さんが一番美味しかったです。

20160318 IMG 20160318 142358th

プレーンラッシー(15ルピー=約25円)

濃厚で、さっぱりした口当たりです。ラッシーの器は使い捨てで、食べ終えたそばから皆叩き付けるようにして器を割っていくのが気持ちいいですね。

参考
インドのグルメ情報は、友人のアレックス&キャサリンのブログが詳しいので、参考にしてみてください。

 

バラナシは服飾雑貨が安い

バラナシでは、狭い路地にお土産物屋さんが密集しています。特にオススメしたいのがこちらのお店です。

Raja Silk Shop

20160322 IMG 20160322 100609th
日本語を話すスタッフがいて、検討しているとチャイ(お茶)まで出してくれたりもします。ガンジーTシャツは1枚80ルピー(約130円)とかなり良心的な価格設定でした。

20160320 IMG 20160320 124553th

お土産用として思わず大人買い

シルクのスカーフやウール製品、アリババパンツも品揃え豊富で、スタッフもしつこくなく好感がもてました。

店名は忘れてしまいましたが、同じ通りにあるお店でヨガマットケースとインド綿&麻のパンツを購入しました。
20160322 IMG 20160322 215213th

本当かどうかわかりませんが、こちらでは朝一番最初のお客さんを大切に扱う習慣があるそうです。このお店もヨガマットケースを通常よりも50ルピー値引きしてくれ、150ルピー(約250円)。パンツは200ルピー(約330円)。買い物するなら、朝早くから動くのが吉かも?

 

紹介したお店MAP

赤・・・ラッシー&飲食店

黄・・・サンタナ・ゲストハウス

青・・・火葬場

緑・・・Raja Silk Shop(お土産物屋)

*Maps.Meにこの地図データをダウンロードしたい方は、スマホからこちらをクリック。

 

ガンジス川で出会ったインド人の話

最後に、ガンジス川で出会ったインド人のエピソードをいくつか紹介しましょう。

このおじさんは、サドゥーと呼ばれる俗世を断った人を装っていますが、見た目からして恐らく偽物だと思います(笑)
20160319 IMG 6477th

20160321 IMG 20160321 162029th

観光客のインド人に記念撮影を頼まれる

3月23日のホーリー祭の数日前から、フライングで色の粉をかけあっていた地元の人々。ホーリー当日まではツーリストには粉をかけてはいけないという暗黙のルールがあるそうです。
20160321 IMG 20160321 161523th

20160319 IMG 6492th

日中・夜問わず、旅行者をターゲットに話しかけて来るインド人は多いですね。ただしつこく話しかけてくる人、ガンジス川のボートに乗ってビールを飲もうと誘ってくる人など。そういう人はたいがい無視するに限ります。

サンタナ・ゲストハウスのバダルから聞いた話では、夜暗くなってから「ガンジス川でお酒を飲もう」と旅行者を誘いボートに乗せ、そのままレイプをして対岸に捨てるという悪行を働く者もいるそうなのでご注意をください。

バラナシは宗教上お酒に厳しい街なので、聖なるガンジス川でお酒なんか飲んでいるところを警察に見つかったら罰金程度じゃ済まないと思います。(そのエピソードをインド人青年に話したら、彼らのスマホにはしっかりとビール片手にガンジス川でボートに乗る日本人の楽しそうな写真が保存されていました・・・)

 

私も、ガンジス川近くでひとりのインド人青年と偶然知り合いました。

私はちょうどシングルルームの部屋を探しており、ガンジス川沿いのゲストハウスをいくつか廻っているところだった。彼はまったくしつこくなく、ゲストハウスを一緒に廻ってくれた。(コスパが悪く、結局サンタナ・ゲストハウスに泊まることにしましたが・・)

その後、ふたりでラッシーを飲んだり(もちろんお礼におごりました)、ガンジス川を見ながら話をしたり。後で他のインド人青年が「あいつは麻薬を旅行者に売って稼いでいるんだ」と言っていましたが、私の前では紳士的で優しかったです。でも写真を撮ろうよと言うと、顔を少し隠していたので、多少はやましいこともあるのかもしれません。ガンジス川には様々な人が居て、欲望や利害が複雑に絡み合っているようでした。

バラナシはもう一度行きたいですね。あの街は、5年後・10年後も変わらないような気がします。
20160321 IMG 6578th

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-インド

Copyright© photowise , 2019 All Rights Reserved.