旅が好きな人のための情報系写真ブログ

スポンサーリンク

ネパール

【マルディヒマール登山4日目】下山で切れた感情の糸

更新日:

2016年3月28日 ネパール・High Camp

 

6:00起床

朝日を見るためにアラームをかけたが、寒くてなかなかベットから出ることができない。窓から外を眺めるとすでに陽が登ってきていた。

20160329 IMG 7000th

本当はHigh Campのゲストハウスから、フィッシュテイル側に1時間半ほど行った View Pointまで行く予定だった。しかし、前日の夜にガイドさんに「View Pointに行ってもそれほど景色は変わらないよ」と説得され、朝日はゲストハウスの近くから見ることになったのだった。(後でHigher View Pointに行った欧米人と話をしたら「凄く良かったよ!!」と言われたので、素直に行きたいと主張すれば良かったなと後悔・・・。)

 

20160329 IMG 7013th

20160329 IMG 7042th

 

7:15 朝食

IMG 20160329 072533th

ベジタブルオムレツとチャパティ

IMG 20160329 075541th

ゲストハウスの食堂

20160329 IMG 7052th

給水器の水が凍ってしまうほど昨晩は冷えたようだ

 

8:00 出発

この日は一気に約2,000m降りSidingという村で一泊する。

IMG 20160329 080419th

さようなら、フィッシュテイルとアンナプルナの山々

 

9:00 High Campのゲストハウスの主人と調理担当の男性が、下の村から物資を背負って登って来るところに遭遇。朝姿を見かけないと思ったら、すでに下の村に行っていたようだ。1日3往復することもあるのだとか・・・ほんとハードな仕事。

IMG 20160329 085156th

竹かごにはお酒やジュースなどが入っていた

IMG 20160329 085020th

とても陽気な青年たちだった

 

 

10:00 Mardi Himal Base Campに到着

昨日までのひと気のなさが嘘だったかのように、たくさんの欧米人トレッカーが集まっていた。

20160329 IMG 7058th

私たちが下山してきたことを知ると、「フィッシュテイルは見れた?上の天気はどうだった?」と聞いてくる。皆の関心事は同じだ。進むスピードは人それぞれだけれど、登山は皆ゴールに向かって進むという目的は同じ。国籍を越えた妙な一体感がある。

 

 

11:00 Low Campに到着

この後はSidingの村まで2時間半ほど休憩がないらしいので、ここで早めのランチ。お腹は空いていないが、何かお腹に入れておいたほうが良いと思いスープヌードルを注文した。野菜入りのインスタントラーメンである。

IMG 20160329 111255th

山を見ながらのインスタントラーメンは格別

 

 

11:30 Sidingの村に向け下山開始

IMG 20160329 113453th

キリマンジャロ登山の記事でも書いたが、私は下山が大の苦手だ。

足場も悪く、突然石を踏み外したりすることもあるため、スティックを使いながら慎重に降りようとする一方、ガイドのDarはひとりでサクサクと先に進んでいってしまう。

IMG 20160329 114218th

気づくと、彼とキリマンジャロ登山のガイド・アスマニを比較していた。アスマニは気遣いができるガイドで、下山も私のペースに合わせて要所要所で止まってくれていたはずだ。

国も文化も違うし、そもそも比較すること自体が間違っているのかもしれないけれど・・・。お金を払ってつけたガイドなんだから、もう少し気遣いができればいいのになぁと残念に思った。

 

Sidingの村の手前で、私の下山の遅さにしびれを切らしたのか、ガイドのDarが私の一眼レフを持ってくれると提案してきた。

言葉に甘えてお願いしたのだが、これが間違いだった。

 

Sidingのゲストハウスが見えてきたあたりからDarは、私からどんどん遠ざかって行く。

同時にネパールの山の斜面に姿をあらわしたのは美しい棚田。

20160329 IMG 7071th

ここで写真を撮りたいのに・・・

一眼レフが手もとにない!!

 

「Dar、ちょっと待って!一眼レフ使いたいんだってば!」

思わず声を荒げてしまう。そうでもしないと彼はひとりでゲストハウスにまで到達しそうな勢いだった。

 

Darはなんとか止まってくれ、ふてくされたような顔で、煙草を吸っていた。

私は一眼レフを手にし、撮りたいと思ったスポットまで来た道を戻った。嫌味たらしい行動だと思うが、この時は本当にイラっとしていたのだ。

 

Darのもとに戻った時、謝りたくなかったが「本当に写真を撮りたかったんだ。ごめん」と一言声をかけた。Darは写真にあまり関心がないガイドで、スマホで写真撮影を頼んでも、ボタンが押せてなかったり、ブレていたり、水平じゃなかったり、撮影する場所も指定してカメラを渡しているのに意図しない構図だったりしてがっかりすることが多かった。

 

このガイドで良かったんだろうか?

悶々としながら、Sidingのゲストハウスに辿り着いた。

IMG 20160330 071617th

 

 

14:30 Siding到着(Hotel Treckers Home Nepal)

ここはレストラン併設しているし部屋もホットシャワー・トイレ付きの清潔な部屋だった。今回トレッキング中で泊まった宿の中では一番良かったと思う。

IMG 20160329 142959th

疲れていた私は、レモンティーだけ飲ませてもらい、部屋へひきこもり、ホットシャワーを浴び仮眠することにした。

 

17:00頃に目覚め、ミルクティーを飲みながら4日ぶりのwifiに繋いでみる。

Facebookやメールなどをチェックし、実家に遊びに来ている姪っ子とSkypeしたりしていたら気分も少し晴れた。

IMG 20160330 071657th

乾燥させているとうもろこし

 

Darも私の様子を見て、普段通りの調子で接してくれた。

疲れで八つ当たりしたようで、本当に申し訳なく思った。

 

 

 

18:30 夕食 ダルバートをいただく

停電しており、暗いため写真は撮影せず。お腹が空いていたこともあり格別に美味しかった。

レストランには今日同じルートで下山してきたイタリア&イギリス人カップルとその家族が居た。朝6時にHigh Campを出発しHigher View Pointまで往復。その後12時半にHigh Campを出て17時頃にSidingに到着するというなかなかハードなスケジュールだったらしい。彼らは日程に余裕がなく、Sidingからはジープに迎えにきてもらうよう手配していた。

 

が、予定の時間になっても一向にジープがやってこない。

 

彼らは相当イライラしていて、早くシャワーを浴びたい!早くポカラに戻りたい!と言って何度もゲストハウスの人に頼みドライバーとコンタクトを取っていた。

 

ジープは結局2時間半遅れで到着。途中で前の車にトラブルが発生し、山道の道幅が狭いため前に進むことができなかったらしかった。

 

そして驚いたのは、ドライバーふたりが着くなりダルバートを食べ始めたこと。

びっくりです(笑)イタリア人たちは夜ごはんも食べずに、クッキーで凌いで待っていたのに・・・。

 

疲れた表情で、イタリア人たちはジープに乗り去っていった。彼らは一体何時にポカラに到着するのだろう?

 

インフラが整わない山の中はうまくいかないことも多々あることを痛感した1日だった。翌日はいよいよ最終日。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

 

-ネパール
-

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.