photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ネパール

登山初心者の私が今度はヒマラヤ登山してみた【準備編】

2016/11/23

2016年3月26日 ネパール・ポカラ

ネパールでやりたかったこと、それはヒマラヤトレッキング。

 

 

image

ヒマラヤトレッキングと言っても、かなりの種類があり、10日間~3週間のアンナプルナベースキャンプのトレッキングコースから、日帰りで小さな村を訪れるコースまである。

体力や滞在期間を考え、私がネパールでトレッキングに費やせる時間は5-7日間。ポカラの旅行代理店で相談したところ、マルデイヒマールというコースなら最短で4~5日で行くことができるらしい。 2012年にできた比較的新しいトレッキングコースだ。

ゴレパニと呼ばれるエリアを訪れるコースが人気だが、前回キリマンジャロ登山をしたので少し自分に負荷をかけたかったということもあり、より難易度の高いこのコースを選んだ。

 

マルデイヒマールコースの魅力

ハイライトは、フィッシュテルと呼ばれる高さ7,000mの山や、5,000m級のアンナプルナの山々を美しいパノラマビューで眺めることができるハイキャンプへの登山だ(標高3,500m)。登山難易度は中級。

また、途中立ち寄る村では畑仕事をする素朴な人々の暮らしを眺めたり、森林の中にある村で宿泊することもできるのも魅力のひとつだ。

image

 

コミコミのパッケージが安心

ポカラの旅行代理店を2~3軒廻り見積もりをしたところ、ガイド1人・宿・食事・登山のパーミット取得料(20ドル)、登山口までの往復移動費(タクシー)をすべて含めたパッケージを最安300ドルで手配してくれるというので早速申し込んだ。私はすでにトレッキングシューズやジャケット・パンツ類は持っていたため、ガイドさんに相談し、トレッキングポール(2本)は無料で貸してもらった。

ガイドをつけずに登山している人もいたが、だいたいが複数で行動していた。私は単独で登山するためガイドをつけることにした。悪天候やアクシデントで身動きが取れなくなった時に判断を仰ぐことができる。

また、トレッキングコース内のゲストハウスやレストランではメニューが統一されており、標高が高くなればなるほど同じメニューでも値段が割高になるというシステムになっている。

 

image

宿は1泊シングルで300ルピー前後、1食は300~500ルピーが相場だ。途中でお茶を飲んだり、3食きちんと食べていれば、宿代も含めてだいたい1日1,500~2,000円かかる計算。

そう考えると、トレッキングのペース配分も考えてくれ、なおかつ重い荷物を運ぶのも手伝ってくれるガイドと一緒にトレッキングするのは悪くない。また値段を気にせず、メニューから好きな料理を選ぶことができるのも気楽でいい。

 

トレッキングの様子は次回のブログで写真とともに紹介します。お楽しみに!

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

キーワードで検索する

-ネパール
-,

N