photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ナミビア

車をチャーターしてナミブ砂漠へ【準備編】

2016年2月8日 ナミビア・ウイントフック

 

2日前に宿で知り合った日本人女性ふたり組と、ヒルトンホテル前で待ち合わせ。彼女たちはナミビアの見どころを費用を抑えて廻るべく、他の宿からツアー仲間を募りに来ていたのだった。

 

見どころが広範囲に及ぶナミビア・どう廻る?

ナミビアは、レンタカーを何人かでシェアし周遊する方法が費用が最も安くあがるが、この国の車種はマニュアルが主流で、事故発生率も全体の7割ほどとも聞く。事故が発生した時に付帯の保険でカバーされず、レンタカー会社から高額な請求をされるという事例もあるようなので、今回はレンタカーは避けることにした。

 

▼ナミビアのおもな見どころは、下記のブログに詳しく紹介されているので参考にするといい。

 

エトーシャ国立公園も気になったが、今回は予算の都合もあり、砂漠+αでウィントフックから1〜2泊で行ける範囲に絞ることにした。

 

 

パッケージツアーの相場

ウィントフック発のナミブ砂漠の2泊3日のパッケージツアーはSesriemとSossusvlei(有名なdune45やdeadvlei)のエリアを廻るもので、3,800〜4,200ナミビアドル(約30,000円前後)。他の旅行者から口コミで聞いた会社はWild dog SafariカメレオンバックパッカーズThe Cardboard Boxのツアーデスクでも同様のパッケージの取り扱いがある様子。

*2016年2月時点のレート 1ナミビアドル=約7.3円

 

女性2人組は、ツアーではなく現地ドライバーと交渉し、事前に内容もかなり詰めてくれていた。その内容だと、通常2泊3日のツアーで行くことができないスワコップムントエリアのWalvis BayやCape Crossにも行けるという。

 

車1台あたり9,500ナミビアドル(4人でシェアした場合、ひとりあたり2,375ナミビアドル=約17,000円)

 

▼料金に含まれないもの

  • 入場料(SossusvleiとCape Cross Seal Reserve) 各80ナミビアドル
  • Sossusvlei内の移動費(砂漠内の移動は四駆の有料トランスポーテーションを依頼(往復130ナミビアドル)
  • 宿泊代(キャンプサイトを利用)約150〜200ナミビアドル×2泊
  • その他食費
  • テントレンタル代(持っていない人の場合)

 

関心したのは彼女たちのリサーチ力だ。彼女たちは約1ヶ月で南アフリカからエチオピアまでを周遊するとのこと。

 

 

インフォメーションセンターで聞き込み

ウィントフックの中心部には何カ所かインフォメーションセンターがある。ヒルトンホテルのタクシー乗り場の前にもあり、彼女たちが確認した情報をもとに、さらに格安でドライバーを手配できないか相談してみることにした。

 

受付の女性がドライバーを電話で呼んでくれ、4人でシェアした場合はひとりあたり4,000ナミビアドル。6〜7名の場合だと、3,500ナミビアドルまで値下げ可能とのこと。なお、キャンピング用品以外はすべてコミコミで(入場料・砂漠内の移動費・食費・ガソリン代・保険など)で手配してくれるという。

 

ただ、行き先の候補のひとつにあがっていたスケルトンコーストはかなり離れた場所にあるため、3日間の日程では無理だと言われた。

 

このプランに参加するかどうかを渋っていたけんちゃんが、ここで値切り交渉。入場料・砂漠内の移動費・食費をのぞき(ガソリン・車両トラブル時のメンテナンス代は込み)2,500ナミビアドル(約18,000円)で交渉が成立。さらにドライバーが持っている7人用テントも無料で貸してもらえることになった。

 

諸経費を合わせると、ひとりあたり3,200ナミビアドル前後(約23,000円)になりそうだが、パッケージより7,000円ほど安く、より広範囲に廻ることができる。

 

モデルルート


 

果たして、問題なくすべて廻れるのか?

詳細は次回のブログ記事で紹介します。お楽しみに!

 

ウィントフックのダウンタウンにある隕石

ウィントフックのダウンタウンにある隕石

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

キーワードで検索する

-ナミビア

N