コスタリカ

ケポスのマヌエル・アントニオ国立公園へ

更新日:

2014年12月10日 コスタリカのサンホセから1泊2日で、ケポスという町へ行ってきました。マヌエル・アントニオ国立公園があり、野生の動植物を観察できることで有名です。

サンホセからのアクセス

サンホセのトラコパバスターミナルから、ケポス行きのバスに乗ります。(ケポス行きのバス片道料金は4,675コロン:2014年12月時点)
場所

6時発のバスに乗ります。(**印がついているのが、サンホセとのダイレクトバスだと言っていました。ブログを参考にして旅される方は、念のため最新の情報を確認のうえご利用ください。)

JppIMG 1611

JpptIMG 1683

3時間ほどでケポスのバスターミナルへ到着です。

JpptIMG 1686

ケポスのバックパッカー宿「Wide Mouth Frog Hostel」

バスターミナルから徒歩5分ぐらいの場所にあるホステルに泊まりました。

JpptIMG 1696

1部屋1泊50USドルです。

JpptIMG 1689

シャワーや洗面台が部屋についていて快適です。

JpptIMG 1690

まるでリゾート気分!

JpptIMG 1691

朝食は3ドル。このガジョ・ピント(黒豆が入ったごはん)は、中米料理のなかでも安定の美味しさです。

JpptIMG 1763

JpptIMG 1761

宿情報
Wide Mouth Frog Hostel
住所:Apartado 256, Quepos, Costa Rica

場所

マヌエル・アントニオ国立公園へ

ケポスのバスターミナルからバスに乗ります。(片道315コロン)

JpptIMG 1703

マヌエル・アントニオ国立公園前では、ガイド付きのツアーに誘われ案内してもらうことにしました。国立公園入場料16USドル+ガイド料15USドル。アメリカ人グループと一緒に廻ることになりました。

JpptIMG 1705

ガイドさんはテレスコープを持っていて、動物をいち早く見つけて見せてくれます。さすが職人技ですね。こういう場所はガイドをつけたほうが100倍楽しめると思います。

JpptIMG 1470

超望遠レンズを持っていない方はiPhoneとかコンデジを持って行くといいです。テレスコープの先端にレンズを当てて写真を撮ることができます。こんな感じ↓

JpptIMG 1708

動物が枝と同化していることもあり、素人が肉眼で見つけるのはかなり困難です。

JpptIMG 1455 1

JpptIMG 1493

国立公園内は海に面しており、ビーチがとても綺麗でした。

JpptIMG 1526 1

JpptIMG 1537 1

JpptIMG 1731

実はこのビーチである人と出会い、コスタリカの思い出がより楽しいものとなりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-コスタリカ

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.