メキシコ

めずらしい円形ピラミッド・テウチトランのGuachmontonesへ

更新日:

メキシコの円形のピラミッドへ

グアダラハラからバスで2時間ほどのテウチトランという場所にあるGuachmontones(グァチモントーネス)に行ってきました。地球の歩き方にも載っていませんが、地元では有名な遺跡のようです。

場所

グアダラハラの旧バスターミナルから、テウチトランまで往復バスで142ペソでした。(約1,200円:2014年11月時点)

テウチトランのバスターミナルからの景色。街のメインロード・・・ ↓

JppIMG 1055

グアダラハラへの帰りのバスの時間をチェックし、いざ遺跡へ。

JppIMG 1054

北に向かって歩いていると、このような目印があるためその方角へ向かっていきます。

JppIMG 1060

帰りの方角まで表示してくれています。とても親切ですね。

JppIMG 1061

小さい町だけあり、人がほとんど歩いていませんでした。

JppIMG 0818

JppIMG 0816

強い日差しの下、結構な傾斜を登っていきます。帽子必須です。

JppIMG 0802

バスターミナルから約20分、ようやく到着です。入場料30ペソ(学割で15ペソ)

JppIMG 0765

併設のミュージアムでは、スペイン語・英語対応の遺跡の紹介ビデオを見ることができます。

JppIMG 0769

Guachmontonesは1970年に発見された紀元後200〜400年ぐらいの遺跡都市で、円形のピラミッドというのはメキシコでも珍しいようです。館内のスタッフもとても親切でした。

JppIMG 0811

参考リンク:Guachmontonesの歴史について-wikipedia(英語)

小高い丘から眺めた様子。これが一番保存状態がいいメインのピラミッドです。

JppIMG 0788

ミステリーサークルみたいです。草が生えてるのもいいアクセントになっていますね。メインのピラミッドを囲むようにして、小規模のピラミッドもいくつかありました。

JppIMG 0793

テウチトランの街とコロラダ湖、テキーラ山。

JppIMG 0796

見晴らしがいいので、ピクニックにも最適です。

JppIMG 0798

ツアースタッフ(お兄さん)に「写真を撮ってください」とお願いしました。

JppIMG 1066

遺跡からの帰り道、そのスタッフさんが「セニョリーター!」と声をあげて追いかけてきました。一瞬動揺したのですが「仕事が終わったから一緒に帰ろうよ」というだけだったみたいです。ちなみに彼は遺跡にあるミュージアムのマネージャーで、アメリカに住んでいたこともあり英語が上手でした。日本人の一人旅がよっぽど珍しかったようです。

この街には有名なドリンクがあると聞いていたのですが、名前を忘れてしまったのでついでに教えてもらいました。

Mayahuelada(マヤウエラダ)という若いコーンとビールを混ぜたという飲み物です。お酢のような酸味があり、チリが入っていて独特な味がしました。

JppIMG 0812

暑かったので一瞬疲れが取れたような気がしましたが、全部飲み干すのはキツかったです。遺跡に向かう1本道の途中にある「LA CHOZA MAYAHUEL」というお店です。 JppIMG 0815

場所

今思い出したのですが、カウチサーフィンのホストが薦めてくれたのはプルケのほうでした・・・。

JppIMG 0814

遺跡は英語表記にも対応しているし、めずらしいピラミッドなのでもっとガイドブックでも推してもいいのになあと個人的には思いました。機会があればぜひ行ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-メキシコ

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.