photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

メキシコ

ピラミッド型遺跡の登り方のコツ教えます

更新日:


リアルタイムはQueretaro(ケレタロ)という、メキシコシティから3時間ほどの小さな街に来ています。時系列がバラバラですが、メキシコシティから日帰りでティオティワカンに行った時の話を書きますね。

メキシコの宗教都市遺跡ティオティワカンへ

メキシコシティの北バスターミナルから、ティオティワカン行きのバスに乗ります。メキシコ人のAngieが一緒だったので、私はついて行くだけでしたが・・・。

Th MNMNIMG 0043 1

Th MNMNIMG 0044

バスターミナルのトイレは有料(5ペソ)

メキシコシティからはバスで1時間ぐらい。バスの中で爆睡してたらあっという間でした。(セキュリティ上の理由からバス内でビデオで顔を撮られていたようですが、まったく気づきませんでした)

まずはケツァルコアトルの神殿からGo!

Th MNMNIMG 9800

↓昔はこんな風に色彩豊かだったみたいですね。

Th MNMNIMG 9807

ここでAngieが「こうやって登るんだよ!」とピラミッド型遺跡の登り方のコツを伝授してくれました。

Th MNMNIMG 9809

階段をまっすぐ登るのではなく、斜め方向に登ると心なしかつらくないです。オアハカのモンテアルバンへ行った時も、ヘクトルが同じことを言っていたので、メキシコ人の間では常識みたいですね。是非お試しください。

壁についているモチーフは左が蛇、右は水の神様なんだそうです。蛇には見えませんが。

Th MNMNIMG 9817

遺跡の中央にある死者の道を歩こうと思ったら、Angieが「こっちもおもしろいよ!」と人々が暮らしていた居住空間跡のほうへ手招きしました。

Th MNMNIMG 9818

昔イタリアで見たポンペイ遺跡みたいです。ここで人々が暮らしてたのかと思うと、不思議な感じですね。

Th MNMNIMG 9820

まだ壁の赤い色が残っているところもありますね。

Th MNMNIMG 9821

このサボテンの実(ツナ)で色付けしたとか言ってた気がしますが、ちょっとうろ覚えです。

Th MNMNIMG 9825

あと、死者の道の途中にあった宮殿にびっくりしました。

Th MNMNIMG 9828

ここ空洞になってますよね。どうやらもともとあった遺跡の上に、別の遺跡を建てたらしいのです。ちょっと神秘的なものを感じました。ただの入浴場かと思ったんですけどね。

Th MNMNIMG 9827

ついに、ティオティワカンで一番高い太陽のピラミッドにやってきました。

Th MNMNIMG 9836

Angie:「うーん、半分まで登れるかも…」

ここは空気を読み、私だけ頂上まで登ってみました。(斜めに登るワザは、ここでは使えません・・・!)

Th MNMNIMG 0057

Th MNMNIMG 0060

心なしか疲れている・・・

毎年3月21日に登るとアステカのパワーを得られるらしいですよ。

せっかく登ったものの、下から撮った写真のほうが写真栄えがするのは気のせいでしょうか(笑)

Th MNMNIMG 0069

 

ティオティワカン遺跡の帰りに寄ってみたいレストラン

太陽のピラミッドからまっすぐ伸びるPuerta2という通りから出口を抜けると、小さな飲食店街があります。

Th MNMNIMG 0079

「このお店はそこそこ美味しいよ」とAngie。価格もそんなに高くなく良心的です。

Th MNMNIMG 0073

昼間からビール飲んじゃいましょう!ソペスという円状のタコスをいただきます。

Th MNMNIMG 0074

羊肉を煮たもの。私はあんまり好きじゃなかったですが。

Th MNMNIMG 0075

グリーンエンチラーダ。Angieもお気に入りのこの料理。すごく美味しかったです!!

Th MNMNIMG 0077

メキシコ料理はハズレがほとんどないですね〜。遺跡と一緒に楽しんでみてください^^

場所

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。

-メキシコ

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.