世界一周準備

忘れてた!海外旅行保険のあの事実

更新日:

海外旅行保険・携行品損害の落とし穴

「携行品損害」とは、盗難に遭った時に、持ち物を補償してくれるという海外旅行保険の項目です。

たいていの保険プランには上限20〜30万までの携行品損害の補償がついていますが、その場合、1アイテムあたりの補償上限金額は10万円までという規約があることはご存知ですか?

例えば、私の一眼レフカメラ(EOS 6D)のレンズセットで20万円・・・

Shock and Awe©Pascal

オーバーしてるやないかい!

 

実は、損保ジャパンの海外旅行保険の規約にも記載がありました。

DropShadow ~ IMG 8649 1

楽天プレミアムカードに自動付帯している海外旅行保険(三井住友海上)の規約にも、ばっちり書いてあります。

DropShadow ~ 楽天海外旅行保険

1点または1対と書いてあるので、レンズとボディをセットで持っている状態で盗難に遭った場合、10万円分しかカバーされないのかもしれませんね。私、中南米に6Dを持って行くの辞めようかな・・・。高いカメラは、治安の悪い地域には持って行かないのが一番だと思いますが、世界の絶景を6Dで撮れたらと考えると・・・悩ましいところです!

 

 

海外旅行の加入プランをもう一度よく考えてみる

1年以上加入する保険なので、損保ジャパンの海外旅行保険に加入するのはほぼ確定です。私は、S18という治療費用無制限・携行品損害50万円までという最強に手厚いプランに加入しようと考えていたのですが・・・

そのお値段・・・277,630円(期間は1年6ヶ月)

世界一周旅行者のブログを読み返してみると、かなり手厚いプランに入っても、せいぜい*S21プランの人がほとんどみたいです。(*治療費2,000万/携行品損害30万のプランで、1年半で20万円ぐらい)

 

また、手持ちのクレジットカードに付帯の海外旅行保険を利用するという手もあります。これをプラスして保険プランを手厚めにするという手もアリかと思います。(私の場合は自動付帯:楽天プレミアムカード/利用付帯:シティリワードカードを持っているので、トータルで5ヶ月は海外旅行保険の他にクレジットカードの付帯保険が使えそうです。)

  • 出発後最初の3ヶ月は楽天プレミアムカードの保険を適用
  • 3ヶ月経過後は、シティのリワードカードで公共交通機関の運賃を決済すれば、その時点から2ヶ月間適用 (*ただし日本出国後にはじめて公共交通機関のチケットを購入した時点からになります。うっかり出国後に現地でこのカードを使って航空券等を購入しないよう要注意)

注意

クレジットカード付帯の海外旅行保険で、携行品損害の保険請求する時には、免責というものがあり、1アイテムあたり3,000円等を自己負担することになります。盗難に遭ったら、高額なアイテムに使うのがいいかもしれません。

 

参考

クレジットカードの海外旅行保険:自動付帯/利用付帯について

※こちらのサイトが詳しいです

*今回紹介した記事は2014年9月時点での情報をもとに作成しています。保険利用の際には、常に最新の情報をご確認ください。

 

実際に世界一周で海外旅行保険を使った時の記事はこちら

世界一周帰国後にやったことまとめ

世界一周後にカメラをメンテナンスに出してみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-世界一周準備
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.