国内旅行

【東日本旅Day4】日本一の花火大会にやってきた!(後編)

更新日:

2014年8月23日 仙台

大曲の花火大会、夜の部の開始です。

Th IMG 8260

Th IMG 8337

Th IMG 8377

Th IMG 8245

おおおお・・・・!!

前回の記事でも書きましたが、大曲の花火大会は、花火師さんがテーマを決めて、音楽と構成まで考えて自ら花火を打ち上げています。音楽もビジュアルも楽しめる、まるで巨大なライブ会場みたいな花火大会です。

目の前に広がっている景色が、あまりに現実離れしていて、感動しすぎて言葉になりませんでした。

Th IMG 8430

Th IMG 8427

Th IMG 8428

Th IMG 8434

2014年、最高の夏の思い出ができました!!

 

花火撮影方法について

「花火を自分の目でしっかり見つつ、でも撮影もしたい!!」そんな欲張りな私の撮影方法はこうでした。

  • 三脚を立て(三脚の足は伸ばさず最小40cmぐらいの高さのままで)、カメラの角度を調整
  • カメラはバルブモードにして、絞りはF11、ISO100、ピントはMFで無限遠にセット
  • 花火を見ながら、テキトーに数秒間シャッターボタンを押し手を離す

6Dはwifiが使えるので、Nexus7(タブレット端末)にアプリを入れて、タブレット側でシャッターを切っていました。

▶︎Canonのアプリ:EOS Remote

Eosremote

 

このアプリのおかげで、日本酒を片手に寝そべりながら撮影することに成功!辺りが暗いので、日本酒こぼしちゃったりして先輩には迷惑かけましたが・・・(Fさんすみませんでした)。

EOS Remoteは花火以外にも、記念撮影やジャンプ写真を撮る時にも使えるので、世界一周中も活躍してくれることでしょう!

スポンサーリンク

混雑具合も日本一

この大曲の花火大会は規模といい、芸術性といい、 混雑具合も含めて日本一だと思います。

帰りは大曲発・仙台行きの新幹線の座席を予約していたので、乗り遅れないように花火が終了する前に会場を後にしました。22時前の駅前の様子がこちら。

Th IMG 20140823 214654

人口4万人弱の大仙市に約70万人の見物客が押し寄せるため、この花火大会の当日は相当な混雑になります。私は新幹線の指定席券を持っていたおかげで、スムーズにホームに行くことができました。普通列車に乗る人は、駅で電車に乗るのに2時間待ちは当たり前のようです・・・!

向かいの普通列車に乗り込んでいる人は、相当早くに会場を出てきたのでしょう。

Th IMG 20140823 220500 1

仙台行きの新幹線こまちは指定席の人だけだと思っていたら、自由席の人も居ました。立ち席で乗車して、一斉に盛岡で下りていきました。盛岡まで自由席で新幹線こまちを使って、盛岡に泊まったりするほうが安く収まったかも?(ちなみに秋田市内のホテルは、1ヶ月ぐらい前から空きはほとんどない様子でした。)

Th IMG 20140823 221308 1

この新幹線代、乗車券+指定席で9,210円もかかっちゃいました。なかなかの人気乗車券らしく、1ヶ月前からJRのえきねっとで事前申し込みまでして購入しました。反省点は次回に活かすことにします。いやー、本当に楽しかった。また行きたいです!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-国内旅行

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.