山頂看板と

登山

羅臼岳に行ってきました

投稿日:

2022年8月14日
清里町のユースホステルに前泊して、羅臼岳に行ってきました。

【前泊した宿】
清里イーハトーヴ ホステル
清里町の丘の上にあって、シャワー・トイレ完備、清潔なユースホステルでした。

清里イーハトーヴ ホステル

天気が良ければ星も綺麗に見えそう

この時旅得プランというので、1泊ひとり2,500円だったのですが、ほっかいどう応援クーポンがひとりあたり2,000円分もついてきたので、実質500円で泊まれてしまうというかなりバグった料金設定でした。ほっかいどう応援チケットは、清里町のひなよしさんという居酒屋で使用できましたので、夜ごはんも実質無料です。

【羅臼岳】

羅臼岳(らうすだけ)は、北海道・知床半島にある火山群の主峰及び最高峰で標高1,661m。日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている山である。-Wikipediaより

難易度 中級

5:00  ホテル地の涯到着

早朝3時半時にユースホステルをチェックアウトして、羅臼岳の登山口があるホテル地の涯へ向かいます。途中、斜里町の24時間営業のコンビニでおにぎりやパンを購入しました。
羅臼岳へ向かう途中ホテル地の涯の駐車場に着いたのは5時頃でしたが、すでに登山者用の駐車場は満車になっていたので、車はホテルの手前にある路肩に止める感じでした。駐車場には登山者用のトイレがありましたが、大きいトイレのほうは鍵が壊れていました。

場所

ホテル正面の右手の通路を奥に進んでいくと、木下小屋があります。ここが登山口です。羅臼岳は熊が出ると有名ですが、直近も出ていたようですね。登山者も多そうですし、熊鈴や笛を鳴らしながら進んでいけば大丈夫ですかね?

ヒグマ出没情報
登山口付近の祠で安全祈願をしてからスタートです。熊に襲われず、無事に戻ってこれますように!

序盤は鬱蒼とした林が続きます。気温は高くないはずなのに、風もなく湿気が凄いのでじわっと汗が出てきます。オホーツク展望まで来ると、少し視界が開けてきました。途中スライドした方とお話しすると、道外から来ている方が多かったですね。

オホーツク展望から弥三吉峠のあたりは、ヒグマとの遭遇率も高いということで、笛を吹きつつ警戒しながら進みます。
曲がりくねった木

途中、水場が何ヶ所かありました。エキノコックスが心配なので、煮沸かろ過したほうが良いようです。

極楽平と呼ばれる平坦な道を抜けると、岩場が続きます。斜度がきつくて、岩もゴロゴロしているので体力が消耗しましたね。大沢

岩場を抜けると、目の前に羅臼岳がどーん!
羅臼岳

ハイマツを抜けると、羅臼平キャンプ場があります。ヒグマ対策でフードコンテナが設置されていました。初めて見ましたね。レバーを押しながらでないと開けられない仕組みになっています。
フードコンテナ
おやつで休憩した後、羅臼岳の山頂目指して出発です。あともうひとふんばり!
ハイマツ岩ゴロゴロでラスボス的な雰囲気。
岩ゴロゴロでも、振り返るとこの絶景ですよ!雄大な知床連山が目の前に広がっています。憧れの羅臼岳に、今まさに登っているんだなぁという実感が湧いてきて、感動のあまり思わずウルっとしましたね。

9:00 羅臼岳山頂に到着

4時間近くかかって山頂へ。天気も怪しかったのですが、なんとか持ちこたえてくれて、知床連山とのツーショットも撮影できました。
山頂看板と
広がる知床連山
ガスバーナーでお湯沸かして、カップヌードルと山頂コーヒーいただきます!!最高!!
山頂コーヒー休憩を終え下山しようとしたらもう霧にかかって前が見えません。これから山頂に向かう人たちは少し残念そうにしていました。ほんの30分ぐらいの差で、こんなにも山頂の眺望が変わるなんて・・・恐るべし山の天気。
山の天気
硫黄山への分岐です。羅臼岳登った後に、縦走できる人尊敬しますね・・・。
硫黄山との分岐
大沢のあたりは特に足元に気をつけながら慎重に下山しました。

3時間弱で無事に下山しました。雨でびっしょびしょですww
無事に下山

木下小屋でバッチを購入しました。1個500円。
羅臼岳登山バッチ

13:30 道の駅うとろ・シリエトクへ

帰りに斜里町ウトロの道の駅に立ち寄り、名物鹿肉バーガーや、こけももソフトを食べたりできます!この界隈だとお土産も一番充実しているんじゃないでしょうか。

コーヒーが飲みたいね、ということで食べログで高評価だったcoffee albireoさんへ。道の駅の近くにある写真家夫婦が営むギャラリーカフェです。「こぐまブレンド」を頂きましたが、コーヒーの苦味もしっかりあって、寝不足気味の疲れた体に染みました。帰りに素敵なポストカードをいただきました。ありがとうございました^^

この日は清里町にもう1泊。夜はお気に入りの酒菜屋大田さんで海の幸をお腹いっぱい食べて、大満足の遠征となりました。
酒菜屋大田

Yamapの活動日記はこちら

羅臼岳 / Nさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
Avatar photo

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-登山

Copyright© photowise , 2022 All Rights Reserved.