プレ世界一周

プレ世界一周にかかった費用を大公開

更新日:

こんにちは。1ヶ月間のタイとミャンマーの旅全体で一体いくらかかったのか・・・を公開しちゃいます。

ただかなり大雑把でして、現金から両替した金額と、宿代・移動費ぐらいしか記録しなかったので、次回以降は詳しく費用の内訳も記録していこうと思います^^

 

かかった総費用はこちら

航空券代 新千歳〜関空(peach) 5,775
関空〜バンコク(エアアジア) 19,585
バンコク〜マンダレー(エアアジア) 6,570
ヤンゴン〜バンコク(エアアジア) 5,468
バンコク〜新千歳(中国東方航空) 32,120
タイでの両替 日本円現金 65,000
国際キャッシュカード 2,750
ミャンマーでの両替 USドルから(400ドル) 40,000
国際キャッシュカード 22,366
クレジットカード利用 タイの薬局(boots)にて 2,057
Safari World入場料 4,064
日本での雑費 空港までの移動費/宿泊費/食費等 11,505
合計(日本円) 217,260
  • 航空券代・・・約7万円
  • 現地で両替&国際キャッシュカードでの引き出し・・・タイ7万円+ミャンマー6万円
  • その他クレジットカードでの支払い・・・約6千円(クレジットカードはほとんど使いませんでした)
  • 日本でかかった費用雑費・・・約1万円

合計約22万円

予防接種代も含め、ほぼ予定通りの予算で収まりました。ちなみにタイはカンチャナブリ以外、カオサンに沈没していました。

 

タイでかかった主な費用

滞在期間:合計15日間

  • 5/22〜6/2(5/27〜29はカンチャナブリ滞在)
  • 6/18〜21
予防接種代 4,900
ミャンマービザ取得代 1,260
宿代 3,160
カンチャナブリ1dayツアー 1,090
合計(タイバーツTHB) *10,410

*日本円にして3万円ぐらい。その他、食費や雑費、お土産等で約4万円ぐらいかな。

 

上記の宿代の詳細

5/22〜23 Lampu House シングル270B×2泊 540
5/24〜26 Nat2 シングル180B×3泊 540
5/27〜28 カナーンゲストハウス シングル150B×2泊 300
5/29〜30 Green House ツインをシェア 275B(2泊分) 275
5/31〜6/2 Donna Guesthouseツインをシェア 135B×3泊 405
6/18〜20 The Krungkasem Srikrung Hotel 1100B(3泊分) 1,100
合計(タイバーツTHB) *3,160

*日本円にして1万円ぐらい。

観光したりマッサージに行ったりもしていましたが、カオサンエリアに滞在して宿代や、屋台飯(1食150円前後)で食費を節約していました。

上記の泊まった宿で、エアコンがついていたのは、Green HouseのツインとKrungkasem Srikrung Hotelだけで、あとはシャワー・トイレ共同のファンルームでした。カオサンは風の通りが悪く、他のエリアよりも絶対暑いと思うので、体調が不安でしたら無理せずエアコンルームに宿泊することをオススメします。

また、屋台飯は、衛生的にはあまりオススメできません。屋台飯を食べてる時は、毎日お腹を下して調子があまり良くなかったです。

 

ミャンマーでかかった主な費用

滞在期間:合計15日間

  • 6/3〜6/18
マンダレー〜ピンウーリン(シェアタクシー) 7,000
ピンウーリン〜インレー湖(夜行バス) 15,300
インレー湖〜バガン(夜行バス) 11,000
バガン〜ヤンゴン(夜行バス) 13,000
マンダレー入境料(王宮などでチェックあり) 10,000
インレー湖入境料 10,000
バガン入境料 15,000
合計(チャットMMK) *81,300

*上記の主な国内移動費の合計は8千円ぐらい。(1000チャット=100円として計算)夜行バスを利用した時には、バスターミナルから宿までのシェアタクシー代などがかかっていますが、全部他の旅行者とシェアしたので、1回あたり数百円程度で収まっています。

上記以外の宿代の詳細

6/3〜5 Garden Hotel シングル20ドル×3泊 60
6/6〜7 Bravo Hotel シングル20ドル×2泊 40
6/9〜10 Aquarius Inn シングル20ドル×2泊 40
6/12 Pyinsa Rupa シングル13ドル×1泊 13
6/13〜15 New Park Hotel シングル20ドル×3泊 60
6/16 Agga Guesthouse ドミ11ドル×1泊 11
6/17 Sleep Inn ドミ10ドル×1泊 10
合計(USドル) *234

*宿代はドルで支払いました。国内移動費と宿代を合わせて約3万円ちょい。その他、食費や雑費に約2万円、お土産に1万円ほどかかった計算です。

ミャンマーはヤンゴン以外、ほぼドミトリーの宿がないため1泊20ドルぐらいのシングルに泊まりました。 20ドルあれば部屋にエアコン・ホットシャワー付きで朝食込み。部屋によってはテレビがついているところも!

ミャンマーの物価ですが、個人差はありますが、だいたい日本の1/6ぐらいの感覚でした。(2014年6月現在)

物価の目安

  • 1Lのペットボトルの水が30円ほど
  • 外食が1食150〜200円ぐらい。(立派なレストランではなく、地元の食堂みたいなところ)
  • 映画は見てませんが、ヤンゴンのシアターでは150円で観ることができるようでした。

ミャンマーは日本円からチャットへの両替が難しいようなので、あらかじめUSドルと国際キャッシュカードを持参されることをおすすめします。(*国際キャッシュカードでATMでお金を下ろした際は、確か5,000チャットぐらい手数料がかかりました。)

 

まとめ

もし予防接種メインで1ヶ月ほどタイに滞在する場合は、ぜひミャンマーと組み合わせて周遊することをオススメします。

ミャンマーは遠い国のように思っていましたが、タイの他近隣国(カンボジア、ラオス、ベトナム)などに行くよりも航空券も安いし、また物価も安く治安もいいです。ビザが必要ですが、日本であらかじめ申請するか、バンコクでも簡単に取れます。(バンコクではほぼ1日要します)

参考記事

バンコクでミャンマービザを取得

ひとつ残念だったのが、ミャンマーは雨季だったため、一度も奇麗な朝日や夕焼けを観れなかったことですね。雨季以外にまた行きたいです。

また今回の旅は世界一周でバックパッカーとしてちゃんとやっていけるか自分を試す旅でもあったのですが、ミャンマーで鍛えられました。

例えば

  • 道がガタガタで、エアコンが利き過ぎの夜行バスで都市間移動をしたり
  • 夜行バスが到着したターミナルから、他の旅行者とタクシーをシェアしたり
  • 外国人旅行者と一緒に旅してみたり...

ミャンマーに来ている外国人との出会いもおもしろかったです。1年以上も東南アジアを旅していたり(超スロー!!)、オーストラリアからのワーホリ帰り、中国や韓国留学中の人、2年間自転車で世界を周遊するという強者など個性的な人ばかり。

次回の記事では、出会った人とのエピソードなんかを書いていければなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-プレ世界一周

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.